古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ。その32

 

 二月も半ばになりました。

二月は別名「如月(きさらぎ)」。

如月の意味は「衣更着(きさらぎ)」で、

「寒さが厳しくて、重ね着をする時期」というような意味らしい。

また別には「生更木(きさらぎ)」と書いて、

「春に向かって草木が生え始める」というような意味もあるらしい。

どちらししても「もう寒さはそろそろ終わり」、

これから暖かくなっていくというお知らせのような名前。

 

 なので、春物の紹介でも…と思っていたのだが、

せっかくなのでそれは他のスタッフにお任せして…

 

今回は久しぶりに新作として制作した靴(ブーツ)について。

 

 

今回ちゃんと紹介したい靴とは、これ!

ジーン・ブーツ!

このブーツは1950年代中期頃に当時の不良の間で流行した。

 

エンジニアブーツの短いバージョン…

という訳ではなく、あくまで「街で履く用のイカしたブーツ」として流行。

 

ちなみにサンプルとしたのは、私のコレクションの1950年代のブーツ。

なんと2トーン、しかもブラック&ピンク!

 

そしてエンジニアブーツとの決定的な違いは、

ソールが「ただの合成皮革ソール」なのだ。

つまり、油で滑りやすい場所での使用とか、

バイクに乗ってとか、あまり考えていない作り。

 

そこで私としては、

このブーツでバイクも乗れるように作りたかったので…

ウラノソールにはビブラムのオイルレジストソールを採用。

「バイクにも乗れる街履き用ブーツ」として蘇らせてみたのだ。

 

更にオシャレ度をアップさせる方法として…

外側両脇にドレッシーなチェーンを装着したバージョンもラインナップさせてみた。

 

このブーツの元ネタはこれ。

これは1955年のシアーズ・ローバックのカタログに掲載されていた、

その名も「DRESS BOOTS(ドレス・ブーツ)」。

文章内には「ゴールドカラーのチェーン付き」と丁寧に書かれている。

おそらく、当時の不良な若者はダンスパーティなどの夜遊びシーンで、

チェーンを装着して遊びにいったのだろう。

当時のチェーンには、中央部にパールの様な石の様なチャームが付いていたようだ。

 

 

このチャームに似たものを探す事、数ヶ月。

東急ハンズから始まり、

御徒町のパーツ問屋や横浜の輸入服飾パーツ展示会などをくまなく探したのだが、

いい感じのパーツが見つからず。

 

むしろ潔くチェーンだけにして、

購入者がナイスなパーツを見つけたらそれをつけてもらいたいな、と。

 

ちょっとしたディテールも、紹介。

よく見て欲しいのが、このウェルト部分。

ちゃんと「ダブル・コバ」を採用。

上の段を「黒が劣化してグリーンになってしまった糸」を表現し、

下の段はウェルトを強調するオフホワイトのステッチ。

 

その元ネタも、先ほどのブラック&ピンクのブーツ。

ああ、写真には色が写り込まないな~。

このウェルトステッチ、上の段は若干グリーンに経年劣化しているのだ。

ただし、ステッチが乗っている台座が生成色なので見え辛い。

ちなみに下の段のステッチは、

やはり経年劣化でもう白っぽくなっちゃってるグレー。

 

他にもドライボーンズでは、本格的なエンジニアブーツも展開中。

こちらはグッドイヤー・ウェルト製法、

極めてちゃんとしたエンジニアブーツ

 

ちなみに元ネタは…

こんな感じ。

この写真も、1955年のシアーズ・ローバックのカタログから。

このページは、本格的な機械工のためのページであった。

 

 

 

 そして先日(2/10)には、ドライボーンズ東京店の22周年振る舞い酒も無事に終了。

ご来店いただいたたくさんのお客様、本当にありがとうございました。

 

そして2019年はドライボーンズ30周年ということもあり、

この振舞い酒の時に初めて「酒丸私物オークション」なる出し物もやってみた。

これが意外と面白かった。

オークションに参加してくれた皆さまも…

かなり得をした人、

かなりくだらない物を買っちゃった人、

結構良い物を買い逃しちゃった人、

それぞれ色々いたような気がします!

 

ワタクシは…当日来てくれた「非常に若くて綺麗な女の子」から、

バレンタインデーのお菓子をいただいちゃいました。

今年の秋冬物のセーターの配色決めを行いながら、美味しくいただきました!

ありがとうね~!

新作のご紹介

 

こんにちは、東京店 牧野です。

本日は新作3型をご紹介致します。

まずは昨日、こちらのブログでも書かれてました、

 

Western Style Satin Jacket

 

になります。

生地はしっかりとした肉厚のレーヨンサテン。

いつも弊社で使ってるギャバジンよりも少し光沢があり、
H bar CやRockmount で見られるヴィンテージのウエスタンボレロジャケットと

ほぼ同様の生地を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このジャケットの一番重要な

装飾のステッチやパイピング部分。

完璧です….

 

 

 

 

この域まで行くと、洋服も芸術品としての価値が出てきてもおかしくないですよね。

実際にこのジャケットやスカジャンが人気なのも刺繍の美しさにあります。

 

 

 

 

 

みんな大好き、ハリウッドの兄貴も着用してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自分も着用してみました。

弊社のはこんな感じです。

ちょっと画像は控えめの大きさで

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとヘンリーネックのコーディネートもさせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてバックスタイル。

まずは兄貴。

 

 

 

 

 

 

そしてワタクシ。

 

 

 

 

 

身に纏うオーラは違えども、
バックヨークに入る刺繍は完璧です!

 

実はこのジャケット、昨日今日で瞬く間に売れて、

現在 Dry Bones 直営店、オンラインショップにストックのあるサイズは

 

40 L size

42 XL size

 

のみとなりました。

どちらも残り僅かですので、お早めに。

 

 

 

 

では次の新作に移ります。

 

 

Wool Felt Beret

 

になります。

「2018年度はベレー帽を作らないのか?」

 

と言う問い合わせを多数受けましたが、

お待たせしました。

しかも素材、被り心地、クオリティ、大きさ、

全てに於いてグレードは上がっております。

 

 

色はブラックのみ、
サイズはワンサイズですが、被った時の生地の傾け具合で

58~60センチくらいまでは対応できるかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

この裏地の始末や革スベリ、革スベリに付くパイピングが素晴らしい!

 

丁寧な仕事をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも早速被ってみました。

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウール系のアウターにも合いますが、

デニム等、これからの素材にも活躍します。

スーツ、レーヨンシャツ等で30s、40sスタイルにも挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

 

そして最後にリング。

 

Brass Mexican Biker Ring

 

ヴィンテージメキシカンリングをモチーフにした

久々のゴツめのリング。

 

こちらはブラス(真鍮)ベースにシルバーの土台、

ブラスのスカルトップの組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドにはピアスでも好評販売中の「ラッキーサーティーン」が入ります。

ピアスと合わせても良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらは

・シルバーベース

・ブラス土台

・シルバーのスカルトップ

の組み合わせになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各店には順次入荷します。

また、オンラインも近日アップしますのでこちらもどうぞ。

 

 

それではまた。

 

 

 

 

50’s Style!

こんにちは!名古屋店KARINです。

先日、全国ツアー中の青野 美沙稀ちゃん(Aono Misaki&The Jackpot)のメンバーの皆様がDryBones名古屋店にご来店されました。

お買い物後に一緒にパチリ📷

ツアーの合間のお忙しい中ありがとうございましたーー!

『青野美沙稀&The Jackpot One man Show』

今週末は札幌(2/16土)、大阪(3/9土)、渋谷(3/31日)と各地を回るそうです!

残り3講演、DryBonesの服でお洒落して是非遊びに行ってみて下さいね♪

そしてお待たせしました!

待望の
Western Style Satin Jacket ついに入荷しました!!

入荷前から予約殺到の商品だったので既に在庫数がかなり少ないです(本当に!)

確実に欲しい方は直営店にお問い合わせ、又は今週末必ずご来店下さい!

ウエスタンジャケットに反応された方に

こちらもおすすめですよ〜!↓

Embroidered Open Shirt “WESTERN”

 

 

1950年代のヴィンテージシャツを基にデザインしたオープンカラーシャツ。

ウエスタン調の刺繍がかっこいいです。

こてこての50’スタイルだけじゃなく、カジュアルなスタイルにも取り入れて頂きたい一着です。

 

そして50’s Styleといったらやっぱり人気のアニマル柄!

Animal 2Tone Sport Jacket

 

1950年代のヴィンテージジャケットを基に作製したギャバジンジャケットです。

胸部分をアニマル柄(ZEBRA、LEOPARD)に切り替え、当時流行した2トーンデザインを再現しています。

ギャバジン生地はDryBonesオリジナルで制作。縫製も全て日本の工場で作られているのでクオリティーも高く、長年愛用して頂けます。

 

 

ジャケットに合わせて着たいレーヨンオープンシャツも豊富に揃っています!
こちらも全てDryBonesオリジナルのレーヨン地を使用しています。

 

色もデザインも様々〜!
いっぱいあるので迷っちゃいます♡

 

 

 

その中でもKARINのおすすめは、

シンプルな

L/S Hand Stitch Open Shirt

 

 

様々なコーディネートに使えて、価格もお手頃なので私も何着も持っています。

 

デザインはアメリカ合衆国の「黄金期1950年代」に大流行したレーヨンブロードのハンドステッチオープンシャツを忠実に再現しています。 

 

 

 

こちらもオリジナルで製作したレーヨンブロード生地を使用。

 

柔らかくサラッとした肌触りで、着心地の良さは抜群です。

着ていくとクタッとした質感になり、より体に馴染みヴィンテージの様な風合いが出てきます。

 

 

 

最後は PANTS!下半身も抜かり無く!

Two Tack Trousers

 

 

 

 

1950年代にハリウッドスター達が愛用した事で大流行した2タックタイプのトラウザーズを基に製作。 

 

 

生地には独特な艶感としゃり感が特徴のレーヨンツイル生地を使用。肌触りが良く柔らかな着心地です。

 

こちらは、ヴィンテージでもなかなか状態やサイズが良い物も出てこない一着なので、お探しの方も多いのではないでしょうか?

 

使い勝手の良いものですので、持っておいて間違いないです。

 

サイズがあるうちにGetしておいて下さいね☝️

 

 

 

 

他にも靴やベルト等の小物も全て揃ってます。

全身ばっちり50’s Styleでお出かけしましょう♪

 

 

コーディネートに困ったら気軽にDryBonesスタッフにご相談くださいね☆

新作サングラス入荷しました!

 

こんにちは!
営業の上野です。

 

みなさま お待ちかね、新作のサングラスが入荷しましたー👓

 

DSE-479 上から ゴールド/ブラック・ゴールド/クリア・ゴールド/スモーク・ゴールド/ブルー・ゴールド/レッド

 

珍しい赤いレンズ、世界が全て真っ赤になります笑

 

 

DSE-482 ゴールド/グリーン

DSE-480 ブラック/ブルー・ブラック/グリーン

四角めのブラックフレームは合わせやすくかけやすいです。

 

DSE-481 上から ブラック/スモーク・ブラック/ブルー・ブラック/クリア・マーブル/クリア

 

DSE-483 上から ブラック/ブルー・ブラック/グレー・ブラック/スモーク

 

DSE-484 上から ゴールド/ブラック・ゴールドブラウン/ブラウン・ゴールドベージュ/ブラウン・ゴールド/クリア

 

 

以上6型入荷しました!

 

中でもイチオシはこちら💡

ここのところ、大きめ丸めレンズのメガネが人気なのでコチラのDSE-484がオススメです。

クラシカルな雰囲気でキャスケットにもハットにもあいますよ〜🎩

(KARIN着用:ゴールドベージュ/ブラウン)

 

 

その日のコーディネートに合わせ 色違い・形違いでいくつ持っていても良いですね👓👓👓
日差しだけでなく、花粉からも目を守ってくれるのでこれからの季節にピッタリです🌲🌸☀️

 

お気に入りのサングラスを見つけくださいね!

ご来店お待ちしております🎵

 

 

Big Pocket Denim Pullover Shirt & Military Anorak

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
本日は、春に活躍するデニム素材を使用したアウターをご紹介します。
 

 
まずは、左着用の
 

 
Big Pocket Denim Pullover Shirt
http://www.dry-bones.com/product/big-pocket-denim-pullover-shirt
1940年代製、US.ARMYのデザインをもとにしたデニムカバーオールです。
素材には、10ozのデニム地を使用。
 

 
商品名にもある左右の大きなポケットは、収納力に優れ、たくさんの物を入れることが
可能でとても便利です。
 

 
プルオーバーシャツを基に作製しており、シャツ感覚で上から被るように
着用します。春夏のアウターとしては勿論、レイヤード次第で
長いシーズン着用して頂けます。

 

次に、右着用の
 

 
Military Anorak
http://www.dry-bones.com/product/military-anorak-2
ヴィンテージのアノラックパーカーを基に作製。
ライトオンスのデニム地に生成りのステッチワークでシンプルなデザインです。
 

 

 
元々、登山の際の防寒服として作られた物で、三重構造になった襟元はボタンを上まで閉めることで
防寒性を高めてくれます。
 

右ポケットには、物が落ちないようにフラップ付きのポケットが施されており
スマートフォンやタバコなどの小物が、スッポリと収まるのでとても便利です。
 
どちらの商品も、着用を重ねるたびに柔らかくなり身体に馴染み、色落ちやパッカリング等、経年変化が楽しめます。
ミリタリーパンツとの相性も良く、チノパンを合わせたワークスタイルにもオススメです。
 
店頭では、週末の3連休に合わせ春物新作が入荷しておりますので
是非チェックしてみて下さいね。
 
 
それでは、明日からの3連休皆様のご来店お待ちしております。

大人気!Set-up style

こんにちは、福岡店のワカスギです。
今日は大人気のセットアップ(同じ生地で制作したジャケットとパンツ)商品をご紹介します。

 

先ずは、
12oz Denim Service Jacket & 12oz Denim Work Trousers

DJ-1043 12oz Denim Service Jacket
1920年代のヴィンテージワークジャケットを基にデザイン。
デニムを使用しており、古臭い雰囲気に仕上がっています。
裏地のない一重タイプのジャケットの為、羽織物として長いシーズン愛用していただけます。
ワークアイテムながらもラペルの付いたタイプで、タイドアップしたキレイめなスタイルとも好相性です。
 

DP-760 12oz Denim Work Trousers

1920年代のトラウザーズをイメージしたクラシカルなワークトラウザーズです。
ゆったりとしたワタリに緩くテーパードのかかったシルエットが特徴です。
クリースラインが入っている事で、正面から見るとスッキリとした上品な見た目になっています。
 
 
 
 
2品目は上で紹介したDenim Service Jacket & Work Trousersと同じ型で制作。
こちらはBrown denimを使用しています。

DJ-1044 Brown denim Service Jacket
1920年代のヴィンテージワークジャケットを基にデザイン。
デニムを使用しており、古臭い雰囲気に仕上がっています。
裏地のない一重タイプのジャケットの為、羽織物として長いシーズン愛用していただけます。
ワークアイテムながらもラペルの付いたタイプで、タイドアップしたキレイめなスタイルとも好相性です。

 

DP-759 Browndenim Work Trousers
1920年代のトラウザーズをイメージしたクラシカルなワークトラウザーズです。
ゆったりとしたワタリに緩くテーパードのかかったシルエットが特徴です。
クリースラインが入っている事で、正面から見るとスッキリとした上品な見た目になっています。
こちらはブラウンデニムを使用している為、
ブルーデニムとは一味違ったコーディネイトが楽しめるのではないでしょうか。

 
 
 
 
3品目は、Equestrian Jacket & High Back Work Trousers

DJ-1041 Equestrian Jacket

1920〜30年代頃のヴィンテージジャケットを基にデザイン。
品名の「Equestrian」とは「乗馬者」を指し、当時馬に乗る際に着用していたものを再現しました。
ストラップの付いたラペルが特徴的で、やや広めのラペル幅もクラシカルな雰囲気を演出します。
生地はコットン100%のシャンブレー生地を使用。
適度なハリがあり、しなやかな着心地が魅力です。
また、年間通しての着用可能も嬉しいですね。

 

DP-734 High Back Work Trousers

http://www.dry-bones.com/product/high-back-work-trousers

1900年代初頭のアメリカ中西部をイメージして作成したワークトラウザーズ。
ウエストの前後に高低差をつけたハイバック仕様がクラシカルな雰囲気です。
サスペンダーで吊る事で、上から下に流れる様な美しいドレープラインが出て、スタイルをより良く見せてくれます。

 
 
 
 

最後は、以前のブログでもご紹介した、
2nd Type Pique Jacket & Pique Tapered Jeans
DJ-1042 2nd Type Pique Jacket
http://www.dry-bones.com/product/2nd-type-pique-jacket
1950年代のセカンドタイプのヴィンテージデニムジャケットを基に製作しました。
生地はコットン100%のピケを使用。
コシのある丈夫な生地は、着込む程に柔らかく馴染み、デイリーユースとして重宝します。
デニム素材のジーンズと相性が良く、普段のカジュアルスタイルに活躍する一着です。

 

DP-758 Pique Tapered Jeans
http://www.dry-bones.com/product/pique-tapered-jeans
細身でスタイリッシュなシルエットのスリムパンツです。
ファッションスタイル問わずコーディネートが出来る便利な1本です。
生地は、ジャケット同様にコットン100%のピケ生地を使用。
穿き込むうちに身体に馴染み、しなやかな履き心地へと変化していきます。
落ち着いたカラー展開ですので、柄物のジャケットやシャツ等との相性が良く、
年間を通してコーディネイトに取り入れることができます。
 
 
 

いかがでしたでしょうか。
カジュアルに着れるセットアップは、様々なシーンで活躍します。
人気商品ですので、気になる方はお早めに!

デニムオンデニムのコーディネイト紹介。

こんにちは、名古屋店の梅津です。

今日は最近の自分のお気に入り、デニムオンデニムのコーディネイトをご紹介しようと思います。

春に向けて、デニムを新調するのにぴったりなこの時期。

参考にして頂けると嬉しいです。

Shawl Collar Denim Jacket

 ×

Gold Rush Waist Over-alls

簡素なデザインが粗野でクラシカルな印象のワークジャケットには、

最初期のデニムパンツを基に作製した片ポケタイプのシンプルなモデルを合わせています。

インナーにベストを入れると、同系色の上下でもバランスが取りやすいです。

2nd Type Denim Jacket

 ×

Jean Engineering Denim Pants

DryBonesオリジナルのデニム生地を使用した「Jean Engineering」シリーズのデニムオンデニム。

自分は年代イメージを合わせて、セカンドタイプにレギュラーストレートタイプ(DP-562W)のジーンズを合わせています。

インナーには裾のカットがフラットなオープンカラーシャツを、デニムのステッチワークに合わせた暖色系で選んでいます。

この画像だとパンツのシルエットがわかりにくいので、下の画像で参考にしてみて下さい。

Denim Work Vest

 ×

Army Denim Work Trousers

最後はベストとのデニムオンデニム。

生成りのステッチワークでの非対称ポケットが映えるワークベストなので、

同じく生成りステッチのパッチポケットが印象的なアーミートラウザースを合わせています。

このまま三つ揃えも良いですが、あえてジャケットの色を外すと引き締まって見えるのでそれもおすすめです。

店頭にはこの他にもジャケットやシャツ、パーカーにエプロンなど、

デニムを使用したアイテムが沢山揃っておりますので、ぜひチェックしに来て下さいね。

さて、最後に新作紹介!

バレンタインデーやホワイトデーのおかえしなど、ちょっとしたプレゼントにも好評な、

「DryBonesのシャツと同じ生地で作製した、大判のハンカチ」がたくさん入荷してきました!

全て右隅にブランドネームの箔押しプリントが入ります。

こちらも人気の柄は動きが早いので、忘れずにチェックして下さいね!

今度の日曜日 2/10 は東京店 振る舞い酒 !!

 

 

こんにちは!

東京店の tomo です。

暖かくなったと思ったら、また寒くなったりと

日々の寒暖差が激しいですが、体調を崩したりしていませんか?

 

 

告知!!

 

Dry Bones TOKYO STORE は、

今月2月1日でオープン22周年になりました。

 

これもひとえに、今までご来店下さった皆様方、

陰で支えてくれた方々の賜物でございます。

改めて深く感謝致します。

 

 

 

つきましては2月10日の日曜日、日頃の感謝を込めまして

TOKYO STORE 店頭にてお酒を振舞わさせて戴きます。

 

 

 

そして更に今年は新企画を発案!

 

題して「酒丸オークション」を同時開催!!

 

 

 

酒丸氏の(謎多き)クローゼットより、オオッ!っと思うヴィンテージものから

ホッコリするモノ、ビックリするモノやどーでもいいモノまで。。。

 

 

点数は20数点、全て酒丸私物を1円スタートで

当日会場にてオークションにかけます!

ふるってご参加、お付き合い下さい。

 

 

皆さまと幸先の良い22周年目の幕開けが切れる事を楽しみにしております。

 

 

 

オークションは14時と17時の2回に分けて開催する予定です。

 

 

 

そして、今 酒丸氏もハマっているという土偶。

 

土偶女子こと「こんだあきこ さん」の

土偶についてのお話を聞くことが出来ます!

 

質問も受け付けて下さるそうです。

 

 

 

 

 

当日は著作の本の販売も行われます。

 

楽しみにして下さいね。

 

 

皆様のご来店を 東京店スタッフ一同お待ちしております!!

 

 

大阪店リニューアル!!

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

先日、久しぶりに大阪店の店内をリニューアルしました!

 

以前よりもスペースを広く取り、ごゆっくりご覧いただける店内になったと思います。

 

新しくなった大阪店、ぜひ遊びにいらしてくださいね♪

 

さて、今日から2月。
まだまだ寒い日が続いていますが、店頭には春物新作が続々と到着し、徐々に春物が気になられている方も多いと思います。

 

そこで本日は、そんな入荷したての新作を使ったおすすめのコーディネイトをご紹介させていただきます。

 

まずは
デニムジャケットとして不動の人気を誇るセカンドタイプ。
その形をベースに春らしいコットンピケ素材で製作したジャケットをメインにしました。

 

こちらのカーキ色はインディゴとの相性も抜群に良く、合わせるボトムのシルエットも選ばないので、
様々なコーディネイトで活躍します。

 

今回はゆったりとしたアーミートラウザーズとジーンブーツを合わせて無骨な雰囲気をプラス。
インナーも柄物シャツからカットソー、プリントTシャツなど季節に合わせた組み合わせが楽しめますよ♪

 

こちらのジャケットは共生地でパンツもご用意していますので、セットアップでのコーディネイトもおすすめです!

 

パンツはこちら↓↓↓↓↓

 

 
◉着用アイテム◉
 
 
 
 

 

お次は
 
 
ビッグポケットのデニムシャツをメインに、全体をミリタリーテイストでまとめました。

 

ボトムにはワイドシルエットのベイカーパンツ。
こちらもデニムアイテムと好相性なので、カバーオールやジージャンとの着こなしもおすすめです。

 

 
インナーには保温性の高いスウェットパーカーを合わせました。
2トーンのレッドが良い差し色になりますね♪

 

 
 
◉着用アイテム◉

 

 
 
 
 
春のコーディネイトのご参考になれば嬉しいです。

 

 
 
他にも春物新作がガツンと入荷し、見応えのあるラインナップとなっています。

 

 
 
今週末はぜひ、お近くのDry Bonesへお越しください。

 

 
 
それでは本日はこの辺で。
 
 
 
 
 
 

Cotton Shirt 5種類入荷

こんばんは、牧野です。

春物入荷続いてます。

今日も一気にご紹介します。

東京店、福岡店は本日入荷、名古屋大阪店は明日入荷となります。

また、オンラインは近日中にアップしていきます。

DS-2472   L/S Hawaiian Shirt “PINEAPPLE”

Color.

NAVY / OFF WHITE 

BLACK / PINK

DS-2474 Open Shirt “BUBBLE”

Color.

PINK

SAX

GRAY

DS-2476 Open Shirt “ZEBRA”

Color.

SAX

WHITE

DS-2478 Tattersall Check B.D. Shirt

Color.

GREEN

RED

DS-2479 Stripe Open Shirt

Color.

BLACK

以上、5点になります。

そして最後、今週末土曜日に東京、

渋谷にある SARAVAH東京にて

SWING JACK!

が開催されます。

なお、こちらでの開催は最後になります。

次は場所が決まり次第再開されるそうなのですが

まだはっきりと決まってなさそうなので、しばらく間が開くかもしれません。

皆さん是非今回行ってみましょう!

今回私もキムと一緒に参加したいと思ってます。

そして最後に、2月10日(日)
は東京店オープン22周年を祝して

恒例の振る舞い酒を行います!!

そしてプラスαでシークレットイベントも考案中。お楽しみに!!

1 2 3 4 170