新作のご紹介

 

こんにちは、東京店 牧野です。

本日は新作3型をご紹介致します。

まずは昨日、こちらのブログでも書かれてました、

 

Western Style Satin Jacket

 

になります。

生地はしっかりとした肉厚のレーヨンサテン。

いつも弊社で使ってるギャバジンよりも少し光沢があり、
H bar CやRockmount で見られるヴィンテージのウエスタンボレロジャケットと

ほぼ同様の生地を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このジャケットの一番重要な

装飾のステッチやパイピング部分。

完璧です….

 

 

 

 

この域まで行くと、洋服も芸術品としての価値が出てきてもおかしくないですよね。

実際にこのジャケットやスカジャンが人気なのも刺繍の美しさにあります。

 

 

 

 

 

みんな大好き、ハリウッドの兄貴も着用してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自分も着用してみました。

弊社のはこんな感じです。

ちょっと画像は控えめの大きさで

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとヘンリーネックのコーディネートもさせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてバックスタイル。

まずは兄貴。

 

 

 

 

 

 

そしてワタクシ。

 

 

 

 

 

身に纏うオーラは違えども、
バックヨークに入る刺繍は完璧です!

 

実はこのジャケット、昨日今日で瞬く間に売れて、

現在 Dry Bones 直営店、オンラインショップにストックのあるサイズは

 

40 L size

42 XL size

 

のみとなりました。

どちらも残り僅かですので、お早めに。

 

 

 

 

では次の新作に移ります。

 

 

Wool Felt Beret

 

になります。

「2018年度はベレー帽を作らないのか?」

 

と言う問い合わせを多数受けましたが、

お待たせしました。

しかも素材、被り心地、クオリティ、大きさ、

全てに於いてグレードは上がっております。

 

 

色はブラックのみ、
サイズはワンサイズですが、被った時の生地の傾け具合で

58~60センチくらいまでは対応できるかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

この裏地の始末や革スベリ、革スベリに付くパイピングが素晴らしい!

 

丁寧な仕事をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも早速被ってみました。

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウール系のアウターにも合いますが、

デニム等、これからの素材にも活躍します。

スーツ、レーヨンシャツ等で30s、40sスタイルにも挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

 

そして最後にリング。

 

Brass Mexican Biker Ring

 

ヴィンテージメキシカンリングをモチーフにした

久々のゴツめのリング。

 

こちらはブラス(真鍮)ベースにシルバーの土台、

ブラスのスカルトップの組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドにはピアスでも好評販売中の「ラッキーサーティーン」が入ります。

ピアスと合わせても良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらは

・シルバーベース

・ブラス土台

・シルバーのスカルトップ

の組み合わせになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各店には順次入荷します。

また、オンラインも近日アップしますのでこちらもどうぞ。

 

 

それではまた。

 

 

 

 

今度の日曜日 2/10 は東京店 振る舞い酒 !!

 

 

こんにちは!

東京店の tomo です。

暖かくなったと思ったら、また寒くなったりと

日々の寒暖差が激しいですが、体調を崩したりしていませんか?

 

 

告知!!

 

Dry Bones TOKYO STORE は、

今月2月1日でオープン22周年になりました。

 

これもひとえに、今までご来店下さった皆様方、

陰で支えてくれた方々の賜物でございます。

改めて深く感謝致します。

 

 

 

つきましては2月10日の日曜日、日頃の感謝を込めまして

TOKYO STORE 店頭にてお酒を振舞わさせて戴きます。

 

 

 

そして更に今年は新企画を発案!

 

題して「酒丸オークション」を同時開催!!

 

 

 

酒丸氏の(謎多き)クローゼットより、オオッ!っと思うヴィンテージものから

ホッコリするモノ、ビックリするモノやどーでもいいモノまで。。。

 

 

点数は20数点、全て酒丸私物を1円スタートで

当日会場にてオークションにかけます!

ふるってご参加、お付き合い下さい。

 

 

皆さまと幸先の良い22周年目の幕開けが切れる事を楽しみにしております。

 

 

 

オークションは14時と17時の2回に分けて開催する予定です。

 

 

 

そして、今 酒丸氏もハマっているという土偶。

 

土偶女子こと「こんだあきこ さん」の

土偶についてのお話を聞くことが出来ます!

 

質問も受け付けて下さるそうです。

 

 

 

 

 

当日は著作の本の販売も行われます。

 

楽しみにして下さいね。

 

 

皆様のご来店を 東京店スタッフ一同お待ちしております!!

 

 

Cotton Shirt 5種類入荷

こんばんは、牧野です。

春物入荷続いてます。

今日も一気にご紹介します。

東京店、福岡店は本日入荷、名古屋大阪店は明日入荷となります。

また、オンラインは近日中にアップしていきます。

DS-2472   L/S Hawaiian Shirt “PINEAPPLE”

Color.

NAVY / OFF WHITE 

BLACK / PINK

DS-2474 Open Shirt “BUBBLE”

Color.

PINK

SAX

GRAY

DS-2476 Open Shirt “ZEBRA”

Color.

SAX

WHITE

DS-2478 Tattersall Check B.D. Shirt

Color.

GREEN

RED

DS-2479 Stripe Open Shirt

Color.

BLACK

以上、5点になります。

そして最後、今週末土曜日に東京、

渋谷にある SARAVAH東京にて

SWING JACK!

が開催されます。

なお、こちらでの開催は最後になります。

次は場所が決まり次第再開されるそうなのですが

まだはっきりと決まってなさそうなので、しばらく間が開くかもしれません。

皆さん是非今回行ってみましょう!

今回私もキムと一緒に参加したいと思ってます。

そして最後に、2月10日(日)
は東京店オープン22周年を祝して

恒例の振る舞い酒を行います!!

そしてプラスαでシークレットイベントも考案中。お楽しみに!!

新作レーヨンもの

 

こんにちは、牧野です。

 

今週は新作ラッシュ、

本日も引き続き、入荷商品をご紹介致します。

 

DJ-982 Animal 2Tone Sport Jacket

 

LEOPARD 柄

 

 

 

 

 

 

ZEBRA 柄

 

 

今、ドライボーンズでは36 (S) 〜 42 (XL)まで展開しているをアイテムを増やし、サイズも充実!

レーヨンブルゾン、通称 Ricky Jacket は以前からも 42 (XL) サイズの声が多かったので、ご要望にお応えしました。

商品によっては 42から完売していくものもあるのでお早めに。

 

 

 

 

着用画像はこちら。

 

今週、東京の気温は13℃位と少し高め。

陽のあたる場所は少し暖かく感じられます。

まだまだアウターは必要ですが、日中はレーヨンブルゾンの下に
セーターやシャツを着たら充分そうな感じです。

 

各店に入荷中。

今週中にはオンライン にも掲載される予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちら、

 

DS-2454  Embroidered Open Shirt “WESTERN”

 

レーヨンオープンシャツにウエスタン調の刺繍をあしらったもの。

実際にヴィンテージでも存在しており、ボタンも忠実にパール釦を使用。

刺繍の入り方が惚れ惚れしますね!

シンプル且つ、しっかりと核心をついたデザイン。

これこそ DryBonesの真骨頂とも言うべきシャツではないかと思いました。

 

他ではまず見かけないし、作らない デザインですよね(笑)

 

私、即買いです。

 

 

 

 

着用画像はこちら。

 

 

OFF WHITE

 

 

 

 

BLACK

 

 

 

こちらも今日より順に各店に入荷中。

オンラインはもうしばらくお待ちください。

 

 

それでは。

 

 

 

Suitのご紹介

こんにちは!
東京店の tomoです。

2019年明けましておめでとうございます。

本年度もDry Bones東京店を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はSuitのご紹介です。

 

W Brest English Drape Suit

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1930年代のヴィンテージを基に作成したドレープスーツです。

 

幅広のピークドラペルや、Vゾーンの狭いダブルブレスト、

当時主流だったノーベントの採用など、

30’sのクラシックな雰囲気を細部に至るまで忠実に再現されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バストからウェストにかけてのシェイプの効果で肩幅が広く胸板が厚く見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆったりとしたトラウザースにより腰位置が高く見え足が長く見えるシルエットが特徴的です。

 

 

 

次にご紹介するのは、昨年末にも紹介されていましたが、今一度ご紹介させていただきます。

 

Black Suit 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォーマルにも対応出来る、シンプルで使い勝手の良いブラックスーツです。

スリーピースでクラシックかつスタイリッシュな印象に仕上がっています。

 

ハットを合わせると更に渋くかっこいいです。

 

 

 

どちらのスーツも、数日後に控えた成人式にはもちろん、

卒業式、入学式、入社式にも活躍できるスーツだと思います。

是非店頭までご覧になりに来てくださいね。

お待ちしております。

 

50’s アイテム紹介

 

こんばんは、牧野です。

 

今日は最近入荷した2点のアイテムをご紹介します。

 

まず、こちら。

 

 

DAG-006 Piercing Tie Bar “SWORD” 

 

 

ピアッシングタイバー、

デザイナーが長年温めてきた企画がついに実現!

1940〜50年代に流行した「swordをネクタイに突き刺している様に見えるタイバー」。

こちらは当時、sword以外にもゴルフクラブやラケット、ボートのオール、銃など色々な種類がありましたが
まずはメジャーなswordを。

色はシルバーとゴールド、デザイン部分の素材は亜鉛と錫(スズ)の合金、下の台座は真鍮素材。

ヴィンテージよりも作りは堅牢。

がっちりとした重厚感があります。

 

 

拡大画像

 

 

 

 

 

 

側面画像

 

仕組みはこんな感じです。

鈎型になってる部分にネクタイを通し、

底辺のクリップ部分にシャツの前立てを挟みます。

 

鉤型の部分は直径8cmなので、ネクタイの大剣は10cm以上あれば

たるみが作れ、刺さってる感が出ます。

 

 

 

 

 

アメリカの貴金属メーカー、「SWANK」社の広告。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから忘年会や成人式シーズン。

 

そんな時にサラリと小ワザが効いてたらイイっすね〜

 

20歳でこんなタイバーしてるのを見かけたら必ず声かけますね笑

 

しかし、このタイバー作ってるメーカー、他にあるかな。。。
小さなモノですが、これは凄いことだと思います。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ!

 

DS-2448 Open Shirt “THUNDERBIRD”   

 

 

追加生産が入荷してきました。

 

前回買いそびれた方は是非。

またもや少量生産、お急ぎください。

 

36(S),38(M),40(L),42(XL)と4展開。

最近は42サイズから完売していきます。

 

 

 

 

 

ブラック着用、36サイズになります。

 

 

 

 

 

 

 

それではご来店お待ちしております。

 

 

 

本錦蛇革の商品のご紹介

 

東京店 tomo です。

先日お友達のバイク屋さんが出店していたので、

パシフィコ横浜で行われた「Hot Rod Custom Show 2018」に行ってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと「DRY BONES」も 「kickback motorcycle&dry bones 」として出店していました!

 

会場はものすごい人だったのですが、東京店の顧客様2組と奇跡的にお会いでき、

少しお話もさせていただけました。

初めて行ったのですが、バイクや車の展示はもちろん、

物販やLIVEなども充実していて楽しかったです。

 

 

本日は 本錦蛇の商品をご紹介させていただきます!

 

日本古来から蛇は縁起担ぎの象徴と愛され、

お守りとして持ち歩くとお金回りが良くなると言われているそうです。

 

最初にご紹介するのは長財布です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本錦蛇革がダイヤの形に入っています。

スリムなので、パンツのバックポケットにも入れていただけると思います。

 

次にご紹介するのは折り財布です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 本錦蛇革が表全体に入った 折り財布になります。

 

そして カードケース。

Snake Card Case

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期入れにはもちろん、名刺入れやポイントカード入れにも様々な用途でお使いいただけます。

 

最後にご紹介するのはベルトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストに存在感が出るベルトです。

人と違うベルトをお探しなら是非オススメです!

 

今日紹介した商品は、牛革と本錦蛇革を使用しています。

 

気になる商品がありましたら、

お近くのDRY BONESのショップにてお問い合わせしてみてください。

革小物 ★ KEY HOLDER

 

 

東京店 tomoです。

日に日に寒くなってきていますが、体調を崩したりしていませんか?

 

本日はクリスマス、年末に近づいている今日この頃なので、
プレゼントにもオススメの革小物★KEY HOLDERを紹介します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から

Belted Swivel Key tab」 BLACK ★ BROWN

 

Leather Key Tab」 BLACK

 

Leather Colored Key tab」  BLACK ★  RED ★    BROWN

 

になります!!

 

 

まずは「Belted Swivel Key tab」!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにベルトに着けることも出来ます。

 

3mm厚の重厚なサドルレザーを使用していますが、

使っていくうちに柔らかくなり革色が経年変化が楽しみな商品になっています。

バックル部分と二重カン部分のBRASSも使い込む程に風合いが増して

こちらも経年変化を楽しむことが出来ます。

 

 

次に「Leather Key Tab」!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライボーンズがオリジナルで制作したキーホルダーです。

ハトメを使用し、強度を保っています!

ちょっとした気遣いが本当にニクいです。

 

キーホルダー本来の役目として家や乗り物の鍵に付ける事は勿論、

アウタージッパーの引手やバッグのジッパー引手等に利用して欲しいとの事で

革の部分が全長約5.3cm、絶妙な大きさになっています。

 

私は、うちのお店のロゴが大好きなので、個人的にオススメです。

 

 

最後に「Leather Colored Key tab」!

 

表側の革のみ最初から使い込んだ様な独特の風合いのあるものを使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの商品もベルトに着けることも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラフルなレザーで製作したキータブです。
一見シンプルですが表面と裏面でカラーを変えた2トーン仕様になっています。

 

いかがでしたか?

プレゼントにもよし、

新年何か新調したいときにもよし、

経年変化も楽しめるDRY BONESの革小物★KEY HOLDER、

是非店頭に見にいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのポスターデザイン個人的にめちゃめちゃツボです★彡

コートたち。

 

こんばんは、マキノです。

本日はコートをご紹介。

2018年秋冬のドライボーンズは例年に比べてコートが多彩。

なので特集を組んでみました。

どうぞ。

 

 

French Atelier Coat

 

名前は少しナンパな感じですが、

ディテールは由緒ある某英国航空の60年代頃のエンジニアコートを基にして作成。

カバーオールでも見られる胸のペンポケットや腰の大きめのポケットはもちろん、

胸と腰の間にもポケットが付いており、こちらは通称「貫通ポケット」となっていて

コートの下に着たジャケット等の、ポケットに入れたものをコートを着ながら取り出せる

と言うもの。要するにポケットの袋地が付いてないものを言います。

ですが、このポケット、袋地も付いているんです。

そんなギミックをぜひ店頭で味わってください。

 

 

 

 

 

そして

 

Plaid Semi-chesterfield Coat

 

 

大きめのチェックは着る服を選ばず、またトラディショナルな雰囲気を醸し出してくれます。

デニムにジャケットスタイルでも、

セットアップヴィンテージスタイルでも、

スーツスタイルにタイドアップでも

それぞれの個性を引き立ててくれそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

Double Breast chesterfield Coat

 

 

次は右のコート。

 

これこそまさに、gangsta!
男なら一生に1着は持っておきたいコートとも言うべき必須アイテム。

袖はターンナップカフ、腰にはバックベルトがつき、襟はピークドラペル。

しっかりした、やや毛足のあるウールメルトンを使用、

オーバーコートとして着用するので、中に厚手のジャケットやセーター類を着ても
ストレスのない袖周りと肩周りで着心地良く、快適な冬を過ごせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chesterfield Coat

 

 

こちらはスタイリッシュなチェスターフィールドコート。

 

着丈は膝上あたりになるので、だいぶカジュアルにも着れるコートです。

ウエストがシェイプされていて、オーバーコートと言うよりは

ジャストで着こなした方がまとまりが良さそうですね。

スーツスタイルはもちろん、こちらもデニム等のカジュアルにも合います。

 

細めのコーディネートが好きな方には特におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでコートは以上です。

 

また、本日ストック切れだった

 

 

Jean Engineering Denim Pants

 

通称、DP-562W “レギュラーストレート”  タイプが入荷してきました。

28,30,31,32,33,34,36 と7サイズ展開。

 

自分も一番よく穿くジーンズです。

 

 

また、スポットで15ozのデニムを使ったジーンズも作成!こちらは30,32,34サイズのみ少量生産です。
オールオレンジステッチ、アーキュエットステッチなしの大戦後モデルかと思いきや、
シルエットは細めのハイブリッドタイプ!
結構ごつくて色が濃いのが特徴。

シルエットはDP-582Wと同型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは週末お待ちしております。

 

Riding Wear & 50’s !!

 

こんばんは、牧野です。

 

11月は楽しそうなイベントがありますね。

個人的にですが、お世話になってる先輩のバンドや、
ジェリービーン画伯の出演するこちらには駆けつけようと思っております。

シングルリリースおめでとうございます!

 

 

 

 

 

その他にも毎週末色々各地で開催されてますので

ぜひここぞとばかり洒落た格好して行ってみるのも良いではないのでしょうか。

 

今日はそんな場所で着れるアイテムをご紹介。

 

 

 

まずは、アウターから。

 

昨日入荷したばかりのこちら、

 

 

Canvas Smokey Jacket 

 

 

 

 

着用画像

 

 

 

 

タイトルに書いた通り、元々ライディングウエアとして
古くから親しまれてきた機能的なジャケット。

ですがディテール等、機能的な部分を踏襲しつつも

タウンユースとしても着用できるよう

パターンや生地選び、縫製や重さなどを考慮し作成しています。

 

 

 

また、ようやく本州は各地で寒さ本番になってきました。

そんなときに思い出すのは、

 

 

 

 

そう、最強

 

N-1 Leather Combination Jacket

 

今年も作りました。

 

 

こちらは

 

ブラックメルトン バージョン

 

 

 

 

 

 

 

 

防寒性に長けてる事から

真冬のライディングウエアとしての知名度を上げた逸品。

 

 

 

 

着用画像

 

 

 

 

 

 

どちらも名作!

ぜひ店頭で着てみて試してください。

納得言ってもらえると思います。

 

 

 

そして、無骨なアウターの次は

洒落た繊細なレーヨンシャツ。

 

 

Shark Gill Open Shirt

 

 

 

 

 

 

今まで半袖は作っていましたが、

長袖は初めて!

色はブラック×ホワイト と、ワイン×ホワイト。

 

 

 

着用画像

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hand Stitch 2Tone Open Shirt

 

 

 

 

 

こちらも色は

ブラック×ホワイト と、ワイン×ホワイト。

襟と胸ポケット口に細かくステッチが入ります。

襟元のホワイトが効いてます。

 

 

 

着用画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に定番で生産していました

 

 

 

Hand Stitch Open Shirt

 

 

 

 

 

 

在庫が切れてた色、サイズも補充し、新色が加わりました。

 

今なら全サイズあります。

 

 

ちなみに3型全て S(36)、M(38)、L(40)、XL(42)

の4サイズ展開になります。

 

 

着用画像

 

 

 

 

 

 

 

 

それではご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 12