デニムが気になる季節。

 

こんにちは。

福岡店のワカスギです。
まだまだ吹雪く寒い日が続いてますね。
今日はスウェットパーカーにピーコートを羽織り出勤しました。
DJ-828 13STAR P Coat
1910〜20’sのヴィンテージを基に作製したピーコートで、
フロント釦に13個の星が刻まれた極初期のレアなモデルを再現しています。
ピーコートは冬の定番のアウターの一つだと思いますが、
一着あれば冬のコーディネイトに大変重宝するアイテムです。
残り数も少なくなりましたので、お持ちでない方は是非ご検討下さいね。

 

そして、インナーのスウェットパーカーですが、保温性確保は勿論のこと、
ジャケットの襟から覗く2トーンカラーのフードがアクセントになり、コーディネイトを引き立てます。
こちらも一押しですので、気になる方は是非!

 

さて、
そろそろ春のスタイリングも気になる頃ですね。
店頭ではデニムアイテムをお求めになるお客様が急増中です。
新年を迎え、新しくデニムを新調したいと思われる方が殆どで、
自分も便乗するようにジーンズを購入してしまいました(笑)。
DP-562W Jean Engineering Denim Pants
こちらは人気のレギュラーストレートタイプ。
夏迄にはある程度育てて、色落ちした状態で夏のスタイリングに合わせる予定。

 

そして
ジーンズといえば人気なのがこのタイプ。
DP-705 Gold Rush Waist Over-alls
1800年代半ば、ゴールドラッシュに沸くアメリカ西海岸において、
金を採掘する鉱夫達が履いていたデニムパンツ(まだジーンズという名称が無く、
ウエストオーバーオールズと呼ばれていた)をイメージして製作しました。
サスペンダーで吊ったクラシカルなスタイリングが楽しめるのも魅力ですね。

 
 

その他、店頭にはジャケットからパンツまで、デニムアイテムが充実しています。
気になる方は是非、店頭でご試着をしてお気に入りを見つけて下さいね。
それではこの辺で。

Leave a Reply