古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ。その29

師走の酒丸でございます。

忙しい…(汗)

 

が、世間はすっかりクリスマス

11月から12月にかけて、直営4店舗のメンバーとそれぞれ忘年会を行った。

そんな中、新人スタッフから商品の事で色々と質問を受けたので…

それについて、改めてこのブログ内でちゃんと説明しておこうと思う。

 

 

 今回は「スポーツジャケットの成り立ち」について。

 

この事を知るためには、

まず「アメリカ」という国の成り立ちについて理解する必要がある。

 

1492年、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸(正確にはカリブ海のエスパニョーラ島だけど)を発見した事から、アメリカの歴史が始まる。

それまでのアメリカ大陸には、

氷河期時代に陸続きをなっていたアリューシャン列島を、

歩いて渡ってきたモンゴロイドを祖先とする先住民族が、

狩猟や放牧をしながら生活していた。

 

その後氷河期が終わり、

歩いて渡れなくなったアメリカ大陸は、

ヨーロッパや中国などの文明国から忘れ去られた存在になっていた。

 

 コロンブスがアメリカ大陸に上陸したのち、

大航海時代に入っていたヨーロッパの人たちが「我先に」とアメリカ大陸へ進出。

先住民族を駆逐(虐殺)しながら大陸を制覇していった。

 

スペインやポルトガルから遅れをとったイギリスは、

その後の巻き返しで「大英帝国」となり、

結果として北アメリカを植民地化。

一部のフランス人やドイツ人も誘って、

東海岸一帯を制覇し、アメリカ合衆国として独立。

この話にはヨーロッパで起こった「反カソリック、科学への信仰」なども絡んでくる。そういった「新しい考え」を持つ者達を統合させたのは、フリーメイソンやイルミナティなどの秘密結社だった。詳しくは酒丸責任編集の雑誌バンドワゴンの中の「1ドル紙幣に隠された秘密」にて)

これが1776年(1ドル紙幣の裏に書かれている1776とは、この年号)。

 

そしてその後、西へ西へと進出していくことになった。

最初に制覇した東海岸を13の州に分け、それぞれ州として独立。

基本的に州の長には、イギリス人やフランス人の「最初の入植者達&その子息達」が付いた。

彼らは最初からの入植者という事で、

高等な教育を与えられる権限を最初から持っており、

後にWASP(ワスプ/ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)と呼ばれるようになった。

 

そしてそのWASP達が学ぶべき高等教育の場こそ、

アイビーリーグと呼ばれるアメリカ8大学だった。

(アイビーリーグ8大学のうち、7つは1776年の独立よりも前に存在している)

ちなみにアイビーリーグの「アイビー」とは、「蔦(ツタ)」のこと。

ツタで校舎が覆い尽くされているほど古くからある伝統校、という意味なのだ

(初代の入植者達は「伝統」と付ける事で、その後の入植者達との差別化を図った)。

元々ヨーロッパから移住してきた人たちは、

まず先住民との戦いがあり、その後は食料の確保が急務だった。

なので、勉強なんてしている暇はなかった。

が、WASPには特権として「大学に通って勉強し、体を鍛える為にスポーツをする事」が許されたのだ。

居並ぶWASPの人たち。

この写真は8大学の一つ、

イェール大学内に存在していたクラブで「スカル&ボーンズ」という。

このグループは秘密結社化して卒業後もアメリカ合衆国の政治に深く関わりを持っており、

現在でも存続している。

 

1920年代。

第一次世界大戦が終結し、

戦場とならずに戦勝国となったアメリカは、

史上空前の好景気に沸く事になった。

いわゆる「ロワーリング・トゥエンティーズ」というやつ。

この時期、戦火を嫌った他のヨーロッパから多くの移民がやってきた。

アイルランド、イタリア、そしてユダヤ人。

また、収入を当てにした中国人も多く渡った。

職業として下の方に当たる労働者はそういった後発移民達が受け持つ事になり、

より「先の移民(イギリスやフランス、ドイツ)」は生活が楽になっていった。

 

そこで流行したのが、

WASPが体を鍛えるために大学時代に行っていた「スポーツ」だった。

球技はもちろん、

ハンティングやフィッシング、スキー、ライディングなども流行。

その流行に合わせて、スポーツ別の「上着」も進化していった。

 

腕を上や前に出す動き多いスポーツのために、背中の肩甲骨が動きやすくなるような「裁断と縫製」が開発された。

例えば、こういったスポーツジャケット

ハンティングの際、前身頃には赤を使って視認性を良くし、森の中でも誤射がないようにしつつ…

後ろ身頃には「朝日が昇るようなプリーツやダーツ」が施された、

肩甲骨が動かしやすい作り。

 

わざと明るい色のウールを使ってのスポーツジャケットも。

胸部分には、ハンドウォームポケットも付いたり。

こういった背中のプリーツ&ダーツは「サニングデール(SUNNING-DALE)」と呼ばれ、

当時の裕福な白人たちのシンボルとなっていった。

ちょっとした映画のワンシーンからも、見つけることができる。

その後、背中両端に大きく切り替えを入れてエラスティックテープで留める「アクションプリーツ」が開発され、

この形状は軍でも正式採用されるようになっていった(G-1などが典型的な例)。

 

それがまた民間レベルにまで降りてきて、スポーツジャケットとして転用されていった。

肘部分にはレザーが貼られ、上着としての耐久性も格段に上昇。

腕周りのアクションプリーツに、サニングデールのプリーツがちょっと残っているデザイン。

こういったデザインは、1930~40年代に多く見られる。

 

 このように、第二次世界大戦前までは「背中で男の職業や遊び具合がわかるくらいに」アウターデザインが細分化されていった。

 

 その後学生たちの間ではもっとシンプルに、

首や袖、裾からの冷たい空気の侵入を防ぐようなウール素材のアウターとして、

こういったスポーツジャケットが一般的になっていった。

そして更に、こういったジャケットの胸や腕にクラブのシニールやナンバーを貼り付けたジャケットが、

アワードジャケット=和製英語で「スタジャン」となっていったのある。

 

 

ああ、この続きが面白いんでもうちょっと書きたいなぁ。

 

来週か再来週、どこかのタイミングでこの続きを書きたいと思います!

乞うご期待!

新作大量入荷!

こんばんは!

大阪店トミーです。

 

寒い日が続いていますね〜!
今年も残すところ僅かとなり、年末らしくなってきました♪

 

Dry Bones各直営店、年内は12/30(日)まで通常営業となり、皆様のご来店をお待ちしています。

 

さて、そんな中今週も新作アイテムが入荷したのでそれらをご紹介したいと思います。

 

まずはアクセサリーから!
size:17号,19号,21号,23号

 

ブラス素材の台座に大きなラインストーンを埋め込んだリング。
存在感があり、手元のアクセントに最適です。

 

台座の四方にも飾り刻印が施されており、アールデコ調な雰囲気に仕上がっています。
この線の数にも、ドライボーンズらしい遊び心のある意味合いが込められていますので、
気になる方はスタッフまでお尋ね下さい(笑)

 

※台座がシルバーのタイプも近日入荷予定です。(ラインストーンのカラーは異なります。)

 

 

上記リングと同デザインのペンダントもあります。
こちらも大振りのトップが目を惹きますね。

 

※台座がブラスのタイプも近日入荷予定です。(ラインストーンのカラーは異なります。)

 

DS-2455 Lozenge 2tone Open Shirt(オンラインショップには近日UP予定です。)
color:BLACK,WINE
size:36,38,40,42
大変お待たせしました!
オリジナルレーヨン生地を使用したオープンシャツが遂に入荷!

 

フロントを2トーンで切り替え、左右にダイヤ柄を配した50’s好きにはたまらない一着です。

 

色使いもワイン×オフホワイト、ブラック×ピンクと人気の配色です。

 

ぜひ、サイズが無くなる前にお早めにチェックしにいらしてくださいね。

 

DSHC-049 Jean Boots(オンラインショップには近日UP予定です。)
color:BLACK
size:6.5,7,7.5,8,8.5,9

 

こちらもお待ちかねの方が多かった新作ブーツです。

 

1950年代のヴィンテージブーツを基に、履き口のシェイプやDカン、ダブルコバなども忠実に再現!
Dカンやベルトバックルは真鍮素材を使用しており、革の馴染みと共に経年変化が楽しめそうですね♪

 

 

DSHC-050 Dress Boots(オンラインショップには近日UP予定です。)
color:BLACK
size:6.5,7,7.5,8,8.5,9

 

先程のブーツをベースに、ブラス製チェーンを組み合わせたドレスブーツも製作!

 

ロールアップしたボトムからさりげなく覗かせる事で足元のアクセントになりますね。

 

お好みのタイプをお選びください。

 

いずれも各サイズ少量生産となっていますので、気になる方はぜひお早めのご試着をおすすめします!

 

最後はボトム!
DP-751 USAF Baker Pants(オンラインショップには近日UP予定です。)
color:GREEN
size:30,32,34,36

 

1950年代のUSエアフォース・ベイカーパンツを基に製作。
ワイドシルエットの一本です!

 

フライトジャケットなどとはもちろん、デニムジャケットやスポーツジャケットとも好相性です。

 

DP-750  Two Tack Trousers(オンラインショップには近日UP予定です。)
color:BLACK
size:30,32,34,36

 

こちらもお待たせしました!
レーヨン素材の2タックトラウザーズ、人気のブラックが再入荷!

 

ロカビリー、50’sスタイルには欠かせない一本ですね。
入荷する度に早期完売を繰り返すアイテムです。

 

お探しだった方、前回買い逃された方はぜひこの機会に!

 

それでは、明日もたくさんのご来店をお待ちしています!

Half Zip Snow Pattern Sweat Shirt & 2Tone Sweat Parka

こんにちは。
福岡店の植田です。

12月も半分が過ぎようとしております。ここ最近では全国的に気温が下がり、北海道では−25℃を記録したそうです。
福岡も10℃を下回るようになり、お店にアウターやセーターを求め来店される方が増えてきています。

今回、アウターのインナーとして活躍するスウェットを2型ご紹介します。

まずは、左着用のHalf Zip Snow Pattern Sweat Shirtです。

http://www.dry-bones.com/product/half-zip-snow-patteat-sweat-shirt

1950年代のヴィンテージを基にした、ハーフジップタイプのスウェットシャツ。
生地にはコットン100%を使用。肌触りがとても柔らかく、伸縮性にも富むため動きやすく快適な着心地が特徴です。

胸部分に当時流行した”Snow Pattern”(雪柄)をプリントし、配色で切り替えたデザインが目を惹きます。

裏地には裏起毛素材を使用。起毛させることで、肌当たりが良くさらに保温性を高めてくれます。

こちらが、WINEとBLACKになります。
ご自宅でも簡単にお手入れが出来、デイリーユースで活躍してくれます。

次に右着用の2Tone Sweat Parka

http://www.dry-bones.com/product/2tone-sweat-parka

1950~60年代にあったヴィンテージのスウェットパーカーを基にデザイン。

こちらも、Half Zip Snow Pattern Sweat Shirtと同じ、生地にはコットン100%の裏起毛素材を使用しております。

1950年代当時、スウェットアイテムを多く取り扱うブランドがあり、その中でも 2トーンのパーカーはそのブランドの代名詞

とも言えるくらい人気があります。
ですが、現在は市場に出回ることが少なく、とてもレアなアイテムとして扱われています。

こちらが、GRAYとBLACKです。
ドライボーンズらしい配色で再現。新品ながらヴィンテージの雰囲気を楽しめる1着になっています。

これからの時期に、アウターのインナーに取り入れてみてはいかがでしょうか。

今週末も各店に新作が入荷しますので、是非店頭でチェックしてみて下さいね!それでは、本日もご来店お待ちしております。

お客様スナップ

こんにちは!名古屋店KARINです☆

 

 

久々のお客様スナップをご紹介したいと思います!

 

 

まずは、岐阜でイカした散髪屋『Livingstone』を営むY氏。

 

 

 

1910年代のヴィンテージジャケットを基に製作した、太畝のコーデュロイのジョッキージャケットと共地のベストとトラウザースの三つ揃えとハットやサングラスでまとめた上級者な着こなしです。

 

着用商品↓

Serbia Wool Hat “YORK”

Sunglasses (With Soft Case )

 

10’s Jockey Corduroy Jacket

Shawl Collar Corduroy Vest

Corduroy Work Trousers

 

お次はいつもお世話になっているK様。

 

 

K様らしいハットに豹柄シャツを合わせたRockスタイル✨

 

着用商品↓

 

Wool Fedora Hat

 

計算し尽くされたブリム幅はとてもバランスが良く、スタイリングに取り入れやすいハットです。

Corduroy Print Open Shirt“LEOPARD”

 

コットン100%のコーデュロイ素材で暖かく、自宅で手入れしやすいです。

 

 

お次は『非常のライセンス』&『KILLER CHINADRESS』のギタリストのT様。

 

 

 

着用商品↓

 

Wool Antelope Gambler Hat

13STAR P Coat

1910’s~20’sのレアなヴィンテージを基に製作したPコート。

こちらはパーツの関係で今年で生産終了になる可能性大ですので、欲しい方は早めの購入をお勧めします。

 

 

 

今月末にT様の企画がDryBones名古屋店の近くのライブハウスOYSであるそうです。

 

 

私もお店が終わってから遊びに行こうと思っています☆

 

気になる方は是非♪

 

 

お次はこちらの『BORSTAL BOYS』のお2人!

名古屋店の元スタッフのANNAのバンドのメンバーでもあります☆

 

Skinheads Style!

 

 

着用商品↓

 

右)F様

 

Wool Casquette

 

Sunglasses (With Soft Case )

Donkey Jacket

 

 

 

左)J様

Chesterfield Coat

こちらはラスト36(S)のみになりました!
最後の1着を手にするのは!?☝️

もうひと方、G様もフォーマルにチェスターフィールドコートを着用。

 

 

コートの下は、1910年代のヴィンテージジャケットを基に製作した10’s Jockey Jacketと共地のTrousersのセットアップを合わせたクラシカルなコーディネイトです。

 

 

着用商品↓

 

Bowler Felt Hat

羊毛を固めたウールフェルトで作られており、硬く仕上げてあるので美しい形をキープし長年愛用できます。

高級感があり形も非常に美しいです。

 

10’s Jockey Jacket

 

10’s Jockey Trousers

 

製作数も少ない為アウターやセットアップなどかなりサイズ欠けも始まってます。

良いと思った商品は在庫があるうちにGETして下さいね☆

 

 

 

そして緊急ニュースが有ります!


本日の夕方頃 〜 明日12日(水)の午後にかけて

DryBones 代表の酒丸氏 が、名古屋店の店頭に立ちます!

 

名古屋で代表に会えるのは滅多に無い機会なので、是非会いに来て下さい♪

 

それではまたお会いしましょう!

本錦蛇革の商品のご紹介

 

東京店 tomo です。

先日お友達のバイク屋さんが出店していたので、

パシフィコ横浜で行われた「Hot Rod Custom Show 2018」に行ってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと「DRY BONES」も 「kickback motorcycle&dry bones 」として出店していました!

 

会場はものすごい人だったのですが、東京店の顧客様2組と奇跡的にお会いでき、

少しお話もさせていただけました。

初めて行ったのですが、バイクや車の展示はもちろん、

物販やLIVEなども充実していて楽しかったです。

 

 

本日は 本錦蛇の商品をご紹介させていただきます!

 

日本古来から蛇は縁起担ぎの象徴と愛され、

お守りとして持ち歩くとお金回りが良くなると言われているそうです。

 

最初にご紹介するのは長財布です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本錦蛇革がダイヤの形に入っています。

スリムなので、パンツのバックポケットにも入れていただけると思います。

 

次にご紹介するのは折り財布です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 本錦蛇革が表全体に入った 折り財布になります。

 

そして カードケース。

Snake Card Case

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期入れにはもちろん、名刺入れやポイントカード入れにも様々な用途でお使いいただけます。

 

最後にご紹介するのはベルトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストに存在感が出るベルトです。

人と違うベルトをお探しなら是非オススメです!

 

今日紹介した商品は、牛革と本錦蛇革を使用しています。

 

気になる商品がありましたら、

お近くのDRY BONESのショップにてお問い合わせしてみてください。

今週末の寒波に備えて。

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

12月に入り、ウチのお店もすっかりXmasモード🎄

ギフトラッピングも承っておりますので、お気軽にスタッフにお申し付け下さいね🎁

 

個人的には、画像の様に包装紙の代わりにDryBonesのハンカチやバンダナを使用した、

 

オリジナルなラッピングがおすすめです。

 

ハンカチ自体もそのまま+αのプレゼントになるので、喜んでもらえると好評ですよ。

 

 

 

 

 

さて!

 

今週末は、いよいよ真冬並みの寒波がくる!

 

といわれておりますので、本日ご紹介するのはこちら。

N-1 Leather Combination Jacket.

size:S、M、L

 

防寒性最強のこちらのジャケット。

 

第二次世界大戦中から朝鮮戦争にかけて、USネイビーのデッキクルーたちに愛用されたN-1ジャケットを基にして作製しています。

 

海上での甲板作業用に開発されたジャケットなので、防風性、防寒性は抜群です。

 

 

 

 

今回ご紹介するN-1ジャケット、表地にはBLACKのウールメルトン地を使用しています。

 

しっかりとした厚手のメルトンなので、保温性は抜群。

 

また、ポケット口や袖口にはレザーを使用し、より耐久性と高級感のある作りにアップデートしています。

 

 

前合わせは、ジッパーをボタンで隠す2重構造になっており、防風性も抜群。

 

袖口の内側にはリブが隠されており、すきま風もシャットアウト。

 

裏地には、豹柄のアクリルファーを使用。

 

ぎっしりと袖裏にまで敷き詰めておりますので、保温性は最強です。

 

他人とはちょっと違った変り種の防寒アウターをお探しの方。

 

BLACKメルトンのN-1ジャケット、おすすめですよ。

 

それでは、皆様のご来店お待ちしております🎅

東海出張 その2

 

こんにちは、営業の上野です。

 

日々、各地を営業回りしております🚗

本日も前回に引き続き、東海地方のディーラーさんをご紹介したいと思います。

 

 

まずはこちら

Lua(ルア)さん

 

こちらのお店は、シビコというショッピングセンターの中にあります👖
お話上手、聞き上手のオーナーさんがコーディネートはモチロンのこと、それ以外の相談にものってくれます!
私も気がついたら仕事と関係ない話までついつい話しちゃってました、、、笑

 

ショッピングセンターなので、レディースのお店や雑貨屋さん、食料品売り場もあるので
Luaさんで洋服を買った帰りに、ビールやつまみも買って帰れます🍺🍙 とても便利😀

 

Lua

岡崎市康生通西2-20-2 岡崎シビコ2F
10時〜19時30分 オープン
不定休

 

 

 

そして次は、こちら

FLASH CADILLAC(フラッシュキャデラック)さん。

 

メラメラした看板が目印🔥🔥🔥

 

店内にはジェリービーンさんのポスターなどがたくさん飾られ、
看板通りのやんちゃで元気な雰囲気のお店です🏄
オーナーさん自身も置ききれなーい!と困ってしまうほどの商品数。
品揃え抜群で見応えありです🔍

 

FLASH CADILLAC KustomKlothing
愛知県豊橋市花園町3番地
11時〜19時30分 オープン
定休日 水曜日

 

 

 

そして、次はこちら

静岡県にありますI&M(アイアンドエム)さん。

 

明るく、入りやすい外観💡
店内には、定番のアメカジからキレイめな商品、ビジネスシーンにも使えるアイテム、
たくさんのファッション小物にオシャレなパンツまで(下着の方です)
幅広いアイテムが並んでいます!

 

オーナーさんと女性のスタッフさんもいるので、男性目線のアドバイスはモチロン!
女性目線のモテるコーディネートも聞けそうです👩

初めての来店でも入りやすく、お話しやすい雰囲気の素敵なお店です。

 

I&Mco.
静岡県掛川市駅前10-6
10時〜20時 オープン

 

 

 

どちらのお店もオーナーさんチョイスのこだわり商品を取り揃えているので
きっとお気に入りが見つかるはずです😀

 

お近くに行った際には、ぜひ行ってみてくださいね〜!

では また☆

Drapers Suit & New Arrivals

こんにちは。
福岡店のワカスギです。
本日ご紹介するのは、Drapers Suit。

1930年代のヴィンテージを基に製作。
ネップの入った表情豊かな生地は、糸からオリジナルで製作。
こちらのスーツの嬉しいポイントは、自分のサイズを選べるところ。
実はジャケット、ベスト、トラウザーズを別々に販売しています。
『ちょっとお腹部分が大きくなったので、パンツが入るかなぁ…』
といった心配がないのです。
そういった場合は、パンツのサイズを1サイズ大きめで選ぶ事ができます。
また、単品としてもコーディネイトに取り入れやすい為、幅広く様々なシーンで活躍します。

 

それでは1アイテムずつご紹介していきます。

 

先ずはジャケット。

Drapers Jacket
Size : 36, 38, 40, 42
トラディショナルな3つボタンタイプ。
腰部分にはチェンジポケットがつきます。
アンコン仕立で、とても柔らかな着心地です。

袖口は本切羽に額縁仕上げを施し、オーダーメイドのような美しい仕上がり。

 

次はベスト。

DV-094 Drapers Vest

こちらはクラシックな雰囲気のオッドベストで製作。

背後ウエスト部分に付けられた真鍮の尾錠によって細かなサイズ調整が出来る為、
理想のシルエット、フィット感を作り出す事ができます。

 

次はトラウザーズ。

DP-749 Drapers High-back 2Tack Trousers
こちらは1920年代のトラウザーズを基にデザイン。

一部ではオックスフォードバッグスと呼ばれており、

当時イギリスのオックスフォード大学の学生達の間で流行しました。
その後アメリカに渡り、流行は学生の間だけではなくスーツのスラックスにも
この型が取り入れられていきました。

太い裾幅やワタリ、深い股上が特徴的で、
ベルトループやアジャストタブが一切付いていないクラシックなデザインです。
ウエストの前後に大きく高低差をつけたハイバック仕様なので、
サスペンダーで吊って穿くようになっています。
サスペンダーで吊る事で、上から下に流れる様な美しいドレープラインが出て、
スタイルをより良く見せてくれます。

サイズに寄って、売り切れ、また残り僅かなものもでてきました。

気になる方は急いで直営店へご来店下さいね。

 

そして、新入荷もありました。


DWM-119 Snake 2Tone Biker Wallet
※オンラインショップには近日中に掲載予定

牛革にダイヤ型の本蛇革を施したバイカーウォレット。
蛇革は古来より縁起担ぎの象徴として愛され、お守りとして持ち歩くとお金回りが良くなると言い伝えがあります。
使い込むほど紫外線や皮脂により徐々に飴色がかった表情になり、 その風合いを楽しむ事ができます。

内側には上質な牛革を使用した証「GENUINE LEATHER(本革)」「MADE IN JAPAN」の文字が刻印され、
Dry Bonesの素材と縫製に対するこだわりの証が刻まれます。
使い込む程に増す、本革ならではの風合いをお楽しみいただけます。
札入れ、小銭入れ、カード入れの内側部分には、
滑りの良い合成皮革を張り合わせている為、お金の出し入れがし易い作りになっています。
ジッパーのエンド部分にはウォレットチェーンやウォレットコード等が付けられるリングが付いており、
お好みやお持ちの物に合わせて装着が可能です。

 

そして、こちら。

PLS-001 STAR LIGHT BULB

※オンラインショップには近日中に掲載予定

50sが好きな方にはお馴染み、Sputnik Ceiling Lampの電球です。
ご自宅でご利用の方も多いと思います。
電球が切れた時の替え球として持っておくのもいいですね。

 

最後に

 

残り3日となってしまった大好評のイベント。

酒丸生誕祭は今週の12/2(日)まで開催!

この機会をお見逃しなく!

50’sデザインなKnit Jacket

こんばんは!名古屋店KARINです。
 
昨日はお休みだったので岐阜県の曽木公園&鬼岩に紅葉を見に行ってきました🍁

四季のある日本ならではの紅葉の美しさを堪能してリフレッシュ出来た良い休日でした♪

 

 

さて、そんな寒さ深まる毎日ですが、皆さん今年の暖かいアウターはもうGETしましたか?

寒くなってアウターなどの冬物の動きがかなり激しくなっています。

 

 

本日はニットジャケット3点と、暖かい着こなしをご紹介します。

 

 

まずは、

Cowichan Sweater “ASTRONAUTS”

 

1950年代のヴィンテージを元に製作したフロントジップアップのニットジャケットです。

 

 

 

表にはロケット、裏には宇宙飛行士のモチーフが配置された50’sらしいスペーシーなデザインです。

 

 

素材は高品質なWool100%。

寒冷地で育った羊の毛は太く、保温性が高いのが特徴です。

 

 

 

こちらは色違いのGRAY。

 

 

カジュアルな着こなしにはもちろん、着用の様なハットにトラウザースを合わせた大人なコーディネイトもお勧めです。

 

 

お次は

Cowichan Sweater “PIRATES”

 

こちらも1950年代に実際にあるパイレーツデザインを基にオリジナルで製作した名作です!

もう有るだけですので、欲しい方にはラストチャンスですよ!!

 

 

色違いのOFF WHITE。

 

腰や袖元に入ったチェッカーがアクセントに■□■□■

 

 

最後は

Shawl Collar Knit Jacket

 

1950年代のヴィンテージを元に製作したボタンフロントのニットジャケットです。

シンプルながら襟とポケット口にトリプルラインが効いてます。

 

女性でも着れるくらい生地がしっかり締っていてタイトです。

 

 

こちらは色違いのOFF WHITE。

 

 

どれも素材には、寒冷地で育った羊の毛(高品質シェットランドウール)を使用しており保温性が高いので1枚でもとても暖かいのですが、さらに暖かくお洒落になるおすすめの着こなしを提案します。

 

 

それは、ニットの下にデニムジャケットを重ねるコーディネイトです。

 

 

お気に入りのニットの中に風を通さないデニムを重ねる事で保温性がさらにUP!

暖かさを逃がしません。

 

1枚持っておくと重宝する定番の

Denim Jacket

も様々なタイプが揃っています。

 

左上)Simpler First Type Pleats Jacket

右上)1st Type Pleats Jacket

左下)2nd Type Denim Jacket

右下)3rd Type Denim Jacket

 

 

私もこのコーディネイトで、飾ったばかりのクリスマスツリーと共にパチリ📷✨

Xmasのプレゼントにもお勧めです☆

 


プレゼントラッピングも承ってますので、お気軽にスタッフにご相談下さい!

 

 

 

 

そして今日紹介したニットジャケットもお得に買えちゃう

 

酒丸生誕祭は今週の日曜日(~12/2)まで


ですので、お忘れなく〜!

 

 

スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!

それではまたお会いしましょう♪

13STAR P Coat

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
 

 
先日は、Dry Bones 代表 酒丸氏が来福されました。
多忙だった為、店頭に居る時間は僅かでしたが、お会いに来て下さった方ありがとうございました。
その日の夜は、忘年会を兼ねてお食事会をしました。
洋服の話題を中心に、2時間いろんな話をして頂き大変貴重な時間を過させていただきました。
どんな内容か気になる方は、店頭でお話しますのでご来店お待ちしております!
 
そして、酒丸氏のSNSの投稿にこんな内容が…
 

 
このボタンに見覚えのある方も多いのではないでしょうか。
 

 
そうです!ドライボーンズの冬物のアウターと言えば13STAR P Coat です。
今年の冬物で終わりという事で、今回お知らせを兼ねてご紹介します。
 
13STAR P Coat
http://www.dry-bones.com/product/13star-p-coat
 
1910〜20’sのヴィンテージを基に作製したピーコート。
素材にはウール90%、ナイロン10%のメルトン地を使用しており、
肉厚なメルトン地は防寒性と保温性が高く、寒い冬場の防寒着として最適です。
 

 
この商品が13STARと呼ばれる理由が、このボタンにあります。
13個の星が刻まれた極初期のレアなモデルを再現しており、この13個の星はアメリカ独立当時の州の数を意味しています。
ヴィンテージでは、あまり見なくなってきているようです。
 

 
グローブ無しでも手を温める事の出来る、ハンドウォーマーポケット。
 

 
襟元にはチンストラップが付き、襟を立てボタンで留める事で防寒性を高めてくれます。
 

 
バックスタイルです。
腰回りがシェイプされており、後ろから見た時のシルエットがとても綺麗に見えます。
 

 
普段使いはもちろん、スーツの上から羽織り通勤用としても取り入れる事の出来る万能なアイテムです。
 
今回で生産終了です。
コートが気になる方はお店に来店すると…
 

 
この期間に、店頭で何かが起こっていますので
是非お急ぎ下さいませ!
 
 
それでは、ご来店お待ちしております。

1 2 3 4 193