Border Argyle Skipper Sweater.

こんばんは。名古屋店KARINです。

 

 

本日は、入荷したばかりの

Border Argyle Skipper Sweater

をご紹介したいと思います。

 

薄手のセーターは秋口から取り入れられるので便利ですよ。

1950年代にアメリカで大流行した柄の一つ、アーガイル柄のセーターなのですが、こちらのボーダーアーガイルは当時のヴィンテージの中でも人気が高くコレクターアイテムとなっている柄です。

 

ポロ襟付きのスキッパータイプでアーガイル柄をボーダーに配置しクラシックなデザインとなっています。

 

 

 

色はBlackGrayの2色

 

 

サイズは

36(S), 38(M), 40(L)

とご用意しています。

 

 

 

 

 

 

ここからは

 

Border Argyle Skipper Sweater

 

を使用した各店スタッフのコーディネートをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡店の若杉さんはグレイのセーター、50’sなネップトラウザースとの組み合わせ。

パンツ:Wool Nep Two Tack Trousers

 

 

 

 

福岡店の植田さんはブラックのセーターにハットとデニムを組み合わせてます。

 

帽子:Wool Fedora Hat

サングラス:Sunglasses (With Soft Case )

 

 

 

 

 

 

大阪店 吹田さんはグレーのセーターにキャスケットを組み合わせています。

 

帽子:Chambray Casquette

 

 

 

 

 

 

 

東京店 矢野さんはサスペンダーのスタイルです。

 

帽子:Bowler Felt Hat

パンツ:10’s Jockey Trousers

サスペンダー:2Way Type Stripe Suspenders

 

 

 

 

 

Wool 50%, Acrylic 50%なのでウールの保温性や吸湿速乾性に加え、アクリルの滑らかな肌触りと発色性、耐久性を兼ね備えています。

 

ここからグッと寒くなって来るので薄手のセーターは1枚あるととても重宝しますよ。

 

まだまだこれから厚手のニットやアウターの入荷予定有りますので、チェック宜しくお願いします☆

 

それでは、またお会いしましょう!

 

 

Leave a Reply