レザージャケット

 

こんばんは、牧野です。

 

本日はレザージャケットのご紹介をします。

また、こちら以外にも商品はありますが、既に完売に近いものは省き、

比較的在庫が揃っているものをラインナップします。

 

 

DL-051 Motorcycle Jacket 

 

 


 

 

こちらは定番で作製しているホースハイド(ムートン襟ボア付)のMotorcycle JKT

と同型で、使用している革はカウレザーで登場。

特筆すべきはレザーが柔らかく、しなやかである事。

はじめから着心地がよく、馴染みやすい。

そして何と言ってもコストパフォーマンスの良さです。

 

ぜひ上記のリンクよりオンラインショップをご覧ください。

こちらが着用画像。

 

 

 

 

 

 

 

次はこちら。

 

DL-048 Sunningdale Leather Jacket 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは30s’ のディテールをふんだんに取り入れたホースハイドのレザージャケット。

背中は太陽が昇る様を表現したプリーツ「サニングデール」(オンライン参照)。

ハイウエストのトラウザーズにもデニムにも好相性なジャケット。

この年代の袖口はカフス仕様が多いですが、そこはライディングも考慮し、段リブを装着。

アビエータージャケットのような雰囲気も楽しめます。

 

こちらも着用しました。(画面左)

 

 

 

 

 

そして右のレザージャケットはこちら。

 

DL-050 Twin Track Motorcycle Jacket 

 

 

 

こちらの特徴は胸に2本のファスナーが付き、インナーの調節が可能な事。

薄いインナーに羽織る場合は外側のファスナーで、

厚着する場合は内側へと調節します。

また、我々の年齢は体型がよく変化?育つ?っていくので

はじめは外側でジャストを選ぶのも手かと思います。

 

 

 

最後にこちら。

 

DL-045A Leather Car Coat 

 

 

 

 

 

カーコートになります。

通称、「ファラオジャケット」のレザーバージョンですね。

 

このコートも着初めから着心地がよく、毎年好評を得ています。

以外とこの型でレザーは珍しいのでは?

 

ファスナータイプのハーフコートなので、

「これを羽織るだけで、インナーを気にしなくて済む」

なんてもユーザーの方から言われています。

 

 

着用画像です。

 

 

 

 

 

 

ぜひ、店頭で試してみてください。

 

それではお待ちしております。

 

 

 

 

 

Leave a Reply