雑誌掲載&〜DENIM育成記録2〜

こんにちは!名古屋店KARINです。

 

 

早速、只今発売中のSTREET BIKERS’」9月号

 

 

生地から製作した手の込んだハワイアンシャツ
が掲載されております。

 

 

同じ号のDryBones代表酒丸氏のコラム『怒雷暴音図の本棚』にも、ハワイアンシャツをテーマにヴィンテージハワイアンの本からひも解いたDryBonesの服作りの拘りが書かれています。

 

 

掲載商品は半袖ですが、オリジナル生地で製作したハワイアンシャツは長袖もご用意しておりますので、秋はもちろん着方次第で冬のインナーとしても長くお使い頂けます。

 

DS-2404 L/S Hawaiian Shirt “一休説法”

 

 

もう一冊!

 

Lightning 別冊「DENIM COMPLETE」

 

 

DryBonesオリジナルデニム

DP-532W  Jean Engineering Denim Overalls

 

を紹介して頂いてます。

 

こちらはデニム素材のパンツが、カジュアルウェアでなくワークウェアとして認知され、まだ「ジーンズ」と呼ばれる以前のクラシカルなモデルを再現して丹念に作り込まれた拘りの1本!

 

 

私も購入して、愛用中。

DryBonesで生地から製作したオリジナルデニムとして展開しているJean Engineering Denimシリーズの中で一番太めで股上が深く、サスペンダーも使用出来るタイプのデニムです。

 

 

以前ブログで〜DENIM育成記録1〜 として紹介したのですが、更に半年ほど経ち少し育って来たのでここで〜DENIM育成記録2〜としてご紹介させて頂きます。

 

まず、前回の画像から。

購入して4ヶ月くらい経った頃の写真です ↓

 

 

着用頻度はそこまで高くないですが、生地が硬くしっかりしているので早い段階で自分の体の形状が出来てきます。

 

 

3月にこんな感じだったデニムも5ヶ月間でここまで変化

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

いい感じに色落ちして来てかなり育って来ました〜!!(嬉しい)

これからもガンガン穿いてまた経過報告させて頂きますのでお楽しみに☆

 

それではまたお会いしましょう。

オススメのベストのご紹介

こんにちは。
ドライボーンズ福岡店の植田です。
 
 
8月も残すところ3日になりました。
そろそろ秋冬物が気になる時期ではないでしょうか。
 
さて、本日は秋冬に向けてベストを2つご紹介致します。
 
1つ目は

 
冬になればジャケットなどのアウターを羽織っても良いですね!
DV-088 2way Reversible Vest(近日オンラインショップアップ予定)
片面はチェック柄、もう片面はワークテイストな雰囲気とそれぞれ異なる面を併せ持ったリバーシブルベストです。
背面はホワイト色を使用していますので、清涼感のある印象に仕上がっています。
冬場にはウール素材のトラウザーズなどと合わせてもカッコいいです!
ワークスタイルやアメリカントラッドスタイルが好みの方にオススメのアイテムです。
 

 

 
リバース面ではコットンコーデュロイ素材を使用。
 

後ろ身頃の腰部分には尾錠が付き、ウエスト部分の細かいサイズ調節が可能です。
体型や合わせるインナーによってフィット感、シルエットが変えられます。
 
その他、着用アイテム
・DCH-449 Serbia Wool Hat “YORK”
http://www.dry-bones.com/product/serbia-hat-york
・DS-2361 Triplets B.D. Shirt
http://www.dry-bones.com/product/triplets-b-d-shirt
・DP-582W Jean Engineering Denim Pants
http://www.dry-bones.com/product/jean-engineering-denim-pants-2
・DSHC-048 Utility Work Shoes “GEORGE”
http://www.dry-bones.com/product/utility-work-shoes-george
 
 
2つ目、

 
DV-080 Tweed Equestrian Vest(近日オンラインショップアップ予定)
1920~30年代頃のヴィンテージベストを基にデザイン。
品名の「Equestrian」とは「乗馬者」を指し、当時馬に乗る際に着用していたものを再現しました。
 

 
生地はウールツイードを使用。 ラウンドした前裾のカーヴ、両玉縁仕上げのポケット等、
テーラードが主流だった当時のディテールを再現しています。
 

 
後身頃はストライプ柄の生地で切り替え、見た目のアクセントと同時にスタイリッシュな

バックスタイルを 演出しています。
また、真鍮製のシンチバックルが付き細かなサイズ、フィット感を調整することが出来ます。
デニムパンツに合わせたカジュアルスタイルや、トラウザーズと合わせたきれい目スタイルと
幅広く活躍するアイテムです。
 
その他、着用アイテム
・DCH-448 Beaver Hat “POTOMAC”
http://www.dry-bones.com/product/beaver-hat-potomac
・DS-2390 Print B.D. Shirt“HUMMINGBIRD”
http://www.dry-bones.com/product/print-b-d-shirthummingbird
・DP-715 41KHAKI TYPE Trousers
http://www.dry-bones.com/product/41khaki-type-trousers-3
・DSHC-048 Utility Work Shoes “GEORGE”
http://www.dry-bones.com/product/utility-work-shoes-george
 
今回ご紹介した他にも、店内には様々な秋冬物が入荷していますので
是非店頭をチェックしてみてくださいね。
 
本日もご来店お待ちしております。

Deck jacket & Cover All

こんにちは、福岡店のワカスギです。
先日、地元に帰った際に重要文化財の『八千代座』へ行ってきました。

1910年に建設。
見慣れた劇場内の写真ですが、天井の絵柄は一体何だろうと昔から疑問でした。
ガイドさんに質問すると、当時の広告だそうで、とても趣があるデザインばかり。
舞台上が回ったり、花道に仕掛けがあったりと見所満載でした。
もっとゆっくり見たかったので、また伺いたいと思います。
 
 
 
 

さて、
本日はこれからの時期に活躍するジャケットをご紹介致します。

DJ-967 Denim Chinstrap Cover All

様々なヴィンテージワークジャケットをヒントに、ドライボーンズがオリジナルでデザインした1着。
トリプルステッチを施した堅牢な縫製や使い勝手が良いポケット等、実用的なディテールが詰まったジャケットです。
また、柔らかな12ozのデニムを使用している為、シャツ感覚でTシャツの上に羽織れるのも嬉しいポイント。
上の写真では、ボトムには定番の41KHAKI TYPE Trousersを合わせています。
とてもコーディネイトに取り入れやすいジャケットです。

 
 

その他、写真で使用したアイテム
■DCH-449 Serbia Wool Hat “YORK”
■PT-763 Print T-Shirt “RRA”
■DSHC-048 Utility Work Shoes “GEORGE”

 
 
 
 

もう一型。

DJ-966 Shawl Collar Denim Jacket

1930年代のデッキジャケットを基にデザイン。
ショールカラー(ヘチマ襟)がアクセントになる1着。
シンプルなジャケットですので、カジュアルなスタイリングに合わせやすいのがいいですね。
こちらも柔らかな12ozのデニムを使用している為、シャツ感覚でTシャツの上に羽織れるのが嬉しいポイント。
上の写真では、Hickory Stripe Cinch Buckle Overallsを合わせています。
http://www.dry-bones.com/product/hickory-stripe-cinch-buckle-overalls
ワークスタイルやミリタリースタイルにも好相性です。
 
 
その他、写真で使用したアイテム
■DCH-489 Wool Felt beret
http://www.dry-bones.com/product/wool-felt-beret
■DSHC-048 Utility Work Shoes “GEORGE”
http://www.dry-bones.com/product/utility-work-shoes-george

 
 
 

気になる方は、是非店頭でチェックして下さいね。

古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ。その25

 

 8月23日、処暑の日。

この「処暑」という季節は…

「陽気止まりて、初めて退き止まむとすれば也」

つまり暑さが峠を越えて後退し始める時、という意味。

 

こんにちは、約ひと月ぶりの酒丸でございます。

処暑を迎え、

一気に秋物にシフトした店内へのエールとして本日のブログを書いてみる。

 

 

 本日蘊蓄を書くのは、この…

プリズナージャケット。

実はこの「プリズナージャケット」という言葉そのものは、正式名称ではない。

強いて言えば「第二次世界大戦前のヨーロッパのワークスーツ」みたいな感じだ。

 

第二次世界大戦前…

大きな企業が大量にワークウエアを作っていたアメリカとは違い、

ヨーロッパは第一次世界大戦の戦後処理に追われ、

縫製業やアパレルで巨大企業が育つ下地が出来ていなかった。

なので昔からのクロージング縫製技術を駆使して、

小さな工房がワークウエアを手工業として作っていたのだ。

 

そういった事実が垣間見えるのが、こういった映画たち。

「シンドラーズ・リスト」や、「ソハの地下水道」などの、

第二次世界大戦中のナチスによるユダヤ人迫害について迫った映画に、

そういった衣装が使われている場合が多いのだ。

 

この時代に労働者だった多くの市民が着ていた服が、

前出した「ヨーロッパのワークスーツ」であり、

当然多くのユダヤ人をはじめ、フランス人やポーランド人も着ていた。

なので総称して「プリズナージャケット」というネーミングになっていったのだろう。

別に囚人服として作られた訳でもないのに「プリズナージャケット」と呼ばれてしまうあたり、

この時代のヨーロッパの「深い闇」を感じてしまう。

 

実際には現在のヨーロッパでもヴィンテージが流通しており…

これは知人から譲っていただいた、1930年代のデッドストック。

ストライプなので正に囚人服、といった見え方もするが、

あくまで柄がたまたまそう見えるだけで、当時はたくさん種類があった中の一つ。

 

三つボタンのアンコンジャケットに太目のトラウザーズ。

トラウザーズは大きめのバックストラップが付いており、

ヨーロッパモデルらしくピスポケットは無い。

 

このデッドストックヴィンテージを元に作成した、今季イチオシのワークスーツがこちら!

コットン素材のヘリンボーンツイルで三つボタンのジャケット

あえて「ガチャポケ」にしてみた。

色味はチャコールとブラウンのふたつ。

トラウザーズのバックスタイルは、ちょっとカーヴが付いたバックストラップ。

穿き易さを考えて、ダブルのピスポケットもつけた。

 

このジャケットの秀逸な特徴は、内側にある。

ポケットが付いて一番負担がかかる部分に、内側から共地で補強が付いているのだ。

しかも、アームホールはバイヤステープでパイピングが施されている。

これがもしアメリカ製ならば、ポケット口に閂留めをしてアームホールはダブルの巻き縫いで始末する。

小さな工房が手作業で縫うのか、大手企業が大量に生産するのか、の違いはこういった部分に出る。

 

なのでドライボーンズとしては、ヨーロッパの技法に倣って内側補強。

アームホールも同じく、バイヤステープでパイピング。

こうすることで「手工業っぽさ」が出る。

ヨーロッパが綿々と育んできたビスポーククロージングは、こういった細やかなワークウエアにも投影されているのだ。

 

一応、生地のアップも。

ヘリンボーンツイルなので、遠目からは無地っぽく見えるが近付いて見ると光沢がある美しいストライプ。

インナーは白無地のドレスシャツから、野暮ったいヘンリーネックTシャツまで幅広く対応。

ボタンには刻みが入ったクラシックなボタンを使用。

当時の「古き良きヨーロッパ」を演出。

 

このところ、ドライボーンズでは「ドレッシーなヴィンテージスタイル」が大人気

これから秋が深まるにつれてウール素材も数多くラインナップされていくが、

まずはコットン素材で一年中着られるアイテムを紹介してみた。

8月後半になって暑さがぶり返して来てはいるが、それもほんのいっときのこと。

このヘリンボーンツイルのコットンスーツは8月初旬に店頭に出したところ、

急激に涼しくなったおかげで一気に捌けてきた。

お早めの試着を、お待ちしております。

 

 

 

そしてここからはお知らせ。

 

ドライボーンズ大阪店は、この8月でめでたく20周年

心斎橋パルコに出店して3年後に今の場所に移転、トータルで早20年。

感慨深いものがある。

 

なので、今週末の8/25は店内にて…

アニバーサリーに感謝すべく、ワタクシ酒丸も大阪店に立ちます!

そしてなんと!

そこではこんなクーポン券もお買い物金額に合わせて配布らしい(オイラは詳しくわかっていない:汗)。

更に!

20周年に語呂合わせした「20000円福袋」もご用意

 

個人的には…

今月やっと設置できた「バーレスクサインライト」を見に来て欲しい!

インスタ映え確実!www

更には!

今世間で話題(になっていたりいなかったり)の…

酒丸コレクションのヴィンテージ「ドクロ柄着物(すべて大正時代)」を見せびらかし&販売!(買えるもんなら買ってみなプライス)

更に更に!!

当日の店内では、世界屈指の美味しさ、宮城県塩釜に蔵を構える「阿部勘」の日本酒で振舞い酒!

ではみなさま、8/25土曜日、ドライボーンズ大阪店でお会いしましょう!

LEATHER JACKET!

 

こんにちは名古屋店KARINです!

 

残暑が厳しい毎日が続いていますが、朝晩は大分涼しくなって秋の気配を感じます。

日が沈むのも早くなり、夜は少し肌寒い気候になって来ましたね。

 

 

そろそろ気になるLEATHER JACKET…! 

 

秋になる前に(サイズがあるうちに)是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

 

まずご紹介する一点目は

1920〜1930年代頃のヴィンテージジャケットを基に製作した

Sunningdale Leather Jacket

素材には肉厚がありながらも馴染みやすい上質なホースハイドを使用しています。

ラウンドした襟、ジッパーではなく釦仕様のフロント合わせ部分、当時ならではのクラシカルな仕上がりになっています。

また、アールデコ装飾が施された釦や段編みになったリブなど細部まで拘った作りです。

 

このライダースの最大の特徴は背中に有ります。

運動量を確保する為スポーツジャケットのディテールを取入れたサニングデール仕様。

背中中心部分にプリーツがあり、動き易さを意識した作りになっています。

デザイン性がありながらも、機能性も考えられた昔ながらの作りはかっこいいです。

人とは違ったワンランク上の上質な革ジャンをお探しの方にはぴったりのLEATHER JACKETだと思います。

 

 

こちらはカラー違いのNATURAL

ヌメ革を使用しているので、着込めば着込むほど革中のタンニン成分が酸化し、革自体が淡褐色に近づきます。

使い込むうちに皮脂や汚れが染み込み風合いが変化していくのを楽しむ事が出来ます。

自分だけの革ジャンを育ててみませんか?

 

 

 

 

お次は

英国ヴィンテージのモーターサイクルジャケットを基に製作した

Twin Track Motorcycle Jacket

素材は牛革です。

 

上質な革はしっとりとした質感で凄く柔らかく、身体にフィットします。

革特有の最初の硬さが無いので、最初からノンストレスで羽織る事が出来ます。

 

 

フロントジッパーが二列に配置されているので、身幅の調節が可能です。
今の時期はTシャツなど薄手のインナーの上から着れて、真冬にセーター等を着込む時には外側のジッパーを使用すると厚手のインナーでも楽に着用出来ます。

 

こちらは36(S)は完売。
38(M)40(L)も残り少ないです。

特に42(XL)は残り2着となっていますのでお急ぎ下さい。

 

 

 

最後は1950s頃のヴィンテージを基に作製した

Motorcycle Jacket

1953年に公開されたアウトローバイカー達の聖典とも言われる映画「The Wild One(乱暴者)」で主人公のジョニーに扮するマーロン・ブランドが着用していたとされる DURABLE(デュラブル)社製のモーターサイクルジャケットをモデルに制作した1着です。

 

只今『Cow Hide Motorcycle Jacket.牛革(写真左)』と

Horse Hide Motorcycle Jacket. 馬革(写真右)』

からお好みの革を選ぶ事が出来ます。

牛革は柔らかくしっとりとした質感の革で身体にフィットします。

馬革は艶がありキメが細かくハリのある革です。

馬革のタイプのみ着脱式の襟ボア付きですので、真冬には装着することで首元が暖かく、マフラーやストール代わりになります。

こちらもラスト1着多発していますよ!

欲しい方は早めのご検討を!!

 

 

 

 

 

店内も大幅に秋物にシフトして来ています。

 

ご紹介したライダースジャケット以外にもまだまだ革のアウターや革小物も揃っていますので、是非お気に入りを見つけに来て下さいね☆

 

それではまたお会いしましょう。

今週末は大阪店振る舞い酒!

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

お盆が過ぎ、過ごしやすい気候になりましたね♪

 

本日はとーっても大事なお知らせを2つさせていただきます。

 

まずはこちら!
先日のブログでもお知らせしましたが改めて、、、

 

Dry Bones大阪店はこの夏、おかげ様で開店20周年を迎えさせていただきます。

 

日頃の皆さまのご愛顧に感謝し、今週末8/25(土)大阪店にて『振舞い酒』を開催致します!

 

毎年ご好評をいただいている東北の美味しいお酒「阿部勘」も無事に届きました♪

 

なんとこちらが飲み放題!
ぜひ祝い酒を飲みにいらして下さい。

 

当日は代表酒丸も大阪店にて皆さまのお越しをお待ちしております。

 

もちろん、どなたでも大歓迎ですので、「振舞い酒は初めて、、、」という方もお気軽に遊びにいらして下さい。

 

皆さまと楽しいひと時が過ごせたらと思います♪

 

たくさんのお越しをお待ちしています!

 

そして2つめのお知らせは、、、

 

この振舞い酒に合わせたかの様に、今季の秋冬物が入荷するとの情報を入手しました!!

 

入荷予定アイテムの中から、おすすめを一足先にお見せしちゃいます♪

 

こちら!
・DV-094 Drapers Vest
・DP-749 Drapers High-back 2Tack Trousers

 

クラシカルなウール地のセットアップスタイル。
こちらのベストとトラウザーズが今週各店に入荷します!

 

生地はオリジナルで製作したクロスネップ生地。
古臭く、表情のある生地感が良いですね。

 

ベストの背面には上品でスタイリッシュな印象のストライプ柄を使用。

 

トラウザーズはハイバック仕様の非常にクラシックな作りとなっています。
ジャケットやベストを脱いだ際、かっこいいバックスタイルが演出できますよ♪

 

そしてこちらは共生地でジャケットも製作中なので、3ピーススーツとしてもお使いいただけます。

 

店頭ではご予約も承り中ですので、お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。
他にも今週入荷予定の新作はたくさんあります!

 

ぜひ秋冬物のチェックはお早めに!

 

それでは本日はこの辺で。

重大告知をふたつ!

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

昨日は来日中のMR ROCKSTEADY「Ken Boothe」を観に行って来ました。

 

 

梅津 雄也さんの投稿 2018年8月17日金曜日

 

梅津 雄也さんの投稿 2018年8月17日金曜日

 

梅津 雄也さんの投稿 2018年8月17日金曜日

 

一気に秋らしい気温になりましたが、夏の終わりに滑り込みで夏らしいライブに行けて大満足。

 

 

 

さて、本日は告知が2つあります!

 

 

 

 

まずひとつめはコチラ!

 

福引き大会「ガラガラ ポン!」

《ルール》
・1万円お買上げにつき1回、ハズレなしの福引きにチャレンジ
・3万円お買上げにつき1回、サイコロを振ってゾロ目が出たら商品獲得

※8/19(日)より、1万円お買上げにつき1枚の福引券を配布しております。
※福引きにチャレンジ出来る期間は、9/15(土)〜10/8(月・祝)です。

 

 

 

 

年に2回の大盤振る舞いイベント!福引き大会「ガラガラ ポン!」

 

今秋は9/15(土)からスタートするのですが、

 

明日8/19(日)よりこちらの「福引券」を先行で配布します!

 

1万円お買上げにつき、福引券を1枚プレゼント!

 

9/15〜10/8にお持ち頂くと、ハズレなしの福引きにチャレンジできます。

 

店頭には秋物もたくさん入荷しておりますので、ぜひお早めにチェックしにいらして下さいね。

 

Facebookの方でイベントページも作製しましたので、よろしければぜひ「参加予定」ボタンを押して下さいね。

https://www.facebook.com/events/308815083205483/

 

 

 

 

 

そしてもう一つは、大阪店の店長トミー君からの告知です!

 

 

 

 

 

Dry Bones大阪店はこの夏、開店20周年を迎えます。

 

日頃の皆様のご愛顧に感謝し、只今20周年特別イベントを開催中です。

その①
★数量限定『福袋』販売中★
  
価格は20周年にちなみ¥20,000+tax、内容は約5万円分と大変お得になっています!

 

おかげさまで大好評をいただき、現時点で

・Sサイズ・・・残り3つ!
・Mサイズ・・・残り2つ!!

 

いずれのサイズも残りわずかとなり早い者勝ちです!

 

気になる方はぜひお早めに!

その②
★20周年限定、スペシャルクーポン券プレゼント★

こちらも20周年にちなみ、現在¥20,000以上お買い上げいただいた方には次回お使いいただける
20%OFFクーポン券をプレゼント中です。

 

そろそろ秋物が気になる季節、かなりお得なクーポン券となっていますので、ぜひご利用くださいね。

 

そして、、、

 

来週8/25(土)には大阪店にて『振舞い酒』を開催します!!

 

毎年ご好評の東北の美味しいお酒、「阿部勘」の枡酒をご用意しています。

 

また、当日は東京から代表酒丸も来阪し、皆様と楽しいひと時が過ごせたらと思います。

 

ぜひ、遊びにいらしてください。

 

お待ちしています!

New arrival hat.

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

お盆期間中たくさんの方にご来店頂き、ありがとうございます🙌

 

だいぶん涼しくなってきたところで、本日は新入荷のフェルトハットをご紹介致します。

Serbia Wool Hat“YORK”.

 

約7cm幅のワイドブリムハット。

 

最高品質とされるセルビア産のメリノウールを使用しています。

 

こちらはCAMEL、BLACK、IVORYの3色展開。

 

 

 

お次はこちら。

SERBIA Homburg Hat.

 

クラシカルな雰囲気のホンブルグ ハット。

 

「ホンブルグ」とは、ドイツにある帽子の産地名からきており、中折れタイプのクラウンとやや巻き上がったブリムが特徴的。

 

こちらもセルビア産の最高品質とされるメリノウールを使用。

 

カラーはANTIQUEとBLACKがあります。

 

どちらのハットも少量生産ですので、秋冬の準備はお早めに。

 

 

 

店頭には他にも、秋冬の羽織りものや長袖シャツが入荷してきております。

 

よくサイズ欠けするデニムジャケット類も、今なら各種サイズ揃っていますので、ぜひ試着してって下さいね!

 

お客様スナップ

こんにちは!名古屋店KARINです。

 

 

 

本日は名古屋店のお客様スナップをご紹介したいと思います。

 

お一人目はDryBonesの新作浴衣と帯をセットで購入して頂いたK様。

大須まつりの際にお店にも寄って下さいました。

Twisted Straw Gambler Hat

と合わせて素敵に着こなして頂きありがとうございます!

 

 

着用の浴衣はこちら

浴衣 “髑髏の舞”

 

日本の大正時代(1920年代)頃に実在した着物柄を浴衣で再現しています。

 

素材はポリエステル素材のCEO α(セオ・アルファ)を使用しており、ご自宅での丸洗い洗濯も可能ですのでシワになりにくくアイロンをかける手間がかからないのでお手入れも簡単です。

 

浴衣や着物のクリーニング代は高額で、以外と馬鹿にならないので自宅で簡単に手入れ出来るのはとても良いと思います

 

角帯 “石垣と蜘蛛の巣”

 

生地はポリエステル100%使用。オリジナル柄のリバーシブルでバリエーションを楽しめます。

 

8月はお祭りも多いですし、是非今年から挑戦してみたい方、新しく新調したい方もまだまだ間に合いますよ☆

 

 

 

 

お次は韓国からご来店のK様。

名古屋店も最近は海外からのお客様が増えて来ています。

 

Braid Fedora Hat

ご購入して頂きました。

 

サイズも58.60から選べ、カラーバリエーションも豊富です。

他にも様々なHATご用意してますので色々かぶり比べてみて下さいね。

 

お次は女性のAちゃん。

新作のポストマンシューズをスカートのスタイルで可愛く履きこなしてくれました。

 

素敵です☆

 

男性のIさんもハーフパンツに合わせて。

夏は暑いので、こういった足を出すスタイルにも合う革靴は通年履けるので一足あると重宝しますよ。

 

 

Utility Work Shoes “GEORGE”

SIZE: 6ハーフ(24.5 ), 7(25.0 ), 7ハーフ (25.5 ) , 8 (26.0) , 8ハーフ (26.5) , 9 (27.0)

 

 

 

 

先程ポストマンシューズを履いていたIさんのもう1枚。

Leather Half Coat “CALIFORNIAN”

 

いつもDryBonesをお洒落に着こなしていて、スタイリングが上手いので勉強になります!

 

 

 

 

 

 

もうそろそろ秋冬物も多数入荷し出して気になる所。

 

 

各店舗に冬物のサンプルや、今後リリース予定のアイテム写真が届いてますので是非来店の際にチェックしてみて下さいね!

店舗でしか見る事が出来ない情報を知る事が出来ますよ。

 

遠方の方もこのお盆休みの機会に是非DryBonesへお越し下さいませ。

 

 

それでは皆さまのご来店御持ちしております。

 

 

New Arrival!and Business trip in South Korea

 

こんにちは、牧野です。

 

さて、お盆突入しました。

皆さんはどうお過ごしでしょうか?

 

都内は天候のせいもありますが、本日若干涼しくなりました。

 

そんな時期に、ちょうど入荷してきましたこの商品。

 

 

 

 

 

Thunderbird Open Shirt !

配色は左がグレー、右がブラックになります。

サイズは36 S、38 M、40 L、42 XL  の4サイズ展開になります。

肉厚のレーヨンギャバジンを使い、

ヴィンテージのような重量感のサンダーバードが入荷しました。

グレーの方を着てみるとこんな感じになります。

 

こちら、いつもながら数量限定なのでお早めに直営店、

または各ディーラー様へお尋ねください。

オンラインはもう暫くお待ち下さい。

 

 

 

そして、もう一つの話題、

韓国ディーラーである「silly-ville」への出張レポート。

 

 

 

韓国に新しいカルチャーを作ろうと6人で立ち上げたショップ

「silly-ville」。

それぞれが持つ技術を結集し、1つの発信地としてお店を共に運営。

シルバースミス、タトゥーアーティスト、グラスアーティスト、DJ、そしてドライボーンズ。

 

今回は東京店に立つ韓国出身のスタッフ、キムを仲介者として

視察を兼ねた新商品紹介のつもりで動いていたのですが

先方より、

「せっかくなので、DryBones DAYとして盛り上げましょう!」

と店舗を貸し切ってDry Bones pop up  shop をする流れとなりました。

 

結局来店者は100名程になり、終日賑わい大盛況となりました。

 

混雑してからは画像が撮れませんでしたが、その様子がこちらになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

最後はみんなで打ち上げに。

一番自分が嬉しそうですね。。。。笑

 

 

 

今後の展開に乞うご期待!

 

それでは!

 

 

 

 

1 2