Lightning 2月号見ました?

社接を御覧のみなさま、こんにちは!タフミです☆
素敵な日曜日をお過ごしですか?

すでに冬休みに入った方もいるのでは?
大掃除は早めに終わらせて、もう飲んでしまいましょう!
ワタクシも昨日から冬休みを頂いております。
本日は12時から会食。たくさん飲ませて頂きます!

しかし・・・その前にお知らせを。

Lightning 2013年2月号」発売になりました〜☆
2012123001.jpg

今回はピーコート特集に載せて頂いております。
2012123002.jpg

しかし・・・

こちらのピーコート、完売致しました。
お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました!

と言った具合に、人気のアウターたちは残り少なくなっています!!!
今年欲しかった物は今年のうちに。

2012123003.jpg
ドライボーンズは 12/31(月) 20:00まで 営業しています。

初売りのお得な情報などもGET出来るかも!
是非ともお出掛け下さいませ。

そしてワタクシごとですが、1/2(水)の初売りから名古屋店へ出張に参ります ♪♪♪

いつも仲良くお話して下さる皆さま、是非お正月から笑わせて下さい!
まだお会いしたことのない貴方さまも、コロっとした丸い女子がいたらタフミです。
お気軽に話しかけて下さいね☆

と行った訳でして。

最後に、年末の本社の風景をパチリ。
2012123004.jpg
隣の席のマッキーさんとにやけているoyokawa.comくんのツーショットでお別れです。
マッキーさん、相変らずキマってますね☆

さて明日からは、年をまたいで酒姫さんがブログの担当です。
お楽しみに!

それではみなさま、今年もたくさんありがとうございました!
また来年お会いしましょう!良いお年を☆

TWEED JACKETへの憧れ。

2012年最後の金曜日となりました。酒丸です。
いや〜、寒いですね…。
この寒波のせいで、ここ数年の間では一番寒い年末年始になりそう。
さて、今年最後の公式ブログ「社接」では、
「もっとも冬らしい紳士服」であるツイードジャケットについて。
実は私、ここ数年ずっと「ツイードジャケット」に憧れている。
ドライボーンズとして作っているのでそれを購入すれば問題ないのだが…
毎年生産数も少なく、取りあえず店頭には出しておきたいので
シーズン終わりくらいに購入しようと思っているのだが…
毎年「完売」してしまう。
もちろん、非常に嬉しい事なのだが…
「自分が最高の消費者」という名目でモノツクリをしている以上、
そろそろ「憧れのツイードジャケット」を購入したいな、
と思っており。
そんな最中(というか昨年の年末:洋服屋の企画は1年前には始まっている)、
こんなテレビ番組を見てしまった。
「美の壷」というNHK教育番組で、ツイードを特集したのだ
この番組の中で紹介されていたのが、
なんと岩手県で生産されているツイードだった。
イギリス製のハリスツイードこそ最高級だと信じていた私には、
非常にショッキングな番組だった。
純日本産のツイードが未だに生産されていたなんて…。
日本人は大昔から、衣類の素材としては「麻」を利用していた。
(高級な衣類では「絹」を使用)
その後、大陸から「棉花」が入って来て、
自国内での栽培が可能になり、
江戸時代中期頃には一般の人でも綿製品を着る様になった
ところが…
私自身「棉花」を育てていて解ってきたのだが、
和棉は基本的に「暖かい、日照時間が長い地域」でないと育たない
おそらく江戸時代の東北や北海道では、ずっと麻素材しか出回らなかったのだと思う。
(今の様に流通ルートが整備されている訳では無い)
東北や北海道の寒いエリアで麻素材の冬服は厳しい。
その結果として、
麻素材を高価な綿糸で貼り合わせてゆく「刺子」という文化が育ったのだと思う。
その後の明治維新以降、英国との貿易も始まり、
羊毛が輸入される様になり、
また自国内でも「牧羊」が始まり、東北地方に根付いていったらしい。
それが100年以上も続いていた事になるのだ。
番組の後半では、
おじいさんが昔から持っていたツイードジャケットの寸法直しをする。
何とそのジャケットは、おじいさんの奥さんが若い頃に織った生地だという。
いつか「自国産ツイード」でジャケットを作ってみたいなぁ
(今はまだ値段が無理っぽい:汗)。
英国の名門ハリスツイードも、
親子から孫へと3世代に渡って受け継がれている物もあるらしい。
(詳しくはコチラ:傾奇物「TWEEDをTWEET。」
それくらい「普遍的なアイテム」であり、「ツール」で有る訳だ。
スコットランドの西、ハリス島で未だに手織りで織られているハリスツイード
その誇りとして、生地3ヤードにつき1枚、
必ずハリスツイードネームが付く。
ちなみに今年のハリスネームはこのデザイン。
dry121228take_5.jpg
昨年使用したハリスツイードは、茶色のホームスパン。
結局シーズン中に完売してしまったので今年も生産する事になった。
今年はちょっとグレイッシュなタッターソールチェックで、かっこいい。
しかも今までとは違う重さの、ミディアムウエイトが発注出来た!
(日本国内に流通しているハリスは、フェザーウエイトと呼ばれる最軽量がほとんど)
ところが…
生地を発注したのは3月なのに、ウチの会社に生地が届いたのは11月(涙)。
それから裁断して縫製して…
やっと納品になったのが先週末。
この一番寒い時期に滑り込みセーフ
なのでやっと紹介!
dry121228take_1.jpg
ベージュがちょっとグレイッシュになった様な、
絶妙な色のタッターソールチェックツイードジャケット
形は極めてスタンダードなノッチドラペルシングル3つボタン
dry121228take_2.jpg
ポケットフラップ部分をアップで。
dry121228take_3.jpg
完璧なまでの柄合わせ
ストライプは縦方向だけなので柄合わせしやすいが、
チェックの場合は縦横両方が合わないといけない。
ここに裁断職人の技が光る。
dry121228take_4.jpg
内ポケット部分に番号を振ってみた。
1がカードポケットと呼ばれる、名刺等を入れるポケット。
   この「玉縁」の細さがポイントで、「揉み玉」と呼ばれる職人芸。
2はコームポケット、その名の通りコーム入れ。
  ペン差しにも使われる。紳士服らしい箇所。
3がいわゆる一般的な内ポケット。
  基本的にはここに色々な物を入れる。
決して表のポケットに物を入れ過ぎて膨らませない様に。
紳士服として台無し。
ある程度の重量に耐えられる様に、内ポケットの周りには
表生地を使用する。
これを「お台場仕立て」といい、ここもテーラードのテクニック
オイラの憧れが全部詰まったツイードジャケット。
早く着たい。
でも納期が遅かったので、まだ見ていないお客様も多い筈。
私、もうちょっと待ちます。
実は、ヴィンテージでは数着持っていて…
その年代なりのハリスネームが付いている。
dry121228take_6.jpgdry121228take_7.jpg
時代に合わせてネームも変化。
今年のネームの物も、きっと数年後、数十年後には
クラシックになっている筈。
さて冒頭でも書いた様に、ことしの私のブログは今日でおしまい。
今年も1年、お世話になりました。
本当に有り難うございます。
dry121228take_8.jpg
無意味にこんな写真をアップした訳では有りませぬ。
大多数の人のところには、これに良く似た葉書が届きましたよね?
年末は31日まで営業、年始は1/2が初売りです!
(ネットショップは1/3から)
来年も宜しくお願いいたします!
酒丸

名古屋店より、今週ノ御洒落者!!

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

忘年会シーズン最盛期ですね〜。
僕の肝臓もそろそろ悲鳴をあげてきております、、、。

って言っておいて、今夜も学生時代の仲間達と忘年会なんですけどね!
久々に会うので、楽しみ〜♪

さて、本日は木曜恒例の「今週ノ御洒落者」いきたいと思います〜。

ドンッ!
121227_ume01.jpg
常連のIさんKさん!&この日ちょうど来名中だった酒丸氏のスリーショット!
Iさん、今期新作のカーコートを素敵に着こなして下さっています。
赤を選ぶあたりがさすが、ベテランですね〜!

ドドンッ!
121227_ume02.jpg
こちらもよく来て下さっているYさん。
今期の目玉、レザージャケットで大人の着こなしですね♪
撮影ご協力ありがとうございました〜!

そんなお二方が画像にて愛用して下さっている今シーズンの暖かアウターですが、12月に入ってから一気に数が無くなってきております〜!!
121227_ume03.jpg
DJ-622 Club Coat “GENTS” ¥39,900-

121227_ume04.jpg
DL-038 Sunningdale Leather Jacket ¥99,750-

どちらも年内には完売してしまいそうな勢いですので、迷っている方はお早めの方が良いですよ〜!

ドライボーンズ直営店は全店12/31(月)の20:00まで、通常通り営業致しておりますので、今年最後のお買い物はぜひお近くのドライボーンズで!

ご来店お待ち致しております〜♪

豹柄オススメ品 ♪

社接を御覧のみなさま、こんにちは! ご無沙汰しております、タフミです☆
今週はワタクシの当番であります。
すどんちゃん、2打席代打ありがとうございました!!

さて本日は12月26日、クリスマス気分もすっかり消え今年も残りわずか。
新しい年への準備期間が始まりましたね!

新しい年は新しい服で!
まだ御用意されていない方はコチラでチェックを。

201212261.jpg

いつも大変お世話になっております「古着ナビ」さん。
12月はドライボーンズ特集を組んで下さっております!

その中でもタフミがオススメしますは、やはり豹柄アイテムでしょうか。

201212262.jpg
L/S Leopard Open Shirt 税込¥14,490

201212263.jpg
Lace-Up Boots “LEOPARD” 税込¥39,690

201212264.jpg
Narrow Belt “LEOPARD” 税込¥12,390

モノトーンやネイビー系のアウターでコーディネートが暗くなりがちな冬、
豹柄を取り入れてアクセントにしてみてはいかがでしょうか?

また、このブーツやベルトと同じスエードを使った 「Leopard Gloves」税込¥11,550
2012122605.jpg
もう少しで入荷するはずですが・・・
直営店にて絶賛予約受付中です!詳しくはSTAFFまでお問い合わせ下さい☆

と言った訳でして。

来年は巳年なのに、しっかり豹をオススメしてしまいましたタフミでした!
2012122606.jpg

またお会いしましょう!ごきげんようです☆

☆もの足りない貴方へ☆
ドライボーンズ facebookページあります。
HOT NEWS はコチラから。
「いいね!」押して下さいね ♪

東京店「御洒落ナ着熟シ」更新 & お知らせ。

どーも!東京店のすどんです。
今日もタフミさんの代打で登場です!

先日、MUBECのデザイナー艶林檎さんとディズニーシーに行きました♪
SU_1225_1.JPG
SU_1225_3.JPGSU_1225_2.JPG
今日はカップルばっかりなんだろうなぁ……。
東京店も昨日に引き続き仲睦まじいカップルの来店が多いので、一緒におしゃべりして幸せ気分をお裾分けしていただいています。(笑)



さて、今日は火曜日、『御洒落ナ着熟シ』の更新日です!
今回は寒い冬にお洒落をを楽しむのにおすすめのアウターを使ったコーディネートです。
是非、ご覧下さいね〜。(画像をクリック!)
SU_1225_4.1.jpg



名古屋店からお知らせ!
明日、12/26(水)は定休日になります。
SU_1225_5.jpg

新作入荷☆

どーも!東京店のすどんです。
タフミさんの代打で登場です。
福岡店のケータロックくんが福岡のイルミネーションをUPしていたので、
真似して代官山のイルミネーションをご紹介!
写真 2.JPG
東京店のすぐ近く、代官山アドレスの広場にあるツリーです。
クリスマスイブはもう終わってしまいますが、明日はクリスマス!
代官山アドレスはデートスポットにもなっていますが、カップルだけではなく、
家族やお友達同士で遊びにきている方達もいたので、是非、お立ち寄り下さいね♪


さてさて、クリスマスも待ち遠しかったですが、それよりも待ち通しかった商品達が遂に入荷しました!!
SU_1224_1.JPG
DJ-611 Contemporary Jacket ?34,440
文句無しにカッコいいです☆
細身のスラックスやジーパン等、ボトムも選ばず着られます!


SU_1224_2.JPG
DJ-631 End of the Day Tweed Jacket ?39,900
End of the Day通称クレイジーパターンのツイードジャケット。
大人の遊び心が詰まった1着です。お手頃価格なのも嬉しいポイント♪


SU_1224_3.JPG
DJ-630 Harris Tweed Jacket ?69,825
毎年発売している、ハリスツイードの生地を使った三つ釦ジャケット。
流行り廃り無いクラシックなスタイルなので年代問わず着られ、
ちゃんと手入れをすれば、10年、20年以上着られる1着です。


いかがでしたか??
毎度の事ながら、全て少量生産なので気になる方は早めのチェックをお勧め致します!
ONLINE SHOP雲野住店へのUPはもうしばらくお待ち下さいね。

冬のギャバディーンジャケット。

金曜日になりました。酒丸です。
寒い日が続きますね。
きっと忘年会は今週から来週にかけてがピーク、
皆さん飲み過ぎに注意(オマエが言うな、と言われそう:汗)。
さて、本日はいわゆる「ギャバジャン」について。
ギャバジャンとはGABARDINE JACKET(ギャバディーンジャケット)のことで、
1950年代にのみ大流行した、
レーヨン素材・ギャバジン織りの表地を使ったジャケットの事。
が、1950年代中期以降のギャバジャンは、
実はほとんど「ギャバジン織り」ではなく「ベネシャン織り」なのだ。
これには理由(原因)には諸説あるのだが…
本来ギャバジン織りは軍物にも使われた丈夫な生地の織り方であり、
ツイルやデニム、チノクロス等と同じ「綾織り」の仲間。
代表的な服はバーバリーのトレンチコート(あれは綿だけど)と
思って貰えれば、解り易いだろう。
つまり「男らしい強固な服地」だった訳だ。
対してベネシャン織りとは高密度な「朱子織り」であり、
光沢感に富み、重量もある。
朱子織りにはサテン、モールスキン、ベルベット等がある。
つまり、高級感溢れる素材なのだ。
そして何より「プリントの発色が良い」事が特徴。
1920年代にはコットンギャバジン素材のショート丈ワークジャケットが
誕生しているのだが、
第二次世界大戦を経て裕福になったアメリカは、
素材をコットンからレーヨンに、
織りをギャバジンからベネシャンにグレードアップし、
更に「若者受け」する様に様々なプリントを入れて発売
これが当時「大流行」したのだ。
但し、素材がレーヨンなので肌触りが冷たく、
始めのウチは主に西海岸の温暖な地域で流行していた。
1950年代にはこの「冷たさ」を克服するために
キルティング裏を付けて「冬のスポーツウエア」として進化していった。
この「スポーツ」とつくところがポイント。
1950年代、時間的に余裕が出来始めた大衆にとって、
「裕福=スポーツを楽しむ」という構図が完成されたのだ。
ちょっと自慢のヴィンテージを1着見せる。
dry121221take_1.jpg
1950年代中期の、
キルティング入りのリブ襟ギャバジンジャケット。
なんとブラック&ピンクのレアな逸品。
dry121221take_2.jpg
右袖にのみチェーンジッパー付きのポケットがある。
これは当時「チケットポケット」といって、
主に「モータースポーツ系ジャケット」についていた仕様。
おそらくこのジャケットはホットロッド等のカーレース系や、
モーターサイクルジャケットの様に着られていた筈。
そしてもう1着、ヴィンテージを。
dry121221take_3.jpg
50’S好きならみんな知っている、サンダーバード柄
この個体は裏キルティング仕様で、
やはり冬のスポーツ用。
「雷鳥柄」なので、おそらくスキーやスケート等の
ウインタースポーツ向けとして作られたのであろう。
なので、ドライボーンズなりにレアに復刻!
dry121221take_5.jpgdry121221take_6.jpg
サンダーバード柄フーデッドジャケット
こういったギャバジャンでフード付きの物は非常に珍しい。
が、映画「ラヂオデイズ」の中のワンシーンで、
子供がアーガイル柄フーデッドジャケットを着ているシーンがある
また、私自身も今から約30年前に一度だけ、
コレクターが所有しているのを見させてもらった事がある。
それくらいレアな、コレクターズアイテム。
dry121221take_7.jpgdry121221take_8.jpg
当時の物よりも進化させた点として…
フードはジッパーで取り外し可能とした。
そしてフードを被った際にはチンストラップで防寒性をアップ
フード裏にもボアを配して、より古臭く演出。
dry121221take_9.jpgdry121221take_10.jpg
ジッパーはドライボーンズオリジナルの引手。
1940〜50年代のコンマーを意識して製作
この写真からも解る様に、
ジッパーが身頃生地を噛まない等に凧糸のパイピングを施してある。
裏地にはキルティング加工をし、
しかも使い勝手が良い様に内ポケットもつけてみた。
更にヴィンテージを紹介。
dry121221take_11.jpg
ショート丈ではなく、ハーフ丈になったスキー用ジャケット。
dry121221take_12.jpg
タグにある「スポーツ・チーフ」というブランドは、
かなりこういったシリーズを当時作っていた。
その中でもこの個体は、
ハーフ丈、スキーヤーのプリント、
スノウフレイクというネーミング、裏地に雪の結晶柄という、
「スキー専用ジャケット」として作られた。
なので、やはりドライボーンズらしく進化させて復刻!
dry121221take_13.jpgdry121221take_14.jpg
スキープリントギャバジンジャケット
着丈やプリント、仕様は殆ど変えずに…
身頃色をグレーからブラックに変更し、
襟ボアを付けてみた。
しかもこのプリント部分、なんと「手捺染」
余りに1着当たりに使う量が少ないため、
当時の様にオートメーションでは作れない。
なので職人の手に依るハンドプリント!
dry121221take_15.jpg
裏地のスノウフレイクパターンは、
ヴィンテージを見ながらワタクシ自らがイラレで描き起こした力作。
寸法、配置、染料の濃さ等、ほぼ完璧
dry121221take_16.jpg
そしてスキージャケットという事で、
ヴィンテージには袖口部分にリブが採用されている。
このリブ、よく見ると凄い編み方!
軍物でたまに見られる「段編み」という特殊な編み方で、
身頃部分から先端にかけて編み方が変化し、
肉厚の表地と防寒性が欲しい先端部分の両方に対応させている。
M-422AやB-15、MA-1等に使われている特殊な編地
尚かつ、身頃との対比の為か、
レッドとイエローの糸を交互に表面に出す立体的な編み方
本来こういった2色使いの場合は「引き揃え」という編み方にする事が一般的。
が、そうしてしまうと均一な杢調になってしまい、この感じは出ない。
dry121221take_17.jpg
が、ドライボーンズとしてはその編地すら完全復刻。
更には…冒頭に紹介したモータースポーツ系の
チェーンポケット付きチケットポケットも配備
ヴィンテージの良「いトコ取り」、これぞネオヴィンテージ
1950年代、化学繊維であるナイロンが一般化する前は、
贅沢にもレーヨンの様な合成繊維でスポーツウエアを作っていたのだ。
1950年代のアメリカ、恐るべし。
さて、本日12/21金曜日は…
マッハ仲間で忘年会。
なんと全員がKAWASAKI 750SS乗りという変態の集まり(笑)!
dry121221take_18.jpg
飲みながらのマッハ談義、楽しいんだこれが!
ではまた!

今週ノ御洒落者 FROM 大阪

こんにちは!

大阪店トミーです。

連日福岡店のケータロックさんが綺麗なイルミネーション画像を
皆さまにお届けしているので・・・
今日は関西からも負けじと心癒されるイルミネーションを
お届けしようと思います!

どうぞ!!
1354892701668.jpg

DSC_0297.jpg

関西にお住まいの方はもうおわかりですよね?
神戸ルミナリエの模様です☆
当日はとても寒かったのですが、点灯とともにあまりの綺麗さに
寒さも忘れてしまいました。

神戸の復興の祈りを込めて始まったこちらのイルミネーションですが
会場には募金箱が設置されており、トミーも気持ちばかりですが
募金させていただきました。

さて本日は木曜日恒例『今週ノ御洒落者』のコーナーです♪
今回も大阪店にお越しいただいた素敵なお客様を紹介させていただきます。

それでははりきっていきましょー!

まずはこの方
DSCF2080.JPG

先日ご購入いただいたシェットランドウールのセーターを着てご来店いただいたK様です。
素敵な笑顔ありがとうございます☆
ジーンズとの色の相性もバッチリですね。
またギリーブーツを履いてのご来店お待ちしております!

お次はこの方
DSCF1964.JPG

トミーとバンドのお話をさせていただくS様です。
ご購入いただいた”KAGUYA BABY”のハットを早速被っていただきました!
ガラガラポン!で見事ゲットされたサービスマンブーツを履いてのご登場も嬉しい限りです☆
S様またブーツの育ち具合を見せにいらしてくださいね♪

さてさてお次は
DSCF2048.JPG

いつもご家族揃ってご来店いただくT様です。
お子さまがとても元気いっぱいで大阪店がとてもにぎやかで楽しくなります☆
T様いつもありがとうございます!
またみなさんで遊びにいらしてください。

まだまだ続きますよ〜お次はこの方
DSCF2049.JPG

大人なコーディネイトのM様です。
トップスをストライプでまとめ、ワイン色のボトムにブラックのギリーブーツでスタイリッシュな着こなしですね☆
落ち着いた色の合わせ方が素敵です♪

次に紹介させていただくのは
DSCF2035.JPG

こちらもいつもご家族で仲良くご来店いただくK様です。
お父様の寿司耳デニムの色落ちがもはや芸術品です☆
この日ご購入いただいたジーンズもたくさん履いて色落ちを楽しんでくださいね♪

さて本日トリを飾っていただくのは
DSCF2061.JPG

いつも楽しいお話をさせていただくN様ご夫妻です。
ドライボーンズとミュベックを愛用していただいて本当に嬉しいです!
旦那様の帽子と靴の色を合わされたコーディネイトがさすがです。
奥様も爽やかな色のレザージャケットにスカートとエンジニアブーツの着こなしが
とても素敵ですね☆
先日は差し入れまでいただき、いつもありがとうございます♪

いかがでしたか??
今回も本当に素敵なお客様ばかりでしたね☆

撮影にご協力いただいた皆さまありがとうございました!

またぜひお店に遊びにいらしてくださいね。
お待ちしております!

それでは本日はこの辺で。

大阪店トミーでした!

来週はMerry Christmas!

来週はクリスマスですね!

プレゼントは買いましたか?
各直営店では、素敵なラッピングをして貰えますのでお気軽に言って下さいね!
abe2012_12_16_1.jpg

それでは、また次の機会にお会いしましょう!
来週は、福岡店のケータロックですよろしく〜

1 2