今まで意外となかった便利なシャツ

 

こんばんは、牧野です。

今日は東京店にカッコいいカップルが来たので

思わず写真を撮らせてもらいました。

 

 

Londonから来てくれ、何よりも嬉しかったのは

彼が全身Dry Bonesだった事!

映画「The Wild One(乱暴者)」のレザージャケットに、
初期型ジーンズ(寿司耳、初期ステッチ、極太シルエット)
を穿いてくれてました。

このジーンズ、久々に見た….!!

ちなみにこちらのレザーはこちら

Horse Hide Motorcycle Jacket

 

イギリスに限らず、海外からドライボーンズのコアなファンが

来店されるとテンション上がります。

最近、毎日のように海外から来店されるので

またこちらにアップしますね。

もしくはInstagram(インスタグラム)でも載せているので是非こちらも御覧ください。

DRYBONES TOKYO STORE

 

 

 

さて、本題になります。

 

最近入荷したシャツで、シンプルな着回しの良いオープンシャツをご紹介します。

 

まずはこちら、

 

Ash Chambray Open Shirt

 

 

名前の通り、コットンシャンプレーの生地です。

通常この生地、ワークウエアで使われる事が多いんですが

弊社らしくオープンシャツの型で作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左がブラック、右がネイビーになります。

細かく霜降りになり、襟のかたちが綺麗に出る生地厚だと思います。

詳細は上記商品名をクリックしてください。

 

ネイビーを着るとこんな感じです。

 

 

 

パープルのベレーを合わせ、シンプルながら色使いで楽しむ。

これでベストを着てデニム履いてカバーオール的なワークスタイルにも

3つ揃えのスーツスタイルでも何でも合います。

さらにオールシーズン着れて文句ナシ!

ループタイも合いますね〜

さりげなく50sを楽しめ、日常での活躍も多いと思いますよ。

 

 

そして次はこちら。

 

Cotton Oxford Open Shirt

 

 

 

こちらもその名の通り

コットンオックスフォード地を使ったオープンシャツ。

トラッドなイメージの織り名ですが、オープンがあっても良いですよね。

色はネイビーとホワイト、清潔感溢れる2色。

太い糸番手で織られたしっかりとした生地は、

ハリはあるが体への馴染みが早いのが良いところ。

襟はペタッと寝かせないで立体的に立たせて着たいですね〜

 

 

 

今度はワイン色のベレーで差し色に。

アウターにネイビーやブラックなどのダークトーンを持ってくれば

相性良いですね。

こちらも先ほどのシャツと同じ用途で着れます。

 

ぜひこの辺りは1着(以上)持っておくと便利ですよ。

 

 

 

 

それではこのへんで。

 

Leave a Reply