Big Pocket Denim Pullover Shirt & Military Anorak

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
本日は、春に活躍するデニム素材を使用したアウターをご紹介します。
 

 
まずは、左着用の
 

 
Big Pocket Denim Pullover Shirt
http://www.dry-bones.com/product/big-pocket-denim-pullover-shirt
1940年代製、US.ARMYのデザインをもとにしたデニムカバーオールです。
素材には、10ozのデニム地を使用。
 

 
商品名にもある左右の大きなポケットは、収納力に優れ、たくさんの物を入れることが
可能でとても便利です。
 

 
プルオーバーシャツを基に作製しており、シャツ感覚で上から被るように
着用します。春夏のアウターとしては勿論、レイヤード次第で
長いシーズン着用して頂けます。

 

次に、右着用の
 

 
Military Anorak
http://www.dry-bones.com/product/military-anorak-2
ヴィンテージのアノラックパーカーを基に作製。
ライトオンスのデニム地に生成りのステッチワークでシンプルなデザインです。
 

 

 
元々、登山の際の防寒服として作られた物で、三重構造になった襟元はボタンを上まで閉めることで
防寒性を高めてくれます。
 

右ポケットには、物が落ちないようにフラップ付きのポケットが施されており
スマートフォンやタバコなどの小物が、スッポリと収まるのでとても便利です。
 
どちらの商品も、着用を重ねるたびに柔らかくなり身体に馴染み、色落ちやパッカリング等、経年変化が楽しめます。
ミリタリーパンツとの相性も良く、チノパンを合わせたワークスタイルにもオススメです。
 
店頭では、週末の3連休に合わせ春物新作が入荷しておりますので
是非チェックしてみて下さいね。
 
 
それでは、明日からの3連休皆様のご来店お待ちしております。

大人気!Set-up style

こんにちは、福岡店のワカスギです。
今日は大人気のセットアップ(同じ生地で制作したジャケットとパンツ)商品をご紹介します。

 

先ずは、
12oz Denim Service Jacket & 12oz Denim Work Trousers

DJ-1043 12oz Denim Service Jacket
1920年代のヴィンテージワークジャケットを基にデザイン。
デニムを使用しており、古臭い雰囲気に仕上がっています。
裏地のない一重タイプのジャケットの為、羽織物として長いシーズン愛用していただけます。
ワークアイテムながらもラペルの付いたタイプで、タイドアップしたキレイめなスタイルとも好相性です。
 

DP-760 12oz Denim Work Trousers

1920年代のトラウザーズをイメージしたクラシカルなワークトラウザーズです。
ゆったりとしたワタリに緩くテーパードのかかったシルエットが特徴です。
クリースラインが入っている事で、正面から見るとスッキリとした上品な見た目になっています。
 
 
 
 
2品目は上で紹介したDenim Service Jacket & Work Trousersと同じ型で制作。
こちらはBrown denimを使用しています。

DJ-1044 Brown denim Service Jacket
1920年代のヴィンテージワークジャケットを基にデザイン。
デニムを使用しており、古臭い雰囲気に仕上がっています。
裏地のない一重タイプのジャケットの為、羽織物として長いシーズン愛用していただけます。
ワークアイテムながらもラペルの付いたタイプで、タイドアップしたキレイめなスタイルとも好相性です。

 

DP-759 Browndenim Work Trousers
1920年代のトラウザーズをイメージしたクラシカルなワークトラウザーズです。
ゆったりとしたワタリに緩くテーパードのかかったシルエットが特徴です。
クリースラインが入っている事で、正面から見るとスッキリとした上品な見た目になっています。
こちらはブラウンデニムを使用している為、
ブルーデニムとは一味違ったコーディネイトが楽しめるのではないでしょうか。

 
 
 
 
3品目は、Equestrian Jacket & High Back Work Trousers

DJ-1041 Equestrian Jacket

1920〜30年代頃のヴィンテージジャケットを基にデザイン。
品名の「Equestrian」とは「乗馬者」を指し、当時馬に乗る際に着用していたものを再現しました。
ストラップの付いたラペルが特徴的で、やや広めのラペル幅もクラシカルな雰囲気を演出します。
生地はコットン100%のシャンブレー生地を使用。
適度なハリがあり、しなやかな着心地が魅力です。
また、年間通しての着用可能も嬉しいですね。

 

DP-734 High Back Work Trousers

http://www.dry-bones.com/product/high-back-work-trousers

1900年代初頭のアメリカ中西部をイメージして作成したワークトラウザーズ。
ウエストの前後に高低差をつけたハイバック仕様がクラシカルな雰囲気です。
サスペンダーで吊る事で、上から下に流れる様な美しいドレープラインが出て、スタイルをより良く見せてくれます。

 
 
 
 

最後は、以前のブログでもご紹介した、
2nd Type Pique Jacket & Pique Tapered Jeans
DJ-1042 2nd Type Pique Jacket
http://www.dry-bones.com/product/2nd-type-pique-jacket
1950年代のセカンドタイプのヴィンテージデニムジャケットを基に製作しました。
生地はコットン100%のピケを使用。
コシのある丈夫な生地は、着込む程に柔らかく馴染み、デイリーユースとして重宝します。
デニム素材のジーンズと相性が良く、普段のカジュアルスタイルに活躍する一着です。

 

DP-758 Pique Tapered Jeans
http://www.dry-bones.com/product/pique-tapered-jeans
細身でスタイリッシュなシルエットのスリムパンツです。
ファッションスタイル問わずコーディネートが出来る便利な1本です。
生地は、ジャケット同様にコットン100%のピケ生地を使用。
穿き込むうちに身体に馴染み、しなやかな履き心地へと変化していきます。
落ち着いたカラー展開ですので、柄物のジャケットやシャツ等との相性が良く、
年間を通してコーディネイトに取り入れることができます。
 
 
 

いかがでしたでしょうか。
カジュアルに着れるセットアップは、様々なシーンで活躍します。
人気商品ですので、気になる方はお早めに!

春物続々と入荷中!

こんにちは、福岡店のワカスギです。
先週に引き続き今週も春物の入荷が続いております。
 
今日ご紹介するのはこちら。

2nd Type Pique Jacket & Pique Tapered Jeans
同じ生地を使用して制作している為、セットアップでコーディネイトが楽しめます。

それではジャケットからご紹介していきます。

DJ-1042 2nd Type Pique Jacket

1950年代のセカンドタイプのヴィンテージデニムジャケットを基に製作しました。

生地はコットン100%のピケを使用。
コシのある丈夫な生地は、着込む程に柔らかく馴染み、デイリーユースとして重宝します。
デニム素材のジーンズと相性が良く、普段のカジュアルスタイルに活躍する一着です。

 
 
 
 

次はパンツ。

DP-758 Pique Tapered Jeans
細身でスタイリッシュなシルエットのスリムパンツです。
ファッションスタイル問わずコーディネートが出来る便利な1本です。
生地は、ジャケット同様にコットン100%のピケ生地を使用。
穿き込むうちに身体に馴染み、しなやかな履き心地へと変化していきます。
落ち着いたカラー展開ですので、柄物のジャケットやシャツ等との相性が良く、年間を通してコーディネイトに取り入れることができます。

 
 
 
 

次はこちらは。

DP-761 Double Knee Painter Pants
デニム生地を使用したダブルニーのペインターパンツです。
ワークウェアらしいゆったりとしたシルエット、深めの股上が特徴的です。
フロントにはニーパッドを付けて膝をついての作業にも耐えうる作りにしているので、バイク乗りの方やガレージでの作業にもおすすめです。


また、パッド上部はポケットになっており、工具などのとっさの収納に便利です。

腰部分には大きなバックストラップが付き、ウエストのフィット感を調節出来るだけでなくクラシカルな背面を演出してくれます。
また、サスペンダーボタンとベルトループの両方を装備しているので、合わせるアイテムやその日の気分で使い分けができます。
エンジニアブーツなどを合わせたバイカーテイストなスタイリングはもちろん、ワークスタイルにもおすすめです。
 
 
この他にも春物が数多く入荷しております。
どしどし試着をしにご来店下さいね。

 
 

Brass Horse Shoe Bracelet & Brass Bit Bracelet

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
1月も残すところ、あと1週間となりました。
ついこの間まで正月の気分でしたが、1日がとても早く感じますね。
明日からの週末はとても冷え込むようなので、体調管理には気をつけてくださいね。
 
店頭では春物新作が続々と入荷しており、連日ブログでご紹介しておりますが
今回は、季節を問わず身につけられるブレスレットを2点ご紹介致します。
 
はじめに、
 

 
Brass Horse Shoe Bracelet
http://www.dry-bones.com/product/brass-horse-shoe-bracelet
ホースシュー(蹄鉄)を型取ったパーツを繋げた遊び心のあるブレスレットです。
燻し加工を施したブラスを使用している為、最初からヴィンテージのような味のある風合いが楽しめます。
 

 
こちらが拡大した写真です。
古くからホースシューは魔除けとして扉にぶら下げる文化圏もあり、多くの国で幸運のお守り(ラッキーチャーム)
として捉えられています。
 

 
着用画像です。
ゲン担ぎのアイテムとして身につけてみるのもいいですね!
 
次に、
 

 
Brass Bit Bracelet
http://www.dry-bones.com/product/brass-bit-bracelet
馬具の一種である「ハミ」をモチーフとした遊び心のあるブレスレッド。
 

 

 
ハミとは?と思う方も多いと思いまずが、馬が口で咥えている部分のパーツことです。
 

 
拡大写真です。
なかなか、他で見かけないデザインで面白いですね。
人と被りたくない方にオススメです。
 

 
着用画像です。
 
どちらのブレスレッドも、使い込んでいくことによって自分だけの経年変化を楽しむことが出来ます。
また、敢えて酸化させる事でより一層ヴィンテージの様な風合いを出せる事も魅力的なアイテムです。
 

 
今回ご紹介した他にも、革を使用したブレスレッドやリストバンドなど豊富に取り揃えております。
是非、店頭でチェックしてみて下さい。
 
 
それでは、この辺で。

Wool Fedora Hat

こんにちは。
福岡店のワカスギです。
成人の日を終え、正月行事も一段落ですね。
この度、成人式を迎えるにあたりDry Bonesでスーツを新調くださった皆様、ご成人おめでとうございます。
これからの人生が、幸多き日々でありますよう、心よりお祈りいたします。
 
 

さて、本日は様々なスタイリングに合わせることができる万能ハットをご紹介致します。

DCH-453 Wool Fedora Hat (写真はチャコールカラー)
羊毛を固めたウールフェルトハットです。

程よい固さとしなやかさを併せ持ち、保温性もあるので冬場には防寒にも役立つアイテムです。
ブリム幅は6cm、リボン幅を4cmとすることで、フェイスラインをすっきりと見せてくれる効果があります。

ブリムの端は折り返さずに切りベリになっているので、ブリムの形を変えやすいのが嬉しいポイントです。
お好みでフロント部分を下げるのも良いですね。

上から見た写真。
ティアドロップタイプで、被った際に安定感があります。

内側はベージュのコットンサテン地の総生地張りで、手の込んだ作りになっています。

被り口にはDry Bonesの刻印が入ったレザーのスベリを使用。
高級感があり、被っていくうちに頭の形に馴染み、フィットしていきます。

 
 
 
 

ここからは、他の2色をご紹介。

こちらはキャメル。

ヴィンテージのような古臭い雰囲気がいいですね。
暖色系のアイテムとも好相性です。
 
 
そして、

こちらはブラック。

グラックはとても合わせやすく、ハット初心者の方にもオススメです。

 

こちらのフェドラハットは、様々なスタイリングに気兼ねなく合わせる事ができるハットです。

 

カジュアルからスーツスタイルまで相性が良く、幅広いシーンで活躍します。

 

お持ちでない方は、是非店頭でチェックして下さいね。

1st Type Pleats Jacket & 2nd Type Denim Jacket

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
 
2019年明けましておめでとうございます。
本年度もDry Bonesをよろしくお願い致します。
 
 

 
最近、店頭でデニムジャケットを手に取られる方を多く見受けられます。
本日は、着用している1stタイプと2ndタイプをご紹介致します。

 

まずは、左側着用の
 

 
1st Type Pleats Jacket
http://www.dry-bones.com/product/1st-type-pleats-jacket
1920年代〜1950年代に製作された1stタイプのジャケットを基に製作。
こちらは1920年代のディテールで製作しています。生地は13.5ozデニムを使用。
 

 

 

 
前身頃のプリーツや背面の尾錠、片ポケット仕様など当時のディテールを踏襲。
また、負荷の掛かる尾錠やフロントポケットはリベットで補強し、 頑丈であるとともに
昔ながらの古臭い雰囲気も楽しめます。
 

 

真鍮製の尾錠は、見た目のアクセントだけでなく絞ったり緩めたりする事で腰回りのサイズ調整が可能です。
 

 
こちらが、自分が半年着用した1stタイプになります。
徐々にですが、襟や袖・裾部分にアタリが出来て、風合いが出てきました。
このように、着込む程に柔らかく馴染み、ヴィンテージさながらの色落ちも楽しむ事が出来ます。
 
次に、右側着用の
 

 
2nd Type Denim Jacket
http://www.dry-bones.com/product/2nd-type-denim-jacket
1950年代に登場したセカンドタイプのヴィンテージ・デニムジャケットを基に作製。
生地は13.5ozデニムを使用。
 

 
ヴィンテージよりも着丈を少し長くし、立体的にシェイプしたシルエットとなっています。
これにより着用時に腰部分の落ち着きが良くなり、インナーのシャツやTシャツをタックアウトしても気になりません。
 
アームホールも当時の物より細くしており、袖山を高くする事で

肩のラインが綺麗に出る様に計算されています。
 

 
また、エルビス・プレスリーが愛用した事により、
当時のファッションにも大きな影響を与えました。
 
どちらの商品も、通年着用が可能でコーディネートの幅を広げてくれる万能なアイテムです。
是非、1年の始まりにデニムジャケットを新調し育ててみるのもいいですね!
 
 
それではまたお会いしましょう!

Solid Award Jacket 

 

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
今年も残すところ、後6日となりました。
年末は、年に1度の大寒波が予測されてますのでくれぐれも体調管理にはお気をつけ下さい。
 
本日はSolid Award Jacketを紹介します。

 


 
Solid Award Jacket
http://www.dry-bones.com/product/solid-award-jacket
1940〜50年代のヴィンテージを基に製作したアワードジャケットです。
元々、野球などのスポーツ選手が着ていた物をアワードジャケットと呼び、日本ではスタジャンの名
で親しまれています。

 


 
生地にはソリッドブラックのウール地を使用。
肌触りが滑らかでとても着心地がいいです。
 

 
裏地は中綿入りのキルティング仕様になっているので、袖の通りも良く、表地と相まり防寒性
も高くなっています。

 

 

 

襟・袖・裾のリブ部分には、ハンドステッチ調のラインが入っておりリアクセントになっています。
 

 
写真のように、ワッペンを付けることも出来、自分だけのオリジナルに仕上げる事も出来ます。
 
シンプルなアウターなので、幅広いコーディネイトが楽しめるのでとてもオススメです。
 
寒くなるにつれて、店頭のアウターの在庫がかなり減ってきております。
気になる方は、是非店頭でチェックして下さいね!
 
 
それでは、本日はこの辺で。

在庫僅少のお知らせ。

こんにちは、福岡店のワカスギです。

12月も半ば折り返し、店頭では売り切れ商品が続出しております。
まだ冬物をご検討中の方は必見です!
あの時、買っとけばよかったぁ。。。と後悔しないように、
今日は在庫僅少( 残り5着未満 )のアイテムをご紹介したいと思います。
 
 
 
先ずはこちらから。

DJ-1032 Plaid Car Coat
冬の50’sスタイルに欠かせない一着。
今年のカーコートは、チェック柄生地を使用しており、
落ち着いた配色ながら存在感のある一着に仕上がっています。

ウールを基調とした混紡素材で、柔らかな質感が特徴です。
着心地もとても軽やかで、着用していても動きやすいのがいいですね。

裏地はキルティングを施し、防寒性にも優れています。

カジュアルなスタイリングに相性がよく、コーディネイトも簡単です。
写真はコーデュロイのオーバーオールと合わせています。

 

こちらのジャケットは、
両色とも36,38サイズが残り僅かとなりました。
 
 
 
 
次はこちら。

DJ-1031 Herringbone Sport Jacket
生地にはウールヘリンボーン生地を使用。
柔らかな手触りと温かみのある生地感が魅力です。
前身頃には手を暖めるハンドウォームポケットを配置。

背中のサニングデール仕様が目を惹きます。

写真のようにジーンズとのコーディネイトは勿論、
トラウザーズとも相性が良く、幅広く合わせることができます。
また、薄手のアウターの上に羽織りコート的な着方もできます。

 

こちらのジャケットは、
36サイズ完売、38,40,42サイズは残り僅かとなりました。

 
 
 

最後はこちら。

DJ-1028 Tankers Jacket
映画「タクシー・ドライバー」で、デ・ニーロ扮するトラヴィス着用でお馴染み、
タンカースジャケット・タクシードライバーバージョンです。

タンカースジャケットはタンク(戦車)内で戦車兵に着用されるジャケットとして開発された防寒服で、
狭い機内での動きやすさに拘ったデザインはとてもシンプルで機能的です。

胸と袖にはタクシードライバーのトラヴィスが着用していたワッペンをイメージし配置。

コットンツイルを表地に使い裏地にはウールブランケットを使用し保温性も抜群です。

こちらはブラック色を着用。
チノパンやジーンズにとても相性の良いジャケットです。
インナーにはネルシャツを合わせいます。
これぞ定番のアメカジといった感じですね。

 

こちらのジャケットは、
カーキ/ 36,38サイズ完売、40,42サイズは残り僅かとなりました。
ブラック/ 36,38,40,42サイズとも残り僅かとなりました。
 
 

検討中のアイテムがあれば、急いで直営店へ!

 
 
 
 

最後に、
直営店ではオリジナルのクリスマスラッピングも承っております。

是非プレゼントにご利用下さいませ。

Half Zip Snow Pattern Sweat Shirt & 2Tone Sweat Parka

こんにちは。
福岡店の植田です。

12月も半分が過ぎようとしております。ここ最近では全国的に気温が下がり、北海道では−25℃を記録したそうです。
福岡も10℃を下回るようになり、お店にアウターやセーターを求め来店される方が増えてきています。

今回、アウターのインナーとして活躍するスウェットを2型ご紹介します。

まずは、左着用のHalf Zip Snow Pattern Sweat Shirtです。

http://www.dry-bones.com/product/half-zip-snow-patteat-sweat-shirt

1950年代のヴィンテージを基にした、ハーフジップタイプのスウェットシャツ。
生地にはコットン100%を使用。肌触りがとても柔らかく、伸縮性にも富むため動きやすく快適な着心地が特徴です。

胸部分に当時流行した”Snow Pattern”(雪柄)をプリントし、配色で切り替えたデザインが目を惹きます。

裏地には裏起毛素材を使用。起毛させることで、肌当たりが良くさらに保温性を高めてくれます。

こちらが、WINEとBLACKになります。
ご自宅でも簡単にお手入れが出来、デイリーユースで活躍してくれます。

次に右着用の2Tone Sweat Parka

http://www.dry-bones.com/product/2tone-sweat-parka

1950~60年代にあったヴィンテージのスウェットパーカーを基にデザイン。

こちらも、Half Zip Snow Pattern Sweat Shirtと同じ、生地にはコットン100%の裏起毛素材を使用しております。

1950年代当時、スウェットアイテムを多く取り扱うブランドがあり、その中でも 2トーンのパーカーはそのブランドの代名詞

とも言えるくらい人気があります。
ですが、現在は市場に出回ることが少なく、とてもレアなアイテムとして扱われています。

こちらが、GRAYとBLACKです。
ドライボーンズらしい配色で再現。新品ながらヴィンテージの雰囲気を楽しめる1着になっています。

これからの時期に、アウターのインナーに取り入れてみてはいかがでしょうか。

今週末も各店に新作が入荷しますので、是非店頭でチェックしてみて下さいね!それでは、本日もご来店お待ちしております。

Drapers Suit & New Arrivals

こんにちは。
福岡店のワカスギです。
本日ご紹介するのは、Drapers Suit。

1930年代のヴィンテージを基に製作。
ネップの入った表情豊かな生地は、糸からオリジナルで製作。
こちらのスーツの嬉しいポイントは、自分のサイズを選べるところ。
実はジャケット、ベスト、トラウザーズを別々に販売しています。
『ちょっとお腹部分が大きくなったので、パンツが入るかなぁ…』
といった心配がないのです。
そういった場合は、パンツのサイズを1サイズ大きめで選ぶ事ができます。
また、単品としてもコーディネイトに取り入れやすい為、幅広く様々なシーンで活躍します。

 

それでは1アイテムずつご紹介していきます。

 

先ずはジャケット。

Drapers Jacket
Size : 36, 38, 40, 42
トラディショナルな3つボタンタイプ。
腰部分にはチェンジポケットがつきます。
アンコン仕立で、とても柔らかな着心地です。

袖口は本切羽に額縁仕上げを施し、オーダーメイドのような美しい仕上がり。

 

次はベスト。

DV-094 Drapers Vest

こちらはクラシックな雰囲気のオッドベストで製作。

背後ウエスト部分に付けられた真鍮の尾錠によって細かなサイズ調整が出来る為、
理想のシルエット、フィット感を作り出す事ができます。

 

次はトラウザーズ。

DP-749 Drapers High-back 2Tack Trousers
こちらは1920年代のトラウザーズを基にデザイン。

一部ではオックスフォードバッグスと呼ばれており、

当時イギリスのオックスフォード大学の学生達の間で流行しました。
その後アメリカに渡り、流行は学生の間だけではなくスーツのスラックスにも
この型が取り入れられていきました。

太い裾幅やワタリ、深い股上が特徴的で、
ベルトループやアジャストタブが一切付いていないクラシックなデザインです。
ウエストの前後に大きく高低差をつけたハイバック仕様なので、
サスペンダーで吊って穿くようになっています。
サスペンダーで吊る事で、上から下に流れる様な美しいドレープラインが出て、
スタイルをより良く見せてくれます。

サイズに寄って、売り切れ、また残り僅かなものもでてきました。

気になる方は急いで直営店へご来店下さいね。

 

そして、新入荷もありました。


DWM-119 Snake 2Tone Biker Wallet
※オンラインショップには近日中に掲載予定

牛革にダイヤ型の本蛇革を施したバイカーウォレット。
蛇革は古来より縁起担ぎの象徴として愛され、お守りとして持ち歩くとお金回りが良くなると言い伝えがあります。
使い込むほど紫外線や皮脂により徐々に飴色がかった表情になり、 その風合いを楽しむ事ができます。

内側には上質な牛革を使用した証「GENUINE LEATHER(本革)」「MADE IN JAPAN」の文字が刻印され、
Dry Bonesの素材と縫製に対するこだわりの証が刻まれます。
使い込む程に増す、本革ならではの風合いをお楽しみいただけます。
札入れ、小銭入れ、カード入れの内側部分には、
滑りの良い合成皮革を張り合わせている為、お金の出し入れがし易い作りになっています。
ジッパーのエンド部分にはウォレットチェーンやウォレットコード等が付けられるリングが付いており、
お好みやお持ちの物に合わせて装着が可能です。

 

そして、こちら。

PLS-001 STAR LIGHT BULB

※オンラインショップには近日中に掲載予定

50sが好きな方にはお馴染み、Sputnik Ceiling Lampの電球です。
ご自宅でご利用の方も多いと思います。
電球が切れた時の替え球として持っておくのもいいですね。

 

最後に

 

残り3日となってしまった大好評のイベント。

酒丸生誕祭は今週の12/2(日)まで開催!

この機会をお見逃しなく!

1 2 3 4 26