一着は持っておきたいモノ。

今日は暖かくなりましたね〜
まだ桜も散っていないので、週末くらいまでは花見が楽しめそうですね♬
さて、
春先になると必ずと言っていい程活躍するアイテムがあります。
既に持っている人も多いかもしれませんが、
この型を持っていない人は、是非チェックしてくださいね。
 
 
 
 
それはこちらのデニムジャケットです。

DJ-698 3rd Type Denim Jacket
http://www.dry-bones.com/product/3rd-type-denim-jacket
1960年代のヴィンテージを基に製作。
デニムジャケットを代表するデザインの一つですね。
丈夫な生地、そして長く愛用する事で、
その経年変化による色落ちも楽しめます。
 
 
 
 
 
 
しかし、私がおすすめしたいのは別のある部分なんです。
なぜ私がこのジャケットをおすすめするのか?
 
 
 
 
 
 
それは使い勝手の良い「着丈の長さ」だからなんです。
 
 
 
 
この写真を見てくださいね。

Tシャツの裾がジャケットの裾から出ていないので
スッキリと見えますよね?
この時期、Tシャツやシャツの上からこのタイプのジャケットを羽織ると、
タックアウトしたインナーが裾から見える事が多くあります。
2〜3cm出るくらいなら気にならないですが、
5cmも出ると見た目の違和感がでてきます。
その事でインナーとジャケットの合わせ方を
悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
 
 
このジャケットはそんな悩みを解決してくれます。
Tシャツやシャツをタックアウトした上に羽織っても
インナーの裾が出てきにくく、バランスを取りやすい丈に仕上がっています。
気になった方は、ぜひ店頭で試着してみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
そして、
先程インナーに着ていたTシャツ。
大好評の為完売していましたが、本日新色が入荷しました!


PT-744 Print T-Shirt WOLFMAN JACK
http://www.dry-bones.com/product/print-t-shirt-wolfman-jack
 
 
今週末には各店の店頭に並びます。
前回逃した方は是非チェックしてくださいね。

Leave a Reply