今週の御洒落者 from 大阪店

こんにちは。
大阪店のマトンです。
皆さま、いかがお過しでしょうか。

本日は木曜日恒例の「御洒落者」を大阪店よりご紹介致します。

まずはこの方、Iさま。
大阪店名物のタヌキの置物とパシャリ。
素晴らしい一枚になりました。
Iさま、春物がぼちぼち入荷していますので、ぜひ遊びにいらして下さい。
maton1-13-1-17.JPG

続いてのお客さまは後ろ姿も格好いいNさま。
Nさまに教えていただいた本をマトンは読書中です。
確かに「美味しい」本で、マトンは味わい深い時間を過ごしています。
またお話させて下さい。
maton2-13-1-17.JPG

三人目のお客様はミュベラーのYさま。
いつもお買い物ありがとうございます。
着こなしの配色が冬らしくて、勉強になります。
Yさま、また大阪店にブラリお立ち寄り下さい。
maton3-13-1-17.JPG

続いてのお客様はSさま。
完売したN-1ジャケットをお召しになって
ご満悦なところをパシャリ。
アメカジ調の着こなしでばっちりキメられています。
maton4-13-1-17.JPG

トリを飾っていただくお客様はMさま。
トラッドな着こなしがステキです。
Mさまが気にされているジャケットがマトンとともに
Mさまをお待ちしておりますので、ぜひまたいらしてください。
maton5-13-1-17.JPG

ここでマトン一押しの洋服をご紹介。
コチラ。

maton6-13-1-17.gifmaton7-13-1-17.gif
DS-1965 L/S Animal Print B.D. Shirt 税込¥12,390

ゾウやライオン、トンボなど色々な生き物がボタンダウンシャツの中で
共存しているという驚きのボタンダウンシャツです。
以前のブログで申し上げたように
マトンは動物や昆虫、植物の生態を面白いと思っている人間で、
そっち系の博物館に行くと童心に返ったままで、
一日経つと現実世界にようやく戻れます。
そんな方(!?)に特におすすめです。

それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な午後を。

今年もありがとうございました。

こんにちは。
大阪店のマトンです。


とにかく早いもので、今年もあと残すところ一日となりました。
しわすとはよく言ったものです。
のんびりと過ごしていたつもりが、まさに「つもり」という意味において、
せかせか急いでいる日々を送ってしまう日々。


冬休みに入った方も多いのではないのでしょうか。
この時間を寝て過ごすのは贅沢そのものですが(なんせマトンは昼寝好き)、
せっかくだから映画三昧という時間も悪くないはずです。
「なにか良い映画ないかなあ」という方におすすめの映画がコチラ。


まずは「俺たちに明日はない」。
maton10-2012-12-29.jpeg
1930年代の大恐慌時代に起きた強盗たちの実話をもとに描かれた映画です。
追われる側の心理描写が巧みで、見入ってしまいます。
この映画もまたお洒落なんですよね。
ダブルのジャケットの着こなしからパンツの着丈まで参考になるものばかり。


さて、この流れにのってマトンが一押しさせて頂く洋服がコチラ。
エンド・オブ・ザ・デイのツイードジャケットです。


maton1-2012-12-29_01.gifmaton2-2012-12-29_02.gif

maton3-2012-12-29.gif
DJ-631 End of the day Tweed Jacket ¥39,900-(税込)
エンド・オブ・ザ・デイとは工場で一日の終わりに余った生地などで
作ったという意味です。
色々な生地を使ってジャケットが仕立てられています。
ジャケットの裏地は緑かかった生地を、袖裏はストライプ生地を使用していて、
格好いい。
もちろん、台場仕立てや袖口の切羽仕上げといった部分も抜かりなし。
世代を問わず着れる一生モノのジャケットです。


世代を問わないロマンティクな映画と言えば、
頭に思い浮かぶのは「麗しのサブリナ」です。
maton12-2012-12-29.jpeg
これはオードリー・ヘップバーン主演の映画です。
この映画はサブリナスタイルからアイビースタイルまで着こなし
の参考になること間違いなし。
今時分ロマンティクなんていう言葉は久しく聞きませんが、ロマンティクにどっぷり浸れる名作です。
オススメですよ。


最後にお知らせです。
ドライボーンズ直営店の年末営業は2012年12月31日(11時から20時)です。
年始の営業は2013年1月2日(11時から20時)になります。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


maton4-2012-12-29.png


今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

それでは今日はこの辺で。
皆さま、ステキな一日を。

「御洒落ナ着熟シ」更新 ☆&人材募集のお知らせ

こんばんは。
大阪店のマトンです。

シェットランドウールセーターの匂いを味わいつつ、
クラシックなジャズを聞く幸せ。そのうちにマトンは
ライトの量を落として、リラックス。やがて思考がぼやけて、
メを閉じます。マトンはうたた寝を開始し、
ンン〜と目を開けるといい時間になってるという幸せを満喫しています。

さて、今日は大阪店発の「お洒落ナ着熟シ」の更新です。

maton1-2012-12-11.JPG

スポーツ観戦をイメージしたアイビールックから武骨なバイカーテイストの着こなしまで
この時期を乗り切る、格好いい洋服の着こなしを大阪店スタッフが提案しています。
一度、ご覧になってください。

お知らせがございます。
ドライボーンズ大阪店は販売スタッフを募集しています。
ぜひ、ご応募ください。
あなたをお待ちしております。

maton2-2012-12-11.jpg

それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な夜を。

映画「アニー・ホール」に見る着こなし

こんにちは。
大阪店のマトンです。

昨夜は雪が降るのではないかと思えるぐらい寒く、
同じ様に今朝も寒く、
マトンは腰丈まであるジャケットをついに引っ張りだしました。

マトンはアイビールックが好きで、先日、映画「アニー・ホール」を見ました。
主役はウディ・アレンという俳優で、この人はアイビールックのお手本です。
1960年代の日本のアイビーボーイたちが映画からアイビールックを学んでいたように、
マトンも映画から洋服のことを勉強しています。
マトンはそれをコスプレと言われてもいっこうにかまわず、
なぜかと言えば、マトンはコスプレが好きで、気にならないからです。

その「アニー・ホール」のジャケットがコチラ。
maton1-2012-12-09_01.jpg

左側の男性がウディです。
このコーディネイトのワインレッドにネイビーの配色がステキだと思いませんか。
こんなちょっと哀愁漂うお洒落な男になりたいなーと思います。
この配色にふさわしいコチラの洋服をご紹介。

maton2-2012-12-09-02.jpegmaton3-2012-12-09_03.jpegDK-083 Lettered Cardigan 税込¥39,900-
シェットランドウールを贅沢に使ったレタードセーターです。重量感と羊毛のにおいがたまりません。お次はコチラ。

maton4-2012-12-09_04.jpgmaton5-2012-12-09-05.gifDS-1943 Check B.D. Shirt 税込¥13,440-
比較的細身に作られているので、重ね着がしやすく、合わせやすい配色のチェック柄ボタンダウンシャツです。

この二点を中心に使ったコーディネイトがコチラです。
maton6-2012-12-09.JPG
DCH-353 Felt Gambler Hat 税込¥14,490-
DK-083 Lettered Cardigan 税込¥39,900-
DS-1943 Check B.D. Shirt 税込¥13,440-
DN-208 School Muffler 税込¥6,195-
DP-447 Prep Cino Trousers 税込¥14,490-
DBM-012 1 inch Leather Belt 税込¥8,295-
DHH-045 Irregular Argyle Socks 税込¥2,415-
DSHC-024 Gore Slip-on Shoes 税込¥39,900-

ワインレッドはレタードセーターとソックスでまとめ、
被り物とベルト、履物をブラックで統一しています。
パンツはブラックと相性抜群のカーキです。
マフラーはレタードセーターに使われているグレイと合わせています。
一度、ご試着されてくださいね。
きっとウディになれるはずです☆

明日からの社接は瀬貝ヒロシさんです。
お楽しみに。

それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な午後を。

素敵なジャケット

こんにちは。
大阪店のマトンです。
皆さま、いかがお過しでしょうか。

気が付けば12月も半ばに差し掛かっています。
まさに師走です。
クリスマスのイルミネーションが眩しいですね。

今日はマトンが大好きなジャケットをご紹介いたします。
コチラ。

maton1-2012-12-8_02.gifmaton2-2012-12-8.gifmaton3-2012-12-08.gif
DJ-624 Swing Blazer 税込¥44,940-
1930年代から1940年代のスウィングジャズのダンスシーンをイメージして
製作したスウィングブレザーです。
ジャケットの裏側は手間のかかる総裏地で、実際に手に取ってみると、実に〜美しい。
マトンは特に紺色を一押し。
紺色のジャケットは、特にブラウンやグレイなど秋冬によくある色と相性がとてもよいことで知られています。
紺ブレはほとんどのパンツと相性がいいので、使いやすいんですよね。
そこで大阪店はこんなコーディネイトを提案しています。
コチラ。

maton4-2012-12-07.JPG

DCH-353 Felt Gambler Hat 税込¥14,490
DV-045 Reversible Vest 税込¥19,845
DN-218 Jacquard Tie “KAGUYA BABY Lining” 税込¥8,925
DNK-138 Jacquard Pocket Square “WEB” 税込¥5,040
DS-1819 Classic White Shirt 税込¥13,440
DP-447 Prep Cino Trousers 税込¥14,490
DSHC-024 Gore Slip-on Shoes 税込¥39,900

足元とチーフの色はジャケット袖の裏地に使われているブラウン調の
ワインレッドをチョイス。
パンツと被り物は紺色と相性抜群のグレイを選びました。
ネクタイはジャケットの色と揃えて、統一感を出しています。
シャツはシンプルにして、柄物のベストとバランスを取っています。


いかがでしょうか。
一着ワードローブに加えておくだけで、着こなしの幅がグッと広がりますよ。
ちょっとしたパーティーや二次会はもちろん、普段着として着こなしてもステキです。
ぜひ、一度ご試着ください。

それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な午後を。

映画「アニー」に見る着こなし☆

こんにちは。
大阪店のマトンです。

先日、マトンは「アニー」という映画を見ました。
これが「アニー」のジャケットです。

maton2-2012-12-6.jpeg

この映画は1930年代のアメリカニューヨークを舞台にしたミュージカル映画です。
当時は金融恐慌が起こっていて、映画はそれを端的に示すために孤児院の子どもたちと
お金持ちを対置しています。
「こんな時代だからこそ希望をもって生きていれば結構、楽しいよ」という映画です。

マトンは洋服屋ですので、やっぱり洋服に目がいきます(そのおかげで、話の筋がわからなくことも多々あり)。
見ていると、「うお!」っという格好いい着こなしがありました。
今日はそれをご紹介します。
コチラを見てください。

maton3-2012-12-6.png

左側の男性の洋服です(誠実そうなジェントルマン。実はちょっと間抜けな悪役です)。
シャツはセパレートカラーのダブルカフス。
タイはいかにも1930年代を想起させる柄ものタイです。
ジャケットは幅の広いラペルのフィッシュマウス。

マトンは思いました。
ドライボーンズ的な味付けを施た1930年代調の洋服を用いて、
これに近いコーディネイトが出来るのではないかと。
まずは1920年代から1930年代に流行したサニングデールジャケット。
maton4-2012-12-06_02.gif
DJ-610 Sunningdale Jacket 税込¥39,900-

次に柄物のネクタイ。
maton6-2012-12-06.jpg
DN-202 Print Tie “ABSTRACT” 税込¥9,975-

そしてセパレートカラーシャツです(この映画でこのシャツを見た時には「このシャツ、ウチにあるじゃないか」とびっくりしました。)。
maton5-2012-12-06.gif
DS-1940 Separated Collar W-cuffs Shirt 税込¥16,590-

こうなりました。
maton9-2012-12-6.JPG

ちょっとしたパーティや結婚式の二次会の服装として着こなせば、粋ですよね。
もちろん普段着として着てもステキ。
この時代の洋服は規律があるから美しく、格好いいからマトンは好きです。
1930年代のアメリカ社会がちょっと知りたいので、『オンリー・イエスタデイ』という書籍を読んでいます。
なぜ、知りたいかと言えば、洋服の社会的な背景が知りたいからです。
書籍は結構分厚いので、まだ読んでいる途中。
こたつに入って、みかんを食べながら、猫をなでて、読書していると
不思議なことに一緒に寝てしまいます。

それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な午後を。

レタードセーターが冬の到来を教えてくれます

こんにちは。
大阪店のマトンです。

大阪市内は月初めからグッと冷え込みました。
空はカラっと晴れやかで、空気は乾燥して冷たい。
マトンはこのカラっと晴れた日の乾燥した空気を腹一杯吸いつつ、
黄葉したイチョウ並木を眺めると落ち着くので、好きです。
どれぐらい好きかと問われると、それは秘密です。

さて、今日はコチラのサイトで紹介されているマトンのオススメをご紹介。

古着ナビドットコム
maton1-2012-12-03 17.56.31.png

注目したいアイテムはコチラ。

maton2-2012-12-3_00.jpgmaton3-2012-12-3.gif
DK-090 Lettered Sweater (税込¥39,900)


シェットランドウールでざっくり編んだレタードセーターです。
極太の羊毛。
羊毛の独特な香りをかぎましたか。
チクチクとした羊毛の肌触りが冬の到来を教えてくれます(これがたまらない)。
羊毛にあるわずかな油分が冷たい風の侵入を防ぎ、身体の熱を逃がしません。
ボタンダウンシャツにスラックス、ローファーとの相性は抜群。
被りものはキャスケットを。
タイや蝶ネクタイを締めてもおもしろい。
一度、店頭でその香りや肌触りを味わってください。
きっとあたたかな気持ちになれます。
お洒落が好きな方にはたまらない一着です。


それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な夜を。

秋とセーターと映画

こんにちは。
大阪店のマトンです。


サイエンスのルポを読みながら、
フランスパンとコーヒーで朝食を済ませつつ、
ラジオから流れるいつものDJのべらぼうにしぶい声が耳に流れて、
「ンンン!」と背伸びをすれば、そばにいる猫が「ニャー」と鳴きます。


これがマトンの今朝です。
洋服の着こなしが楽しい上に、
こういう時間を与えてくれる秋をマトンは偏愛します。


この流れに乗って、
秋に持ってこいの格好よい洋服がこちら。
Mohair Argyle V-Neck Sweater DK-086 ¥24,990-


121107-maton_01.gif121107-maton_02.gif121107_03.gif


モヘア素材を使用したアーガイルセーターです。
台襟シャツやギャンブラーハットなどと合わせると
間違いなく素敵な秋のコーディネイトになります。
秋の朝を過ごすにも最適!?です。


おまけ
映画「ストレンジャーザンパラダイス」に見る着こなしはこちら。
映画自体は不条理と喜劇を描いていて、見応えがあります。
なによりも映画に使用されている洋服が素敵☆
121107-maton_04.jpg

それでは、今日はこの辺で。
皆さま、素敵な午後を。

「御洒落ナ着熟シ」更新 ☆

こんにちは。
大阪店のマトンです。
皆さま、いかがお過しでしょうか。

最近のマトンはある食事にはまっています。
それは何かといえば、
映画「ゴッドファーザー パート3」で敵役が食べていたフランスパンです。
ただのフランスパンではありません。
オリーブオイルをたっぷりとつけて、塩をまぶしたフランスパンです。
敵役はそれを美味しそうに食べるんですね。
「〇〇地方のオリーブオイルは最高だ」という台詞とともに(うろ覚え)。

誰もがそうであるように、マトンも好奇心が時々、旺盛になります。
食料品店でオリーブオイルと塩をさっそく購入し
(それらが多岐に渡ることに驚きました)、
近所のパン屋さんで買ったフランスパンを輪切りにして、食しました。
美味い(ブラボー!!!)。
パン屋さんによってフランスパンの味が異なるため、あきない食事です。
言い換えると、素敵なキャスケットの色違いのようなものです。
食欲の秋にもってこいの食事です。

秋と言えば、洋服のコーディネイトも楽しくなる季節です。
今日は大阪店スタッフたちが考えたコーディネイトをご紹介。
カーコートを使った50’s調の着こなし(ちょっと悪っぽいところが格好いい!)から
話題のレタードセーターを使ったアイビースタイル(いかにもアイビー調です!)まで
楽しい着こなしが満載です。
「御洒落ナ着熟シ」のページはこちら。

maton-12-10-16.jpeg

スタイルを意識したコーディネイトですので、着こなしに統一感があります。
気になった方(そうでない方も!)は大阪店へぜひ遊びにいらして下さい。
50’s好きのトミーとアイビー好きのマトンがお待ちしております
(しかも、二人ともワーク好き)☆

おまけ
これが映画「ゴッドファーザー パート3」のジャケットです。
アメリカ社会に溶け込もうとするイタリアン人移民の様子や人の多岐にわたる感情、そして洋服の着こなしの勉強にもってこいの名作です。
サントラも素敵☆

maton-12-10-16_01.jpg

それでは今日はこの辺で。
皆さま、素敵な午後を。

素敵なピーコート

こんにちは。
大阪店のマトンです。


気が付けばコオロギが夕闇に鳴き、
気が付けば八百屋で美味しそうな桃や梨、葡萄を見かけ、
気が付けば山々は秋の色どりを深め、そして
気が付けばあと2ヶ月と少しで2013年が始まります。


うーん、早い。
まさに光陰矢の如し。


光陰矢の如し的に商品がなくなる冬のアウターを今日はご紹介。
こちらです。DJ-507 Classic Pea-Coat ¥39,690-


maton1-12-10-13_01.gifdj557_03.gif
maton3_12-10-13.gif
厚手のウールメルトンを使用したピーコートです。
冷たいすきま風をシャットアウトするだけでなく、コートの裏地など見えない部分まで拘った美しく機能的なアウターです。
ワークやアイビー、ミリタリーなど様々なスタイルとの相性も◎
オススメです。
例えば、こんなコーディネイトはいかがでしょうか。


maton4-12-10-13.JPG


アイビーワッチキャップに台えりシャツ、プレップチノトラウザーズにギリーブーツ。
そこにこのピーコートです。
季節が深まればコートの襟を立てたり、マフラーを巻くのもよいですよね。
間違いなく重宝するアウターです。


それでは今日はこの辺で。
皆様、すてきな午後を。

1 2