Black Suit

こんにちは。
福岡店のワカスギです。
最近時間があれば、年末に酒丸代表からお借りしていた大量のDVDを片っ端から観ています。
もちろん洋服屋なので、厳選されたDVDはファッションがキーワード。
色々と観た中でも古い映画はなかなか観る機会がないので楽しく勉強しています。
特にスーツの着こなしは、現代と違い昔の方が華やかな印象があります。
そのお借りした中にあったミュージカル仕立ての映画『The Band Wagon』。
ん?当社で出版している本も『BANDWAGON』…
何か強い繋がりを感じますね。
人気のCORE MEDIA『BANDWAGON』は、こちらから購入できます↓

 
 
 

話は戻り、
映画『The Band Wagon』では、スーツの着こなしに色々と発見がありました。
その事も含め少しご紹介します。
先ず感動したのが、くねくねと動く女性の骨。
なんとカフェの看板。
一瞬、Dry Bones Cafe !?と思ってしまいました。(笑)
多分ギャング設定のスタイリング。
インナーは全てパステルカラーのシャツ。
床や背景はベビーピンクで統一。
中央の俳優が着ているのはナッソージャケット。
多分インナーはシャツを着ず、首元にスカーフ。
このラフでリゾート感がある洒落たスタイリングが当時っぽくていいですね。
 
こちらはドライボーズのナッソージャケット。
昨年、NHK 朝ドラ「ひよっこ」の主題歌、『若い広場』のPVで 桑田佳祐さんがこのナッソージャケットを着て話題になりましたね。
 
残り僅かですので気になる方はお早めに!
この様に、色々とドライボーンズとリンクした映画でした。
こちらも気になる方は、是非チェックしてみて下さいね。

 
 
 
 
 
 

さて、
ここからが本題です。
昨年の暮れに入荷したシンプルなスリーピースのブラックスーツをご紹介します。