便利なセットアップ。

こんばんは、福岡店のリリーです。
先日は強烈な寒波が福岡を襲いました。
店前の道路もこの通り。
waka126.jpg
私のスクーターもこの通り。
waka12622.jpg
こんなに積もった雪を見たのは20数年ぶりではないでしょうか。
本日は雪も溶け、無事お店も通常営業する事ができました。
まだ地域によっては雪の影響が出ていると思いますので、引き続きご注意下さい。
  
 
   
さて、本日は個人的なレコメンドからご紹介。
最近は西部劇を見る事が増えました。
waka1263.jpg
地味なイメージのジャンルですが、見始めるとこれが面白い!
ちなみに昨日はこれを観てました。
waka1264.jpg
アメリカン・ニューシネマを代表する1969年公開『Butch Cassidy and the Sundance Kid』。
ファッション的な目線で観ても、見応えのある映画です。
観た事がない方は是非!
 
本日はこの西部劇に出てきそうなクラシックなアイテムをご紹介します。
こちら。
waka1265.jpg
カッコいい…
DJ-923 Equestrian Jacket ¥29,800+tax
DV-074 Equestrian Vest ¥23,000+tax
DP-671 Wok Trousers ¥17,800+tax
同じ生地でセットアップの着用が可能。
商品名「Equestrian」とは「乗馬者」という意味を持ちます。
生地にはコットンウェストポイントというしっかりとした密な生地を採用し、
スーツ等にも使用される本ナット釦を使用、ポケットの飾りステッチなど細部にも高級感があります。
waka1266.jpg
こちらが胸ポケットの飾りステッチとラペル部分。
ラペルに付いたストラップはその名(Equestrian)で呼ばれた頃のディテールで、風除けで使われていました。
このジャケットではラペルの返し、またはVゾーンのシルエットを重視したため、 実用は考慮してませんがお好みで釦をつけて留めることはできます。
waka12610.jpg
waka12611.jpg
この様にパンツのポケット口にも同様に飾りステッチが入ります。
背面には真鍮製のシンチバックルが付き、クラシックなバックスタイルを演出するとともに細かなサイズ調整も可能です。
ボタンは手作業によるクロス掛けでしっかりと縫い付けられており、細かな縫製にまで手間をかけて作製しています。
waka1269.jpg 
シルエットはややゆったりめのストレートタイプ。
どんなスタイルにも合わせやすいシルエットです。
 
そしてベスト。
waka1267.jpg
大きくラウンドした前裾のカーブなど、テーラードが主流だった当時のディテールを再現した1着です。
シンプルでこちらも様々なスタイルに合わせやすいシルエットになっています。
  
waka1268.jpg
背面は細かな織り柄の入った縞スレーキで切り替えし、表情のある上品な雰囲気に仕上げています。
 
大人気のこちらは、3点揃う今のうちがオススメです。
(色とサイズに寄っては完売したものもあります)
このアイテムの最大のポイントは、全て単品でも着回しが効くところ。
セットアップでスタイリングするのもオススメですが、
ジーンズにジャケットを合わせるもよし、Tシャツにベストを合わせるもよし、ラフに開衿シャツにパンツを合わせるのもよし、といったように様々なスタイルに着回しができるのです。
気になる方はお早めに直営店へご来店下さいませ。
 
  
最後に福岡店からのお知らせです。
早いものでこの場所に移転して一年が経とうとしています。
移転先でもご来店頂いたお客様には心より感謝申し上げます。
そこで移転一周年を記念して、特別感謝セールを開催します。
waka126613.jpg
開催は、1/30(土)〜
気になるボカシの入った部分はご来店頂いてからのお楽しみ!
万障お繰り合わせのうえ、是非ご来店下さいませ。

Leave a Reply