RED STRIPE

こんにちは!
大阪店トミーです。

今日で2月も終わり、いよいよ本格的に春が近づいてきましたね♪
季節の移り変わりに合わせて、店頭には毎週の様に新作が届いています。

服屋で働いていると、気温や天候だけでなく入荷するアイテムでも季節の訪れが感じられるので楽しいです☆

そんな新作ラッシュの中、今日は最近入荷したおすすめのトラウザーズを一本ご紹介します。

こちら!
fuki16022900.jpg
DP-688 Stripe Work Trousers ¥15,700+TAX
レッドのストライプ柄が存在感抜群なワークトラウザーズ!
コーディネイトを明るく彩ってくれる事間違いなしの一本です。
これからの季節にもってこいですね!

fuki16022901.jpg
生地はコットン100%のヘリンボーン織りのものを使用。
細かな織り柄が、ストライプ柄と相まって表情のある雰囲気です。
程良くハリのある生地感で穿き心地も抜群!
春におすすめと書きましたが、年間を通してお使いいただけるアイテムです。
ダークトーンになりがちな冬場のアクセント使いにも良いですね!

ワークトラウザーズですが、シルエットは裾に向かって緩やかにテーパードしてすっきりとした印象なので、台襟シャツにタイドアップした綺麗めな着こなしにもおすすめです。

fuki16022902.jpg
ドライボーンズのワークトラウザーズの特徴でもある背面の尾錠。
これがあるとウエストの細かいフィット感の調整が出来て便利!
見た目もグッとクラシックになる人気のディテールです。
ブラウン系の生地で施したパイピングも良いアクセントとなっています。

fuki16022903.jpg
バックポケット内部にはユニオンチケットも縫い付けられ、見えない箇所にも古臭い演出がされています。

さらに!
fuki16022908.jpg
こちらのトラウザーズには共生地でキャスケットワークキャップも製作しました!
こちらも入荷以来大人気のアイテムで、コーディネイトの雰囲気に合わせてどちらも欲しくなってしまいます。
帽子のみ、ブラックもご用意しています。

fuki16022904.jpg
レッド×インディゴはやはり相性抜群ですね!
デニムジャケットシャンブレーシャツなど、寒色系のアイテムをトップスに合わせると、コントラストが出ておすすめです。

fuki16022905.jpg
こちらはカーディガンボウタイを合わせてスタイリング。
スタイリッシュな雰囲気を持つストライプ柄なので、こんなコーディネイトもおすすめです。
足元はローファーで軽快な印象にしてみました♪

いかがですか??
コーディネイトのメインとしてもアクセントとしてもおすすめの一本です!
既にサイズによっては残り少なくなっていますので、気になる方はお早めにご試着しにいらして下さいね。

最後に大阪店と福岡店からお知らせです。
明日からの3月、大阪店と福岡店のみ店休日を設けさせていただきます。
下記カレンダーの通りの営業日となりますので、お間違いのない様ご来店下さいませ。

・大阪店
fuki16022906.jpg

・福岡店
fuki16022907.jpg
平日ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし申し訳御座いませんが、宜しくお願い致します。
※両店舗とも、新スタッフの決定次第で変更となる可能性があります。
その際はまたブログやFacebookでお知らせ致します。

尚、東京店と名古屋店は通常通り無休で営業致します。

それでは3月もたくさんのご来店をお待ちしております!
大阪店トミーでした〜☆

厳選、春ジャケット!

こんにちは、福岡店のリリーです。
ここ半月で多くの春物新作が入荷して、
コレ買いたい、アレ買いたいの衝動が止まりません。
本日はその中でも個人的に厳選したオススメアイテムを
いくつかご紹介したいと思います。
先ずはこちら。
226waka.jpg
226waka1.jpg
DJ-920 Double Breast Work Jacket
http://www.dry-bones.com/netshop/volstead/DJ920/dj920.php
1930年代のフランス製ヴィンテージを基にデザインしたワークジャケット。
素材には生地表情のあるコットンシャンブレー生地を使用。
226waka2.jpg
着込む程に身体に馴染み、シャンブレー特有の色落ちや経年変化をお楽しみ頂けます。
また、耐久性のあるしっかりとした生地感も嬉しいポイントです。
釦にも装飾が入ってます。
226waka3.jpg
ジャケット前立て内側の見返し部分にはセルヴィッジを使用し、
脱いだ時にアクセントにもなりますね。
裏地の無い一重のジャケットの為、春秋のアウターとしてはもちろん、
レイヤード次第で長いシーズン着用して頂けます。
 
 
次はこれ。
A5C3ED0CF65BF3151B36CE3E163BAF480FFACB3D4E993BD5A2pimgpsh_fullsize_distr.jpg
着用はOLIVE。
226waka4.jpg
こちらがBLACK。
DJ-931 Road Master Jacket
http://www.dry-bones.com/netshop/green/DJ931/dj931.php
素材にコットン100%を使用したライディングジャケット。
デザイン性が高いので、タウンユースとしてもお洒落を楽しめる一着です。
ライディングジャケットとして春〜夏の羽織ものとしてはもちろんですが、
洗濯ができるのも嬉しいポイントですね。
226waka7.jpg
226waka5.jpg
ジッパーにはボールチェーン、前身頃やチンストラップの留めにはスナップボタンを使用しているので、グローブをしている時にも簡単に着脱が出来、 バイカーにも嬉しい工夫がされています。
226waka6.jpg
またサイドのアジャスターやポケットが多いのも嬉しいですね。
  
是非店頭でもチェックして下さいね。
   
そして、現在開催中のFINAL SALEも終了間近!
228waka2.jpg
春先に使えるアイテムも多数お買い得になっています!
是非店頭でチェックして下さいね♪
 
 
そして、個人的なお知らせです!
なんと今夜!
私も参加する音楽イベントがありますので、
お時間がある方は是非遊びに来て下さいね♪
 
228waka.jpg
 
日頃からお世話になっているバンド『LOVER SOUL』も出演します。
ボーカルのケンタロック氏は、現在ラジオ番組でも大活躍中!
毎月第2土曜日22時〜
LOVE FM博多エキマエ音舗
『絶讃 ケンタロック中!』
228waka1.jpg
 
皆さんのRock’n Rollなリクエストや質問にお答えしながら、
楽しく喋ってます。
こちらも是非チャンネルを合わせて下さいね!!!
 
 
最後に今日のDJネタを一つ。

あまり知られていないアーティストで、1960年代に活動しています。
ロカビリーにもガレージにもない新しいロックンロールのグルーヴ感が良いですね。
 
それではこの辺で。

この春一押しトラウザーズ☆

みなさんこんにちは!
大阪店くらっちです。
週末いかがお過ごしですか?
関西は気温も上がり、春らしい気候になりそうですね!
さて、本日はくらっちが今最も欲しい、これから大活躍するトラウザーズをご紹介します♪
こちら
KURA16.02.27-01.jpg
DP-672 Classic Trousers ¥16,800+TAX
SIZE:30,32,34
春夏のコーディネートにぴったりなオフホワイト色のトラウザーズです。
この手のパンツは一本は絶対持っておきたいですよね〜。
テーパードが効いてすっきりとしたシルエットで、スタイリッシュな印象も魅力の一本です。

KURA16.02.27-02.jpg
素材はコットンとリネンの混紡生地を使用。
しなやかな肌触りとリネン特有のシャリ感が清涼感のある生地感に仕上がっています。
さらっとした穿き心地で、まさに春夏にピッタリです!
一見無地に見えますが、生地全体に非常に細かい色糸が織り交ぜられており、独特な表情に仕上がっています。
クラシカルな雰囲気漂う風合いとなっており、他とは違った魅力を放っています。

KURA16.02.27-03.jpg
バックポケットは4mm幅の両玉縁仕様にしており、熟練した職人よって丁寧に仕上げられています。
普段あまり注目されない部分ですが、細部まで拘って製作したディテールとなっています。

こちらを基に、コーディネートしてみました。
KURA16.02.27-04.jpg
スタイリッシュな印象のトラウザーズなので、
セットアップのジャケット&ベスト、ボウタイなどを合わせ、トラディショナルに仕上げました。
シンプルな色使いですがメリハリの効いた着こなしとなっており、華やかな雰囲気も感じます。
春先のパーティなどにも活躍しそうなコーディネートですね。
使用したアイテムはこちら
ジャケット
ベスト
ボウタイ
シューズ

KURA16.02.27-05.jpg
もう一つは、ワークスタイルで合わせてみました。
ホワイト×インディゴは個人的にも大好きな組み合わせです♪
明るいブルーのウォバッシュワークシャツも、ホワイトに良く映えていますね。
キャスケットもパンツの色に合わせて統一感を出し、アクセントとして首元にバンダナを巻きました。
ワークスタイルながら、清潔感のあるコーディネートに仕上げています。
使用したアイテムはこちら
キャスケット
ジャケット
ワークシャツ
ブーツ

いかがでしたか?
スタイリッシュ且つ清涼感のある雰囲気で、トラディショナルな着こなしからワークスタイルまで幅広く活躍するトラウザーズです。
生産数も少ないので、売り切れる前にぜひ店頭でご試着くださいね!

そして、本日がくらっちが書く最後のブログになります!
今まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
尚、大阪店勤務も残すところ本日を含めてあと3日。
2/29(月)までです。
明日明後日も店にいますので、ぜひ会いにいらしてくださいね!
それでは失礼いたします。

きた!遂に来た!明日は東京店に集合!

どーも!東京店のすどんです。

今月は休みを多くもらえたので、ちょこちょこ出かけていました!

SU_-26_1.jpg
まずは、群馬にお住まいのお客様のところへ遊びに行きました!
愛犬のおとめちゃんと共に、【おすすめのお蕎麦屋さん→榛名神社→大規模なイオン(入り口だけ)→飲み】というコースでした。
日帰りの予定でしたが、飲みに行ったら帰れるはずもなく、
そのまま泊まらせて頂きました(笑)

そして、ラビットにも乗りました。
0-weu-d4-4cc9ea9bd563c328a8110bb38583f14d.jpg
どうしても愛犬まぐろと写真を撮りたくて横に並ばせてみましたが、
「仕方ないなぁ…」というこの表情。かわいい….。
運転にも少しずつ慣れてきましたが、今は一人で気楽に走るのが楽しいです♪

そして、昨夜はステキなイベントへ!
SU_026_0.jpg
バーレスクダンサーのMiwa Rock、Coco Flame、Rune Glitter 3人のバンドThe Tasselsを中心としたイベント、
「 BURLESQUE RESTARANT」。
念願叶ってお客様とTAMと行ってまいりました!


会場になっている渋谷のフレンチビアホールThe Guinguette by Mojaは何を食べても美味しい!
雰囲気も良く、居心地も良かったです。
イベントは内容盛りだくさん!
バーレスクダンス、他アーティストのライブ、DJ、
そして、タッセルズのライブ!
実はガールズバンド大好きな私。
ガールズバンドに求める条件が全て詰まったステキなバンドでした(笑)


毎月第4木曜日に開催されますので、興味がある方は是非足を運んでみてくださいね!


ここからはお知らせ〜。
今月に入りしつこく告知してきた
あのイベントがいよいよ明日明後日開催です!!


もう一度おさらいしますね。


su_211_7.png
『DO YOUR SHOES SHINE?』
★日時★
2/27(土)12:00〜18:00
2/28(日)12:00〜18:00
(最終受付17:30)
★料金★
短靴…..1足 ¥1,000
ブーツ…1足 ¥1,500
東京店限定靴磨きイベントです。
靴磨き職人の高木さんに靴を磨いてもらえます。
プロにやってもらうと、やはり違います。
キレイな靴だと気分も変わりますので、
是非1度ご利用下さい♪
こちらもご覧下さい↓
(ポチってすると大きくなるよ)
su_211_8.png


そして、まだある!


新入荷がありましたのでご紹介します。
先ずはスーツ!
226waka8.jpg
226waka9.jpg
DJ-935 Stripe Contemporary Suit
color:BLACK
size:36,38,40
1960年代に流行したコンテンポラリースーツを基に製作。
やや細めのラペル幅や前合わせの一つ釦仕様など当時のディテールを再現しています。
226waka101.jpg
素材はウーステッドウールを使用し、しなやかなでコシがあります。
また、スライプ生地を採用し、クラシックかつスタイリッシュな印象に仕上げています。
※福岡店には明日2/27(土)入荷です。
次はサスペンダー!
226waka10.jpg
226waka11.jpg
DSH-056 Rabbit Ear Suspender ¥7,500+tax
ロングセラーアイテムのラビットイヤーサスペンダーにレッドが仲間入り!
明るいカラーがコーディネイトを華やかに彩ります♪
アクセント作りに最適な一品、男女問わずおすすめです!
ぜひ見にいらしてください。
※福岡店には明日2/27(土)入荷です。
ぜひ週末は直営店にご来店下さいね♪
それでは、今日はこのへんで!
★おまけ★
オリジナルは文句無しにカッコイイですが、この曲をジミー・クリフがカバー。なにこれ超贅沢!
リリースされたのは数年前ですが、いつ聞いてもステキです。

CLUTCH Magazineに・・・

こんにちは!名古屋店ANNAです。
いきなりですが雑誌掲載情報をお知らせします。
16225an01.jpg
CLUTCH Magazine ’16/4月号に・・・
16225an02.jpg
えーーーーー!!!私が載っちゃいました!
ドライボーンズの異端児なのにモデルをやらせてもらってすみません・・・
CLUTCH for WOMANという女性特集のページで、
思い切りメンズライクなコーディネイトです。
流石プロのカメラマンさんが撮ると実物の何倍も格好良く写りますね。
Dry Bones直営店にも置いてありますのでぜひ見に来てださいね〜!
◎CLUTCH for WOMANページ 着用商品
DJ-923 Equestrian Jacket
DV-074 Equestrian Vest
DP-671 Work Trousers
DS-2231 B.D. Work Shirt “OWEN”
DCH-417 Rabitt Fur mix Hat
DBM-069 W Stitch Belt
DHH-059 Argyle Socks
DSHC-037 Quarter Brogue Cap Toe Shoes 石原顕三郎×DRY BONES
という訳で着用しているのはこちらの3点セットですが
16225an03.jpg16225an04.jpg16225an05.jpg
記事にもある様にアーリーセンチュリーを彷彿させるクラシカルなセットアップです。
16225an06.jpg
ジャケットのラペルにストラップがついているのが最大のポイント。
1930年代のヴィンテージにみられるディテールです。
16225an07.jpg16225an08.jpg
ジャケットの胸ポケットとパンツのポケットの飾りステッチがエレガントな印象。
16225an09.jpg
こんな風にクラシカルなイメージでセットアップにするのはもちろんですが、
16225an10.jpg
インナーを変えればかなり印象の変わるジャケット。
ちょっとドレスアップしたい時にも、カジュアルに普段着としても使えてしまう便利な1着です。
そして記事の中で私が着用していたシャツはこちら。
16225an11.jpg
ワークシャツなのにボタンダウンというのが一番のポイント。
アイビーファッションの誕生とワークウェアの進化が重なった1920年代特有の珍しいデザインを再現。
一見シンプルな見た目ですが、分かる人には分かる通好みのシャツ。
16225an12.jpg
そして生地は麻を混紡したコットンを使っているので、とても通気性が良く柔らかで
とにかく着ていてストレスが無いです。
店頭で生地を触ってもらえれば体感して頂けると思いますので
ぜひ見に来て下さいね〜!
それでは今日はこの辺で。
16225an13.jpg
次の私のライブはザ・リープスさんのツアー初日、3/12(土)に出まーす。
出番はトリで21時頃なのでお仕事後でも間に合いますよ〜!
ぜひに〜!

New Partner in Nagano

こんにちは、牧野です。
未だ余寒を感じる季節ではありますが、
春はもう、着々と身近なところで訪れてますよね。
そんな中、長野からも春の到来と共に、2月12日に
新店オープンの嬉しいお知らせが届きました!!



長野県飯田市の
FRONT LINE !

201602241.jpg

ご自宅を増改築してショップを建てたという
何とも羨ましいロケーション!
ガレージのような、秘密基地のような、、、。
そんなオーナーの夢が詰まった場所で
DryBonesも開店から協力出来た事に感謝致します!

少しだけ店内をご紹介。

201602242 .jpg

オープン初日から大盛況だったようですね〜
早速次の日に商品追加のご連絡がきました^^
この空間で楽しく賑わってる姿が目に浮かびます!
201602243 .jpg
是非、皆様も足を運んでみてください!

それではオーナーの岡沼 様、
今後とも末長くよろしくお願いします!

FRONT LINE (フロントライン)
長野県飯田市鼎名古熊2260-6
0265-52-0188

Road Master Jacket.

こんにちは、名古屋店の梅津です。
先週のブログにも書きましたが、週末はBrian Setzerのライブに行ってきました。
ume01.jpg
会場パンパンで後ろの方で見ていたので写真が小さいですが、ライブハウスのロビーに飾ってあったこのギターを間近で見れただけでも感動でした。
ume02.jpg

さて、本日も春物の新作が入荷しましたのでご紹介。
ume04.jpg
DJ-931 Road Master Jacket ¥32,400+tax
size:36、38、40
GREEN labelより、ロードマスタータイプのジャケット!
英国の伝統的なライディングウェアを基にし、コットン地で作製。
洗濯が可能なのでバイク乗りの方にはとても便利かと思います。
ume05.jpg
色違いのオリーブ。
バックの両サイドにはアジャストベルト付き。
バックルの形状も英国調で良いですね。
ume07.jpg
ジッパーにはボールチェーンZIPを採用。
袖にチケットポケットを付けて、よりライダースジャケットらしい見た目に仕上げています。
ume06.jpg
フロントポケットの収納力も高いので、バイク乗りの方だけでなくバッグを持ち歩かない方の羽織りものとしてもおすすめですよ。
それでは、今週もみなさまのご来店お待ちしております!
ume03.jpg

Gold Rush Waist Over-alls

こんにちは!
大阪店くらっちです。
2月ももう最終週、みなさま春物の準備は万端ですか?
さて、本日はドライボーンズのあの人気アイテムをご紹介!
こちら!
KURA16.02.22-1.jpg
DP-483 Gold Rush Waist Over-alls ¥15,800+TAX
ここ数年で何度かリリースしており、入荷後すぐにサイズ欠けする大人気のワークパンツです。
お持ちの方はご存知だと思いますが、改めてディテールを見て行きましょう♪
KURA16.02.22-2.jpg
19世紀半ばゴールドラッシュに沸くアメリカ西海岸において、金を採掘する鉱夫達が穿いていたデニムパンツをイメージして製作しています。
この頃はまだジーンズという名称が無く、ウエストオーバーオールズと呼ばれていました。

KURA16.02.22-3.jpg
生地は12ozのセルヴィッジ付きデニムを使用。
しっかりとした生地感ながら、軽く柔らかい穿き心地が魅力です。
ワークらしいゆったりとしたシルエットで動きやすく、ラフに穿きこなせるのもポイントです。

このパンツの一番の特徴とも言えるのがバックスタイル!
KURA-16.02.22-7.jpg
腰部分にV字型スリットが付き、尾錠でウエストを調節した際にフィットする様になっています。
これにより美しいバックスタイルを演出するので、サスペンダーを使用したスタイルと相性抜群です。
KURA16.02.22-4.JPG
右側のみに付いたポケットも当時らしい仕様で、シンチバックルやむき出しのリベットなどと相まってクラシカルなバックスタイルとなっております。

KURA16.02.22-5.jpg
フロントボタンやサスペンダーボタンは装飾が入り錆加工を施したボタンを使用しています。
より一層ヴィンテージの風合いを醸し出しており、細部までこだわりを感じさせる作りとなっています。

KURA16.02.22-6.jpg
他にも、フロントポケットの形状や生成り色で統一されたステッチなど、
見どころ満載の古臭いディテールが魅力の一本です。

ではこちらを使って、この春にオススメのコーディネートをご紹介します。
まずはこちら。
KURA-16.02.22-8.jpg
まずはやっぱりサスペンダーを使用したワークスタイルと合わせたいですね♪
KURA-16.02.22-9.jpg
ジャケットにはカバーオールなどのワークジャケットはもちろんですが、ラペル付きのジャケットを取り入れ、
ボウタイもプラスしてワークスタイルでありながら上品な印象に仕上げました。
落ち着いた配色の組み合わせなので、キャスケットはストライプが目を惹くキャスケットを使用し、見た目のアクセントにしています。

kura16.02.22-10.jpg
濃いデニムには明るい配色のトップスが映えますね!
ここはワークジャケットではなくあえて50’s系アイテムと合わせてみました。
ギャバジャンのコンパクトなサイズ感と、ゆったりとしたシルエットのパンツがよくマッチしています。
インナーはオープンシャツはもちろんですが、ボーダーのヘンリーネックTシャツで男らしいスタイルに仕上げました。
同系色のとジャケット、パンツとキャスケットはデニム素材で統一感を持たせているのもポイントです。

いかがでしたか?
クラシカルなディテールやゆったりとしたシルエットが好評をいただいている大人気のデニムパンツです。
一味違ったジーンズをお探しの方や、すでにお持ちの方もこの機会に新調してみてはいかがでしょうか?
売り切れる前に、お早めに試着しにいらしてくださいね。
それでは本日はこの辺で失礼します。

Aviator’s Coat

こんにちは!
大阪店トミーです。
先日、観たい映画があったので久しぶりに映画館へと足を運びこちらを観てきました。
fuki16022112.jpg
マット・デイモン主演『オデッセイ』
火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描いた作品です。
これから観に行く予定の方もおられると思うので、内容は細かく記しませんが、個人的にはとても感動しました♪

年々涙腺がゆるんできている気がしてなりません、、、。
ご興味のある方は是非!

さて、それでは本日は飛行士繋がり(無理矢理w)という事で、春におすすめのコートを一点ご紹介します。
コチラ↓↓↓↓↓
fuki16022100.jpg
DJ-929 Aviator’s Coat ¥32,000+TAX
color:SAND,BLACK
size:36,38,40
1920年代頃のアビエイター(飛行士)達が着用していた物を基に製作しました。
ライニングの無い一枚仕立てで、これからの季節にピッタリな一着ですよ。
軽く羽織れるスプリングコートといった印象ですが、防寒性や機能性にも優れたディテールが盛り込まれています。
生地にはしっかりとした丈夫な生地感ながら、しなやかなコットンチノクロスを使用。
さらに硫化染めされた生地を使う事で、デニムの様にアタリなどの経年変化が楽しめる魅力的な生地です。

fuki16022101.jpg
特にこの部分など、良いアジが出てきそうですね〜!

ディテールをもう少し見てみましょう。
fuki16022102.jpg
やはりパッと見て印象的なのはこの前立ての曲線ですね!
アビエイターズコートならではの面構えです。

当時の写真を漁っていると、かっこいい写真を見つけました。
fuki16022103.jpg
タイプは少し異なりますが、やはりカーヴを描いた前立ての物を着用していますね。
体幹が冷えるのを防いでくれ、防寒性が考慮されています。
風の強い日やバイク、自転車に乗られる方にもおすすめですよ♪

fuki16022104.jpg
フロントの開閉具合によって、コーディネイトの雰囲気が変えられるのも嬉しいポイントです。
気温に合わせても良し、お気に入りのインナーを覗かせたい場合にも良いですね。

fuki16022105.jpg
左右の前立ては左肩付近のスナップボタンで留める事が出来、ボタンには百合の紋章が施された物を使用しています。
さりげないパーツですが、しっかりとクラシックな雰囲気を演出してくれています。

fuki16022106.JPG
襟にはチンストラップも付いているので、襟を立ててストラップを留める事でさらに防風性がUPします。

fuki16022107.jpg
左胸には大きめのDポケットが付き、さらにその上に小物収納に便利なフラップポケットも装備。
見た目にも良いアクセントとなっています。
各ポケットには全てボタンが付き、中の物が落ちにくくなってります。
バイカーにもおすすめな理由の一つです。

まだありました!
fuki16022108.jpg
裾にはスリットが設けられ、隠しボタンによって開閉出来る様になっています。
バイクや自転車に跨る際に便利なディテールですね。

fuki16022109.jpg
クラシックなトラウザーズに、キャスケットを合わせた古臭いスタイリングにおすすめです。
インナーにはフェアアイル柄ベストでアクセントを効かせてみました。

fuki16022110.jpg
一方モノトーンでまとめ、無骨な印象を持たせた着こなし。
細身のブラックジーンズとの組み合わせもおすすめです!

一着で様々なコーディネイト、シーンにお使いいただけるので、この春きっと登場回数の増えるアイテムですよ♪
ぜひ、色々なスタイリングでお楽しみくださいね!

最後に大阪店からお知らせです。
fuki16022111.jpg
現在大阪店では販売スタッフを募集中!
かっこいい洋服に囲まれ、お客様にドライボーンズの魅力をお伝えする仕事です。
我こそは!という方のご応募お待ちしております!
お問い合わせも大歓迎♪
ご興味のある方は下記までお問い合わせくださいませ。

Dry Bones大阪店
TEL:06-6531-1298
担当:吹田(フキタ)

それでは本日はこの辺で。

短靴が履きたくなる季節。

 
 
こんにちは、福岡店のリリーです。
先日お客さんに勧められた寿司屋に行ってきました。
実は数日前にも行ったのですが、
12時30分頃に店に到着したにも関わらず、
既にランチタイムはネタ切れのため終了。
そんな悔しい思いをしたので再来店してみました。
220waka.jpeg
コスパも良くランチタイムが終了する前にネタが無くなるのに納得。
とりあえずブックマークに登録です。
福岡に越してきて10年以上経ちますが、
知らない店もまだまだ沢山あるなぁと実感させられました。
ここの飯は旨いよ、ここ行っとけよ、
的な店がありましたら誰か教えて下さいませ!
随時情報募集しております♪
 
 
さて、ここからは本題です。
暖かい日が続き春も近づいてきましたので、
足元にも春らしさを取入れていきたいところですね。
そこで春先にオススメの短靴をご紹介したいと思います。
先ずはこちら。
220waka1.jpeg
ドライボーンズの靴の中でも抜群の存在感があります。
DSHC-003 Western Moccs Monk Strap Shoes
http://www.dry-bones.com/netshop/black/DSHC003/dshc003.php
拡大すると…
220waka2.jpeg
アッパー部分の牛の型押しやその縫製、
ダブルコバの部分の深緑と白のステッチ。
220waka3.jpeg
水牛の型押しバックル。
220waka4.jpeg
履き口の縁にも水牛の型抜きが施されています。
1950年代のヴィンテージを基に製作した靴で、
どの部分を見ても拘りが伝わってきます。
自分も好んで良く履いてますが、
足元のアクセントになる事間違いなしの一足。
3色ともコーディネイトに使いやすい色展開です。
次はこちら。
220waka5.jpeg
DSHC-042 Gore Slip-on Shoes
http://www.dry-bones.com/netshop/black/DSHC042/dshc042.php
こちらも1950年代のヴィンテージを基に製作した一足です。
履き口の甲部分。
220waka6.jpeg
このステッチがアクセントになっています。
  
220waka7.jpeg
タンにあたるこの部分にゴアを配置し、
とにかく脱履しやすいのが特徴です。
 
220waka8.jpeg
こちらもダブルコバ部分に深緑と白のステッチが入ります。
 
1950年代のロックスター”エルビス プレスリー”も違うタイプですが、
似た様な2トーンデザインのスリッポンを履いています。 
220waka9.jpeg
足元に存在感が出ていますね♪
ロックンロールがお好きな方にも一押しのアイテムです。
  
是非これからのコーディネイトに短靴を取入れて下さいね!
それではこの辺で。

1 2 3