オススメのコーディネイト3選

こんにちは。
福岡店の植田です。
 
 
本日は、タイトルの通りオススメのコーディネイトをご紹介致します。
 
 
まずはこちら、
 

 
ボーリングシャツにボーターハットとホワイトワークパンツを合わせてみました。
足元にサドルシューズを合わせる事により、見た目にきっちりとした印象を与えるクラシックな50sスタイルに
なっています。
 
HAT: DCH-439 Straw Boater Hat
http://www.dry-bones.com/product/straw-boater-hat
 
SHIRT: DS-2433 Bowling Shirt “SPEED STAR”
http://www.dry-bones.com/product/bowling-shirt-speed-star-2
 
PANTS: DP-728 White Canvas Work Trousers
http://www.dry-bones.com/product/white-canvas-work-trousers
 
SHOES: DSHC-029 Saddle Oxford
http://www.dry-bones.com/product/saddle-oxford
 
 
次に
 

 
共生地を使用したカバーオールとペインターパンツのセットアップにデニムキャップを合わせたスタイル。
1880年代〜1920年代、アメリカの鉄道黄金時代に「レイルローダー(鉄道労働者)」をイメージした
スタイルです。
 
CAP: DCS-272 10oz Denim Work Cap
http://www.dry-bones.com/product/10oz-denim-work-cap
 
JACKET: DJ-1036 Hickory Stripe Chinstrap Cover All (近日オンラインショップアップ予定)
 
PANTS: DP-731 Hickory Stripe Painter Pants
http://www.dry-bones.com/product/hickory-stripe-painter-pants
 
 
最後に
 

 
“TIKI BABY”ハワイアンシャツに、ホワイトキャンバスワークトラウザースとBLACKとWHITEの2トーンローファーを合わせたスタイル。
BLACKとWHITEのモノトーンの中に同系色のハワイアンシャツを取り入れることで、派手になりがちなスタイリングをシンプルな見た目に
仕上げています。
 
SHIRT: DS-2412 S/S Hawaiian Shirt “TIKI BABY”
http://www.dry-bones.com/product/s-s-hawaiian-shirt-tiki-baby
 
PANTS: DP-728 White Canvas Work Trousers
http://www.dry-bones.com/product/white-canvas-work-trousers
 
SHOES: DSHC-046 Kicker Back Loafers
http://www.dry-bones.com/product/kicker-back-loafers
 
 
今回ご紹介したコーディネイトの他にも、各店のインスタグラムを見て頂きますと、様々な写真やコーディネイトが
投稿されていますので、是非チェックしてみてくださいね。
 
 
Instagram

東京店「 drybones_tokyo」
 
名古屋店「 drybones_nagoya」
 
大阪店「 drybones_osaka」
 
福岡店「 drybones_fukuoka」
 
 
それでは、本日もご来店お待ちしております。

Leave a Reply