1着でスタイル様々

皆さん、こんにちは!
東京店イッキーです。
12月も折り返しに入り、いよいよ年越しを意識し始めていることと思います。
かくいう僕も東京での始めての年越しをどう過ごすか計画中です!
k00.jpg
こういう年越しも良いですが。。。
k000.jpg
こういう年越しも良いですよね〜。
ここで年越しするといいよ!こういう年越しはどうかな?なんていうのがあれば是非教えて下さいね。

さて、皆さんはこの時季に外出する際はどの様なアウターを身につけていますか?
シーンによっても様々だとは思いますが、本日はこれがあれば大抵のシーンはカバー出来るというアイテムをご紹介したいと思います。

DJ-804 Trench Half Coat ¥42,000+tax
Color:KHAKI,CHARCOAL
スクリーンショット 2014-12-17 16.20.50.png
コートの定番とも言えるトレンチコート。
Dry Bonesでは敢えてハーフ丈にすることでカジュアルなスタイルにも取り入れ易くしています。

素材にはコットンバックサテン地を使用しており、落ち着いた光沢感と適度なハリが特徴です。
K02.JPG
裏地は起毛させているので肌触りが良く、着心地も抜群です。
また、保温性も高く、風を通しにくい表地と併せて防寒の役割もしっかりと果たしてくれます。
K03.jpg
ウエストベルトを締めることで、より身体に沿った綺麗なシルエットを演出することが出来ます。
ベルトはバックルに通して締めるだけではなく、結んだり垂らしたりと個性を出すことが出来るポイントでもあり、全体のアクセントにもなります。
K04.JPG
バックのスリットはボタンで開閉が出来る為、バイクや自転車へのライディングも容易に行えます。
K05.jpg
他にも多くのディテールが詰め込まれた1着、そんなトレンチコートを使ったおすすめコーディネイトをご紹介致します。

タイドアップしたスタイルとの相性が良いので、ビジネスシーンや今時季の結婚式、ちょっとしたパーティーシーンへ出掛ける際に活躍してくれます。
K06.jpg
映画の中のワンシーンでもこの様なコーディネイトはよく見かける、正に王道スタイルですね。
K07.jpg
K08.jpg

カジュアルなスタイルに取り入れるなら、ジーンズにパーカーがおすすめです。
ガラッと雰囲気を変えてくれます。
K09.jpg

ライディングの容易なハーフ丈なのを活かして、バイカースタイルに取り入れるのもおすすめです。
袖口のベルトやストームフラップなど、防風性を高めるディテールは機能的且つ、デザイン上のアクセントにもなってくれます。
K10.jpg

いかがでしたか?
紳士にとって必需品とも言えるトレンチコート、1着持っておくことをおすすめします。

最後に、トレンチコートの画像を探しているときに見つけた面白い画像を。
K11.jpg
因みにコント名は「港の別れ」だそうです笑
モテる男はトレンチコートというイメージが定着しているんでしょうね!
それでは今日はこの辺で、東京店イッキーでした。

Leave a Reply