Brand new partners …and New item

こんばんは、マッキー極細です。

今日はここ最近お付き合いが始まりました、
2件のショップのご紹介をまずさせて頂きます。

the WILD ONE
431-0203
静岡県浜松市西区馬郡町2146-1
053-489-9737
makino00-1.jpgのサムネイル画像

GOODY GOODY
030-0801
青森県青森市新町1-14-14
0177-76-4057
makino00-2.jpg

どちらのショップもいろいろなご縁が重なってスタートする事ができました。
もはや必然性を感じさせます。
今後ともどうぞ末永くお付き合いお願いします。




続いては、新作の紹介をさせて頂きます。
と言っても先週くらいよりこちらのブログにも
出ましたこちら、
makino01.jpgmakino02.jpg

DJ-660 Award Jacket
になります。
改めて企画側からの提案を少しだけ。

こちらのスパニッシュカラーのスタジャン、
Dry Bonesでリリースするのは実は3回目になります。
かれこれ20年程前に酒丸氏によってヴィンテージを基に作成したのがはじまり。
さらに年月を経て3年くらい前にリバイバルを果たすが
欲しい方の手にはすべて渡らず完売になったのを憶えています。
まだ記憶に残っている方もいるのでは?
、、そんな経緯があり今年リニューアルして復活を遂げました。
50年代にアメリカの大学生らで流行り、90年代にまた作る事で広まり、
さらに現代でも引き継がれる、、
根本的なディテールは変わらぬものの、
その時代でアップデートされることは色々あります。
今回このスタジャンは、着てくれるオーナー次第で
いろいろと遊んでもらえるようシンプルにしました。
グランドの色味で遊んで、リブの配色や切り替えをせずに
落ち着いた表情にしてます。
makino05.jpgmakino06.jpg

makino04.jpg
そのぶん、遊ぶ=カスタムして楽しんでもらえれば、
より愛着が湧くのではないでしょうか?
若かりし頃、革ジャンに鋲を打ちまくった、そんな感覚でしょうか笑?
久々にやるとハマります!
自分もさっそく、、
makino07.jpg
やっちゃいました。
しかも、デザインは、
L/S Work Shirt “THE BASTARDS”
から拝借し、勝手に別なユニホームでチーム参加 笑!
makino09.jpg
いかがでしたでしょうか?
このアイテムに限らず、ぜひやってみて下さい。
それでは。

Leave a Reply