新作&再入荷情報!

こんばんは!

 

大阪店トミーです。

 

11月も後半にさしかかり、一層冬らしい気候になってきましたね♪

 

そんな季節にぴったりなアイテムが入荷しましたので、本日はそちらをご紹介します。

 

・DS-2377 Flannel Check Work shirt
color:RED,BLUE,MUSTARD
size:36,38,40

 

しっかりとした厚手のコットンフランネル地を使用したワークシャツ。
三色とも古臭い配色が良いですね♪

 

 

脇線やアームホール、肩のヨーク部分はトリプルステッチを採用。
ワークシャツらしい堅牢な仕上がりとなっています。

 

もちろん首元にはチンストラップが付き、ヴィンテージシャツのディテールを再現。
また、台襟裏やヨーク裏には素朴な雰囲気のスレーキを使用し、見えない箇所にもこだわって作製しています。

 

これからの時期、アウターはもちろんインナーでの防寒対策におすすめの一枚です。

 

そしてこちらも本日届きました!

 

ご好評につき、入荷して間もなく完売状態となっていましたカウチンセーター”パイレーツ”。
今回ブラックが再入荷!

 

背中に大きく配置したパイレーツ(海賊)や胸の海賊船はインパクト抜群!

 

袖のスカルや裾のチェッカー柄等もアクセントが効いていますね♪

 

前後左右どこから見ても存在感のある一着に仕上がっています。

 

前回買い逃された方はもちろん、今回初めてご覧の方もぜひサイズのあるうちにご試着しにいらしてくださいね!

 

そして最後に速報!

 

大人気のモンクストラップシューズ。
今週末ワイン色が入荷するとの情報が入りました!!

 

皆さまこの機会にぜひ、見にいらしてくださいね♪

 

※店舗により入荷日が異なります。
各店の入荷・在庫状況などは、下記までお気軽にご連絡下さいませ。

 

東京店 TEL:03-5458-5688
名古屋店 TEL:052-242-4298
大阪店TEL:06-6531-1298
福岡店TEL:092-752-4298

 

たくさんのご来店、お問い合わせをお待ちしています♪
それでは本日はこの辺で。      

The Spunyboys名古屋公演&リバーシブルのスカジャン

こんばんは!名古屋店KARINです。

 

ついに!DryBones名古屋店で協賛している

 

「The Spunyboys」名古屋公演 11/18(土)

 

あと2日後に迫ってまいりました!!

 

実は先日ジャパンツアー初日の東京に遊びに行って来たんです☆
演奏力はもちろん期待以上のパフォーマンスで最高のステージでした!!
その時の写真と動画を撮って来たので少し載せたいと思います。

とにかく動く動く!!こんなパフォーマンス見た事無い!!ビックリしっぱなしでした。

 

 

 

The Spunyboys沢山の方に見て頂きたいです!
フランスから来日するこんなバンドを生で見れる機会はなかなかありませんよ!
前売りは明日の17日の営業中(11:00〜20:00)まで承ってますので是非ご来店下さい!(当店で使える割り引き券の特典有り)
又、メールや電話での予約でも大丈夫ですよ☆

 

DRY BONES NAGOYA :

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-13-9 大須ビル1C
TEL 052-242-4298

  

11/18(土)は金山CLUB SARUへ遊びに来て下さいね☆
当日は皆さんで楽しみましょう!♪
 

 

そしてせっかく東京に来たのだからと、DryBones東京店にも寄らさせてもらいました☆

東京のスタッフ 好青年なキムくんが出迎えてくれましたよ〜!
DryBones東京店は代官山駅からすぐですので、是非気軽に行ってみて下さいね☆

 

DRY BONES TOKYO :

〒150-0034 東京都渋谷区代官山18-3 B1
TEL 03-5458-5688

 

 

 

さて、かなり寒くなって来たので中綿入りの羽織りものがちょうど良い時期になりました。
本日は気軽に羽織れてお洒落なリバーシブルのスカジャン2型をご紹介します。

 

 

まずはこちら!

Embroidered Jacket “DEER”

1950年代のヴィンテージスーベニアジャケットを基にしてDryBonesがオリジナルで作製したスカジャンです。

素材にはキュプラ100%素材を使用しています。
発色が良く色鮮やかで、尚かつ肌触りが滑らかです。

表面と裏面の表情の違う刺繍を楽しめるリバーシブルになっています。

インパクトのある背中の刺繍も近くで見るととても繊細なきめ細かい仕上がりになっています。

 

 

 胸元にはエゾシカの頭。両袖に入ったラインの接ぎ目にはパイピングを挟み込み当時のヴィンテージの仕様を忠実に再現しています。

背中には鹿の親子が川を渡る、雄大な光景がデザインされ目を惹きます。
色の濃淡や図案の遠近法の効いた立体感。水面の波紋、水しぶきまでも見事に刺繍で表現されています。
去年こちらの基になったヴィンテージのスカジャンを店頭で展示販売していたのですが、仕上がって来たこちらの刺繍はヴィンテージの物と見間違えるくらいのクオリティーの高さです。

 

裏の虎と鷹の刺繍もとてもキレイです。
裏面は刺繍の上からダイヤ柄のキルティングを施し、とても手間がかかった仕上がりになっています。

 

 背中には『日本地図』が配置されています。

着用するとこんな感じです。

 

 

どちらも良い色合いです。ハットやキャスケットなど帽子等の小物とのあわせ方も色々楽しめますよ。

 

 

もう一つのリバーシブルのスカジャンはこちら!

 

こちらも1950年代のヴィンテージスーベニアジャケットを基にして作製したものです。

 

表はSKULLモチーフ。胸と背中には「髑髏に絡む蛇」を配置してあります。
こちらのドクロの目に蛇が通っているモチーフはヴィンテージでもかな〜りレアなモチーフなのです。

 

 裏は白地に白の刺繍で鷹が施されています。

こちら側は刺繍の上からダイヤ柄のキルティングを施し、中綿が入っているのでとても暖かく防寒に優れています。

 

 背中には同系色の「桜に鷹」の刺繍。同系色の白でまとめてありますが、しっかりとした立体感があり、見とれてしまうほど美しいです。

 

ラグランになってますので肩幅が気にならず、小柄な男性や女性でも違和感無く着て頂けますよ。

 

 

 

 

どちらのスカジャンも表と裏で全く違った表情なので1着で様々なコーディネートが楽しむことが出来ますよ☆
是非店頭でチェックしてみて下さいね!

 

それではまたお会いしましょう!

今まで意外となかった便利なシャツ

 

こんばんは、牧野です。

今日は東京店にカッコいいカップルが来たので

思わず写真を撮らせてもらいました。

 

 

Londonから来てくれ、何よりも嬉しかったのは

彼が全身Dry Bonesだった事!

映画「The Wild One(乱暴者)」のレザージャケットに、
初期型ジーンズ(寿司耳、初期ステッチ、極太シルエット)
を穿いてくれてました。

このジーンズ、久々に見た….!!

ちなみにこちらのレザーはこちら

Horse Hide Motorcycle Jacket

 

イギリスに限らず、海外からドライボーンズのコアなファンが

来店されるとテンション上がります。

最近、毎日のように海外から来店されるので

またこちらにアップしますね。

もしくはInstagram(インスタグラム)でも載せているので是非こちらも御覧ください。

DRYBONES TOKYO STORE

 

 

 

さて、本題になります。

 

最近入荷したシャツで、シンプルな着回しの良いオープンシャツをご紹介します。

 

まずはこちら、

 

Ash Chambray Open Shirt

 

 

名前の通り、コットンシャンプレーの生地です。

通常この生地、ワークウエアで使われる事が多いんですが

弊社らしくオープンシャツの型で作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左がブラック、右がネイビーになります。

細かく霜降りになり、襟のかたちが綺麗に出る生地厚だと思います。

詳細は上記商品名をクリックしてください。

 

ネイビーを着るとこんな感じです。

 

 

 

パープルのベレーを合わせ、シンプルながら色使いで楽しむ。

これでベストを着てデニム履いてカバーオール的なワークスタイルにも

3つ揃えのスーツスタイルでも何でも合います。

さらにオールシーズン着れて文句ナシ!

ループタイも合いますね〜

さりげなく50sを楽しめ、日常での活躍も多いと思いますよ。

 

 

そして次はこちら。

 

Cotton Oxford Open Shirt

 

 

 

こちらもその名の通り

コットンオックスフォード地を使ったオープンシャツ。

トラッドなイメージの織り名ですが、オープンがあっても良いですよね。

色はネイビーとホワイト、清潔感溢れる2色。

太い糸番手で織られたしっかりとした生地は、

ハリはあるが体への馴染みが早いのが良いところ。

襟はペタッと寝かせないで立体的に立たせて着たいですね〜

 

 

 

今度はワイン色のベレーで差し色に。

アウターにネイビーやブラックなどのダークトーンを持ってくれば

相性良いですね。

こちらも先ほどのシャツと同じ用途で着れます。

 

ぜひこの辺りは1着(以上)持っておくと便利ですよ。

 

 

 

 

それではこのへんで。

 

新作 & イベント情報!

こんにちは、名古屋店の梅津です!

 

当店で協賛させて頂いているコチラのふたつのイベント、開催日が迫って参りましたので再度告知させて頂きます。

 

現在日本各地をツアーで回っている、フランスの「The Spunyboys」

 

名古屋公演は今週末の11/18(土)です!

 

【イベントページ】
https://www.facebook.com/events/1868105913506355/

 

 

 

そして、もうひとつ!

ロンドンを中心に活動しているDJ「KEB DARGE」氏の名古屋公演は、来週末の11/24(金)

 

名古屋でのプレイは約10年振りだそうです!

 

【イベントページ】
https://www.facebook.com/events/179909139232019/

 

 

どちらもイベント前日まで前売りチケットを受付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいね!

 

【Dry Bones 名古屋店】

TEL:0522424298

MAIL:umetsu@dry-bones.com

 

両日とも、自分は名古屋店の営業時間 20:00を過ぎ次第、会場に向かいます。

 

イベント前にはぜひ【Dry Bones 名古屋店】にも寄っていって下さいね〜!

 

 

 

 

 
 
さて、本日は新作がたくさん入荷しましたのでご紹介致します。

 

Western Moccs Monk Strap Shoes.

 

1950sの子供用ウェスタン靴を基に、大人用にアップデートして作製したモンクストラップシューズ。

 

長らく完売していましたが、ついに上がってきました!

 

ダブルのコバや履き口の型抜き、バックルの装飾など、ものすごく手間を掛けて作製したデコラティブな仕様。

 

Homespun Ear Flap Hunting Cap.

 

クラシカルなウールのホームスパン生地を使用した、ハンティングキャップ。

 

耳あてが良いアクセントになっています。

 

裏地はレッドのサテン地で、色気たっぷり!

 

 

 

Wool Flannel Casquette.

 

ウールフランネル地を使用したキャスケット。

 

しっかりとした厚みのある生地で重厚感があります。

 

BLACK地にグレーの糸が織り込まれており、表情のあるクラシカルな一品。

 

着用画像↓。

 

 

ラストはサングラス×3型。

 

メタルフレームの物はハードケースが付きます。

 

 

 

 

明日からまた寒くなる様ですね。

 

ボーナスシーズンに入った事で、完売アイテムも続出しております!!!

 

みなさま防寒対策はお早めに。

 

そして、こちらのクーポンの使用期限も迫ってます!

期限の11/30(木)まであと16日ありますが、、、、土日の回数でいうとあと2回!

 

もったいないので、ぜひぜひ使い切っちゃって下さいね〜!

1着は持っておきたい定番アウター

皆さん、こんばんは。
遂に店頭にバンドワゴンVol.13が入荷しました!

昼休憩に読みましたが、今回もかなり濃い内容になってます。
お買い物のついでに是非!

さて、ニュースでは全国的に来週から、また一気に気温が下がるとの事。
ですので、今日は暖かいおすすめのアウターをご紹介します。

先ずはこちら。

DJ-986 Tweed Pharaoh Jacket
http://www.dry-bones.com/product/tweed-pharaoh-jacket

※左Grayと右Blackの2色展開。

ご存知の方も多いかとは思いますが、一応ご説明を。
商品名の「Pharaoh Jacket(ファラオジャケット)」とは、 1962年のアメリカを舞台にした映画「アメリカン・グラフィティ」に登場するカークラブ「PHARAOH’S(ファラオ団)」が着用していた事に由来しています。

※写真は映画「アメリカン・グラフィティ」の一コマ
左二人がファラオ団。何故か何度見てもかっこいいんですよね〜(笑)
知らない方は、先ず映画を見てくださいね。

こちらの通称ファラオジャケットは、1950年代にカーコートとして流行しており、そのヴィンテージを基に製作しています。

生地には見た目にも温かみのあるのウールツイードを使用。
ざっくりとした生地感で、所々にネップの飛んだ古臭い雰囲気に仕上がっています。

そして、裏地。

キルティング仕様で保温性に優れ、冬場の防寒着として最適。
しかもハーフ丈で、腰まで温かいのが良いんです。
 
 
 
 
更にもう一品。


DJ-828 13STAR P Coat
http://www.dry-bones.com/product/13star-p-coat


1910〜20’sのヴィンテージを基に作製したピーコート。
ハンドウォーマーポケットが付き、着丈もやや長めでスタイリッシュなシルエットが特徴。


また、フロント釦に13個の星が刻まれた極初期のレアなモデルを再現。

元々ミリタリーウェアや漁師達の間でも愛されたオーバーコートで、
肉厚のメルトン素材を使用した防寒性のある一着です。
海の潮風からデッキクルー達の身を守ってきた歴史があります。

大きな襟部分にはチンストがついており、留める事で更に防寒性を増します。

なんと言ってもデザイン性が高く普段使いに重宝する為、1着は持っておきたいコートですね。

気になる方は、ぜひ店頭で試着してくださいね!
 
 
 
 
そして、最後に

こちらのクーポン券をお持ちの方!
ご来店時には忘れずにご持参下さいね。
それでは、今週も皆様のご来店お待ちしております。

古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ。その16

 立冬を過ぎて初めての、酒丸です。

ご無沙汰。

今年は例年よりも「立冬」らしい11月になってきましたね。

いつもより2週間以上早く「寒い!」と感じる日が早く来ました。

はやくもウールや中綿の重装類がサイズ欠けを始めています。

そしてやっと今期のアウターの最終便が入荷。

なので今日のブログはそのアウターの歴史を、ご紹介。

そのアウターとは、これ。

ドライボーンズとして初の企画となった、B-15A。

なぜ「初の企画」なのか?というと…

実はフライトジャケットの中で、私が一番好きな形だから。

一番好きな形なので、一番納得出来るように作りたかった。

ほとんどのフライトジャケットの「祖」と言えるデザインだから、ちゃんと作りたかったのだ。

フライトジャケットと呼ばれる形はたくさんあるけれど…

おそらく一番人気なのはこれ。

ご存知、MA-1。

1986年公開の映画「トップガン」の影響でミリタリーファッションが流行した際、一番売れたデザインなので記憶している人も多いかと。

実際には1953年頃から製造され、1970年代後半まで微修正を繰り返しながら続いた。

ちなみにこれは私物のヴィンテージ。

そしてこのMA-1の元のデザインになったモノが、これ。

B-15D MOD.と呼ばれるジャケット。

ぱっと見はMA-1とほとんど変わらない。

写真を見比べてもらえばわかるが、大きな違いはジッパーのムシのデザインやラベルが白い事くらい。

ジッパーは名門クラウンジッパー。

ラベルが白いのは、B-15Dという品番のジャケットを改造してますよ、という意味の刻印がされているから。

ちなみに、B-15Dが生産されたのも1953年。

このようにモデファイされたのは、1965~67年頃ではないか?と言われている。

この頃のアメリカはベトナム戦争に本格的に参入し始めた頃。

おそらく兵の増強に伴う既存フライトジャケットの改造、というような意味合いがあったのだろう。

ちなみにこれも私物のヴィンテージ。

そしてそのB-15Dの前には…

このB-15Cというジャケットがあった。

このジャケットの製造は1951~52年頃。

つまり、朝鮮戦争の時だ。

この後の1953年、北朝鮮と韓国は休戦協定を結ぶが、韓国内にはアメリカ軍が駐留し続けた。

その駐留軍に1954年に慰問に訪れたのがマリリン・モンローで、その際は「慰問の際の即興的な衣装として」このB-15Cを羽織っている。

ちなみにこれも私物のヴィンテージ。

そのB-15Cの前には当然…

B-15Bという品番が存在する。

このB-15Bは、実はフライトジャケットとして歴史的な転換となったジャケット。

なぜならばそれまでコットンやレザー素材だったアウターシェルに、初めて「ナイロン」という素材を纏った品番なのだ。

これは、戦闘機がそれまでのプロペラ機からジェット機に進化したことが大きい。

速度や高度が大幅に変化したために、パイロットの装備も大幅に変更することが求められたのだ。

ちなみにこれも私物のヴィンテージ。

そしてそのB-15Bの前には当然、B-15Aという品番のジャケットがあった。

これが今回のドライボーンズの新作の元ネタとなった、本物のB-15A。

前出したように、コットン素材最後のフライトジャケットである。

このジャケットが製造されたのは1944~45年。

つまり第二次世界大戦末期に作られたわけだ。

この戦争で、戦闘機も大幅に進化したのだが、それはプロペラ機からジェット機に変わっただけではなかった。

コックピット周りの装備も大幅に変更したのだ。

酸素ボンベが付き、そのボンベから伸びるホースがあり。

更には基地からの交信を行えるような無線も装備され、その無線機からヘルメットに伸びるコードもあった。

そういった細かな操縦席の変更をジャケットで受け止められるように、ホースを固定するための三角形のレザータブがついた。

また、通信用ケーブルをまとめるためのスナップボタン付きタブも、装備された。

更にジェット機内コックピットがより小さくなったために、肘を曲げた状態での操縦を余儀なくされた。

そのため…

裏地であるボアの、肘の内側にあたる部分はホームベース型に削ぎ落とされ、すべりの良い裏地がつくようになったのだ。

ものすごい手間である。

このように、第二次世界大戦から朝鮮戦争を経てベトナム戦争に至るまでのアメリカ軍の進化は、そのままフライトジャケットにも踏襲されているのだ。

ちなみにこれも私物のヴィンテージ。

そんな歴史背景を認識しつつ、ドライボーンズとしては「フライトジャケットっぽいデザインの平和的利用」という名目で毎回フライトジャケットコレクションを増やしていった。

今季はB-15Aが元ネタの、このジャケット!

この写真だと分かりづらいかもしれないので、ぜひ店頭で現物を見て欲しい。

襟ボアは本物のムートンを使用。

例年より一足早くやってくる冬将軍にも対応。

が、ジッパー押さえのテープや袖のペンシルポケットは敢えて淡い色を配置し、2トーンにしてみた。

三角形のレザータブや、スナップボタン付きタブもきっちり再現。

そして「私、脱いだらすごいんです」的な、妖艶な裏地!

鮮やかなレオパード柄は保温性抜群!

しかもヴィンテージに忠実に、袖の肘内側のボアは削って裏地を配置。

妖艶なのにちゃんとしてる。

理想的。

このジャケット、先週入荷。

が、11月最初の3連休でいきなりバババッと売れちゃった。

欲しい方は、急ぎましょう。マジで。

そして更に朗報!

半年間の沈黙を破り、ついにバンドワゴンVol.13が出版!

記念すべき「13号」なので、表紙のデザインも一部変えてみた。

嘘くさい報道ばかりが目立つ今のマス・メディアに対抗すべく、コア・メディア(本当の、事実の、みたいな意味合いがある)と名乗ってみた。

真実の情報は、この雑誌の中に。

ではまた来月!

【首巻き特集】〜全てのマフラー&ストールをご紹介〜

こんにちは。名古屋店KARINです!

 

 

DryBones名古屋店タイアップイベント
『The Spunyboys 2017JAPAN TOUR FINAL IN NAGOYA』
は、ついに10日後(11/18 Sat)に迫ってきました!!
行こうかどうか迷ってる方!!後悔させませんので是非見に来て下さい!!
 
気になるけど、どんな曲をやっているか知らないし…という方は、
現在DryBones名古屋店にて音源が聴ける様にご用意しております。是非一度聴いてみて下さい。
試聴ご希望の方はお気軽に店頭スタッフにお申し付け下さいね!
 
そして、こちらのイベントの前売りはDryBones名古屋店でも予約できます。
(店頭でも電話《052-242-4298》でもメールなどでもOKです)
そして当店店頭で前売り予約すると、予約特典として、「当店にて使用可能な割引クーポン」をプレゼントしております。
もちろん当日のお買物からお使い頂ける割り引きクーポンですので、お得なこの機会に是非ご予約下さい!
 (※DryBonesの割り引きクーポンは11/30までご使用頂けます。)
 

 

The Spunyboys JAPAN TOUR 2017 FINAL IN NAGOYA、FACEBOOKページ

フランスでのライブ写真です。すごい!!片手で軽々とウッドベースを持ち上げています。

 

 当日はこんなパフォーマンスを魅せてくれるのでしょうか?!

もう今から楽しみでしょうがないです!

当日は皆さんで楽しみましょうね♪
 

 

 

 
さて、今日は首巻き特集という事で、DryBonesにある全マフラー&ストールを紹介します。
 
店舗にある首巻きの数を数えた所、なんと!!8種類(色違いだと19点以上)もありました!!
 
様々なタイプの物があるので、きっとお気に入りの物が見つかるはず!
 
 

 

 
まずは今年の新作
 
 

ジャカード編みの“KEYBOARD”マフラーです。

インパクトのある鍵盤柄と規則的に配置された音符柄が、存在感のあるデザインとなっています。

暗くなりがちな冬のコーディネートを楽しくしてくれます♪♪♪

School Muffler

お次はスクールマフラー!
ヴィンテージで実際に存在するスクールマフラーを基に製作。
裏面はシンプルな無地。
その日の気分を変えてリバーシブルで楽しめます。

 

新色4色で、計7色の中からお好きな色を選べます! 選べる幸せ☆

2Tone School Stripe Muffler

 

こちらも新作のスクールマフラー!
こちらも裏面は無地ですが、ワンポイントでラインが入ります。
1本で2通りのデザインを楽しめるのは嬉しいですね。
 

 

Fair Isle Pattern Muffler

 

カラフルな色使いの幾何学模様が編み地で表現されたフェアアイルパターン
(スコットランド沿岸のフェアアイル島で編まれていた伝統的な柄)のマフラーです。
柔らかな触り心地で、気楽に巻けます。
 

 

左から

3H Splash Stole

3H Splash Stole

 
東南アジアに位置するラオスで
手紡ぎ(Hand spin)、手染め(Hand dye)、手織り(Hand weave)の工程を経て一枚一枚丁寧に作られたコットン100%のストールです。
 非常に時間と手間が掛かるために現代では失われてしまったこの「手紡ぎ」「手染め」「手織り」は、社会主義国であるラオスでしか再現する事の出来ない貴重な手法で出来ています。

 

Lozenge Print Scarf

ダイヤ柄がプリントされた有りそうでなかなか無いスカーフです。
 

1950年代に実在したヴィンテージを基にドライボーンズが作成した生地を使用し、当時の雰囲気を再現しています。

 
シンプルな服装に取り入れると引き立ってコーディネートのスパイスになります。
 

 

Argyle Scarf

 
シンプルな無地のスカーフですが、アーガイル柄がさり気なくアクセントになっています。
 
レーヨン独特の上品な光沢があり高級感があります。
 
ワンランク上の大人な着こなしに。

 

Stole“Picture of TRIPLE”

バイク柄のプリントストール。

 

なんとこちらはあと1点のみでした!
早い者勝ちですよ!!!
欲しい方はお問い合わせ下さい!
 

 

 

マフラー&ストールは性別や年齢を問わないアイテムですので、プレゼントとしてもおすすめです!
クリスマスプレゼントの+1にも☆
 
1枚巻くだけで暖かく、印象も随分変わるので色々と組み合わせて冬のファッションを楽しんでみて下さいね!
 

 

それではまたお会いしましょう!
 

新作大量入荷!!

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

今年も残すところ2ヶ月を切り、これから本格的に冬がやってきますね。

 

 

皆さまも冬物のチェックをされている事と思います♪

 

そんな中、今週も直営店にはたくさんの新作が入荷中しました。

 

本日はそれらをどーんとご紹介しますね!

 

まずはアウターから!
color:OLIVE
size:36,38,40

 

待望のフライトジャケットが入荷!
今季は「B-15A」タイプを製作。

 

両胸の三角レザータブや通信機器のコードを留めておくフラップ、袖のペン・シガーポケット等、ヴィンテージジャケットのディテールを忠実に再現しました。

 

直接首に触れる襟にはムートンボアを使用。柔らかく滑らかな肌当たりです。

 

そして裏地にもご注目!

 

ライニングには豹柄のファーを使用し、防寒性だけでなくデザイン性も高い一品に。
ヴィンテージを再現しつつ、ドライボーンズらしい遊び心が盛り込まれています。

 

ジャケットを脱いだ際にさりげなく自慢したくなるポイントですね♪

 

お次はシャツをご紹介。

 

・DS-2399 Flannel Open Shirt “CAT”
color:PINK,NAVY
size:36,38,40

 

ポップで可愛らしい猫のプリント生地を使用したオープンシャツ。
市松状に配置された花柄とも相まって存在感のある一着です。

 

素材は肌触りが良く、今時期にぴったりなコットンフランネル。

 

color:GRAY,BLACK
size:36,38,40,42

 

50’sヴィンテージの中でもとりわけ人気の高い「AZTEC」柄のプリントオープンシャツ。
オリジナルで製作したレーヨンギャバジン生地は、独特なしゃり感があり美しいドレープ感が出ます。

 

ぜひ店頭で触ってご試着してみて下さい♪

 

・DS-2389 Print B.D. Shirt “POLKA DOT”
color:OFF WHITE,BLACK
size:36,38,40

 

絶えず人気の高いドット柄のボタンダウンシャツ。
モノトーンなポルカドット柄で、コーディネイトに取り入れやすく、着回しの効くアイテムです。

 

・DS-2373 Ash Chambray Open Shirt 
color:NAVY,BLACK
size:36,38,40

 

・DS-2397 Cotton Oxford Open Shirt
color:WHITE,NAVY
size:36,38,40

 

使い勝手が抜群に良いプレーンなコットンオープンシャツも入荷しました。

 

一つは無地ながら杢がかった生地感が表情のあるシャンブレー素材。
ワークテイストな着こなしにも最適です。

 

もう一方はソリッドな色味のオックスフォード生地。
50’sスタイルにはもちろん、ファッションのジャンルを問わずお使いいただき易いシリーズです。

 

・DS-2400 Pique Classic Regular Collar Shirt 
color:WHITE
size:36,38,40,42

 

最後のシャツはドレスシャツ。
レギュラーカラーで合わせやすく、様々なシーンでのスーツスタイルに重宝します。

 

カフスやバックヨークには職人の手作業によるギャザーが施され、手間のかかった美しい仕上がりとなっています。

 

さらにアクセサリー類も充実しました。

 

・Rhinestone Cuff Links
color:BLACK,YELLOW,VIOLET,NAVY,WINE

 

大振りのラインストーンが存在感抜群のカフリンクス。
真鍮性の台座が付き、クラシックかつ煌びやかな一品です。

 

Brass Loop Tie “ALLIGATOR”

 

ご好評のループタイに「アリゲーター」が仲間入り!

 

インパクトがあり、コーディネイトのアクセントにぴったりですね!

 

 
アリゲーターはデッドストックパーツを使用しているため数量限定で販売中です。

 

気になる方はお早めに♪

 

 
 
 
いかがでしょうか?
 
今回もたくさんの新作が入荷し、ボリュームのある店内となっております。

 

 
ぜひチェックしにいらしてくださいね。
 
皆さまのご来店をお待ちしています!
 

冬物アウター在庫状況!

こんにちは、名古屋店の梅津です!

 

11月!

 

という事で、こちらの使用期限が迫っております。

11/30まで。。。と言っても週末の回数で考えると、チャンスはあと4回!

 

使わないともったいないので、ぜひお早めにご来店下さいね。

 

 

 

さて、ここ数日で一気に冬の空気になったので、暖かいアウターをご検討中の方も多いと思います。

 

そこで本日は、特に在庫が残りわずかのアウターの在庫状況をお知らせ致します。

 

N-1 Leather Combination Jacket.

 

コットンオレンジフェイス生地を使用した、カーキ色のN-1。

 

レオパード柄のアクリルライナー付きで防寒性、抜群。

 

今年も動きが早いです!

 

36(S)サイズーーー残り2着。

38(M)サイズーーー完売!

40(L)サイズーーー完売!

 

(↑数字はDry Bones 全店舗トータルの残数です。

店舗間のお取り寄せは可能ですので、お近くの直営店舗にご連絡下さい。)

 

N-1 Leather Combination Jacket.

 

ウールのメルトン生地を使用した、ブラック色のN-1。

 

こちらも防寒性トップクラス。

 

フロントにはジッパー、袖内側のリブと防風性も高く、バイカーの方にもおすすめ。

 

36(S)サイズーーーラスト1着!

38(M)サイズーーー残り3着。

40(L)サイズーーー残り4着。

 

Cowichan Sweater“PIRATES”.

 

海賊柄カウチンのブラック色。

 

1950sのヴィンテージを基にしたデザインがインパクト抜群!

 

36(S)サイズーーー完売!

38(M)サイズーーーラスト1着!

40(L)サイズーーーラスト1着!

 

(こちらは少量ではありますが追加生産中ですので、各サイズご予約が可能。

詳細はお近くの直営店舗へお問い合わせ下さい。)

 

Jacquard Sweater “KEYBOARD”.

 

こちらも1950sのヴィンテージを基にした音符柄。

 

保温性が高く、冬場のインナーに大活躍します。

 

こちらは3色あるのですが、全色共に僅少です。

 

【BLUE】

36(S)サイズーーー残り2着。

38(M)サイズーーーラスト1着!

40(L)サイズーーーラスト1着!

 

【WINE】

36(S)サイズーーー残り4着。

38(M)サイズーーー残り3着。

40(L)サイズーーー完売!

 

【BLACK】

36(S)サイズーーー完売!

38(M)サイズーーーラスト1着!

40(L)サイズーーー完売!

 

Splash Tweed Car Coat.

 

暖かみのあるざっくりとしたツィード生地を使用したカーコート。

 

キルティングのライナー付きで、見た目に負けない暖かさです!

 

36(S)サイズーーー残り2着。

38(M)サイズーーー残り2着。

40(L)サイズーーー完売!

 

2tone Sport Jacket.

 

1930〜40s頃のヴィンテージを基にしたスポーツジャケット。

 

フロントの赤が冬場のコーディネイトに映えます。

 

36(S)サイズーーー残り2着。

38(M)サイズーーーラスト1着!

40(L)サイズーーー完売!

 

 

今日は上記の6アイテムの在庫状況をピックアップしてご紹介しましたが、

 

この他のアウターも、そこまで大差なく在庫が減ってきています。

 

お目当てアウターのマイサイズが売り切れる前に、お早めの防寒対策を!

 

明日からの3連休、ご来店お待ちしております!

ベレー帽

 

こんにちは、牧野です。

今日は先日入荷した

Wool Felt beret

についてあれこれ書きます。

 

全4色展開。

左からクリーム、パープル、ワイン、ブラック。

 

 

 

 

 

素材はウールフェルトになります。

フェルトは当社のフェドラハットと同素材。

ハットの場合、型を付ける際に糊漬けを行いますが

こちらは一切しないのでハットほどの硬さは全くありません。

ですがしっかりとした印象を受けると思います。

それはよく見かけるベレーは編地になり、こちらはウール素材を圧縮したものになります。

根本的に違います。

なのでカチッとした質感は高級感が出て、

メンズ、特に古臭い雰囲気には相性が良いと思います。

 

 

 

 

直径は個体差がありますが約26cm。

ちなみに夏に作ったサマーベレーは28cmになります。

素材の厚さを考慮し、少し小ぶりで作りました。

アーミーベレーとほぼ同サイズです。

 

 

 

 

被り口の内側には平ゴムを仕込ませ、サイズ調整ができるようになってます。

一応、61cmくらいまでのサイズを対応基準に考えましたが…

ちょっと被り初めはきつく感じるかもしれません。

なので最初に伸ばしましょう!

内側2箇所持ってグイグイと。

そうするとフェルトもゴムも伸びてきて良い被り具合になります。

 

 

 

 

さて、実際に被ってみましょう!

 

まず被り方を。

 

 

 

 

 

そのまま被るとこんな感じになりますw

ふっくらと膨らんでますw

 

もう少しベレー感を出したいので…..

 

被り口のステッチ部分を内側に入れ込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この入れ込みの度合いはそれぞれの好みでどうぞ。

 

自分は左耳あたりを内側に入れ…..

 

こんな感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、左右前、三方向入れて、後頭部のみ残すと、

 

 

 

 

 

 

こんな感じになります。

これもまた良いですよね。

 

 

 

さて、他の色はと言うと…..?

 

 

まずはブラック。

 

 

 

 

 

10’s Jockey Jacket

などウール テーラードジャケットとは間違いなく合いますね。

こちらは特に説明不要で何にでも相性良し。

 

 

続いてこちら。

 

 

 

 

 

 

パープル。

 

これは良い色!!

おすすめです。

パープルでもダークトーンなのでこちらも合わせやすい色ですね。

せっかく良い色なので、色彩で遊びたいですね。なので、

Mohair Leopard Cardigan

など、柄物との相性 ◎

 

 

 

最後はちょっと難易度高めに見える

 

クリーム。

 

 

 

 

 

アーミー系でまとめると良さそうですよね。

Shawl Collar Duffle Jacket は特に同系色でまとまります。

13 Star Pea coat 

また、軍モノではないですが

Mohair Cardigan MONDRIAN

も良いと思います。

 

 

 

こんな感じでどうでしょうか、

ぜひ店頭で試してみてください。

 

 

 

最後にこちらを告知。

 

 

 

今週、原宿でこちらに出店します。

 

会場には店頭商品他、サンプル品、ヴィンテージ等々を持って行きます。

 

店番は私、牧野とタツミ、往年のゴールデンコンビですwww

そして酒丸氏も登場予定です。

ヴィンテージは酒丸氏のトークを含めると破格のご提供になるんじゃないでしょうか?!

 

早めにこちらへ来て、帰りに東京店に立ち寄ってください。

この2日間はこの順路で決まり!

 

 

それではよろしくお願いします。

 

 

1 2 3 4 171